忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

ムシ天国

どうしちゃったんだ。次から次へとクワガタのオスメス、カブトムシのメスらがやってきてひっくり返っているではないか。
ここ数年の寂しさがウソのように大挙して押し寄せる甲虫の数々。
何、私をぶら下げて空を飛んでくれようと言うのか。やってくれるなら嬉しいが途中で力尽きないでくれよ。
というわけで今夜もオリゴ糖ホテルは満室でございます。嬉しい。きっと前回お帰りになったカブ太郎はどこぞの御曹司か、スポークスマンで、オリゴ糖ホテルについていろいろ話してくれているのだろう。
「カブさまがお泊りになられたホテル、あたし行ってみたい」「あたしも」「あたしも」「あたしも」「僕も」
て感じではないでしょうか。
上からオリゴ糖かけてやると一瞬びっくりしてもがくんだけど、はたと気づいて「あれ…この…液体…あまい…おいしい」て感じで動きが止まって、で舌というかそれに属するものをぺろぺろと出し入れしてなめるのだ。あ~可愛い。すごい可愛い。
対象を可愛いと思うかどうかは目のあるなしだ。というのを聞いたことあるけど、それは違うと思う。少なくともクワ太郎やカブ太郎たちの目の存在は私にはようわからんし、表情なんてさらにわからんが、必死で慌ててもがいてたのが「あれ…甘い」って居ずまいを正してごそごそしてる動きだけで充分に可愛いと思う。
そして最終日に木にとまらせてやると本当に、一匹残らず「これが私のやること」とわかっているかのように一心に上へ上へとのぼっていく。あの動きを見上げている時の充足感は、ちょっと、他に例えるものが思い当たらない。
明日の朝もクワ子とかカブ美が来ていてくれるかな。おやすみなさい。

拍手[0回]

PR

由花子さん弁当

康一君のために早起きして一生懸命作ったお弁当。
をいただくぜ。



箱はプラスチック…というと途端に安くなるけど、洗って使える容器です。
紙ではありません。



横には康一君のシルエットも描かれています。
監禁されておしっこもらした時の服装でしょうか。



中身です。
二段重ねになっていて、おにぎり4つと、おかず4つのブロック。
ちゃんと透明プラスチックで分けられています。
しかしプラスチックと言うとどうも安くなるわね。
味は美味しかったよ!
毛抜きで骨をとった魚も香ばしかった。
でもちょっと水分が足りなくて口の中が乾いた。
そんな時には杜王の水を飲んで食べて下さい。



おまけのドラァ!焼です。
袋にはジョジョ関係の記載は一切なし。
おばあちゃんとかが気づかないでご贈答お土産とか、お客様へのおもてなしに使ってしまったらなかなかウケますな。
「どうぞおあがりください」
「じゃ、遠慮なく」
『ドラァ』
「………」
「………」

そういえば今日はメスのカブトムシ、だからカブ子。と、ちぃーさいクワガタのオスが来てました。クワ太郎。
並んで熱心にオリゴ糖なめていた。美味しいかい。
あと階段の途中にひっくり返っていたセミがいて、死んどるのかい可哀想に、死骸を土に返してやろうと思って拾ったらヂヂヂヂヂとものすごい音で鳴き始めて、皆に見られて恥ずかしかったけど拾ってしまった手前交通量の激しい通りで放すわけにもいかず、ヂヂヂヂ言われながら緑のあるところ(カブ太郎を放したあたり)まで走っていって放り投げてやったら一直線に飛んでいきました。
元気でねセミ太郎。

いやあ今年は次々に夏の虫がやってきて嬉しいな。数年、オリゴ糖ホテル閑古鳥だったので(古い表現)とても嬉しい。
みんな夏を謳歌してくれ。

拍手[2回]

その後のカブ太郎

カブ太郎、帰ってきてもまだ居ました。
ちょっと休んでもらった。




トイレの筒に捕まってオリゴ糖をなめるカブ太郎。

翌日、外のガス管にとまっているところを撮影。




なかなかりりしいですね。

その後、近くの木が生えているところまで行ってとまらせたらすくすく上っていきました。
わかりにくいけど、その雄姿



元気でね。

拍手[2回]

カブ太郎

全く青空なんか見えやしない天気が続いておりますが、雨が降らない日は曇天をバックにセミが鳴きまくっております。頑張れセミ太郎、セミ次郎。コスモを燃やせ。
そして今朝、仕事に行こうと階段を下りていったら、途中の踊り場にッ!
こんなでっかいカブトムシが!
つやつやと黒光りし、大きな体格、立派なツノ。これはどう見てもカーズ。ではなくて、オスのカブトムシです。珍しい。大概メスなのに。
それにいつもひっくり返ってじたばたしているのが常なのに、別にひっくり返ってもおらず、普通にじっとしている。うわあーと驚いてちょっとつついてみたらモゾモゾと動いている。
これはぜひとも我が家に連れ帰って、オリゴ糖ホテルにご招待しなくては。と思い、彼をつまもうとしたわけです。そうしたら…
まあ暴れる暴れる。特に噛まれた訳でもツノや脚でひっかけられた訳でもないのに、つまんだ指にものすごい痛みが走って、思わず放り出してしまった。放り出された先で裏返しになってジタバタした。人為的に裏返してしまいました。すみません。
表に返して、「帰宅するまでここに居て、夜はぜひうちのオリゴ糖ホテルに来て下さいね」と一声かけ、出かけました。
今はまだ仕事中です。果たして今夜帰宅したらカブ太郎はまだ居るだろうか。オリゴ糖ホテルに泊まってくれるだろうか。期待して帰宅しよう。

打鍵した。
仕事の合間に打つのが一番はかどるね。

拍手[0回]

△△はそんなこと言わない

何の話かというと
少し前に、やふーbookだかRentaだかで、ベルばら外伝の「黒衣の伯爵夫人」の立ち読みをしました。
絵は古いけどそんなこと全く関係ないね。面白い。引き込まれる。
随分前に一度全部読んでいるのですが、細部は結構忘れていました。でも無料部分だけで、この先どうなるのかうっすらと想像がつきますね。
話の中に、顔はとりあえずきれいだけど性格の悪い娘が出て来て、オスカルに憧れる。なのでロザリーが邪魔。で、雨の中ハンカチを洗ってみせ、オスカルにどうしたのか訊かれるとロザリーに雨水で洗ってくるように言われた、のようなことを言う。ロザリーにはオスカルがあんたは妾腹の子だかボンビーな家の出だか言ってた、と言う。ロザリーがショックを受けて泣いるところを、チョッキン人形で若い娘の血を絞る伯爵夫人に近づいて来られて…のような展開になったところで無料部分が終わりました。
で、オスカルは「ロザリーにそう言われた」と聞いた時に、なんとも言えない表情をする。この後の詳しい展開を忘れているのですが、多分、「ロザリーはそんなことは言わない」と思っている顔だと思う。
この後オスカルが性格の悪い娘にハッキリとそう言葉で言うかどうかは知りませんが、
この、本人が居ない場面で、悪意の第三者の策略に対し、「△△はそんなことは言わない。それを私は知っている。だから、お前はウソつきだ」と、声高に言い張るでなく、静かにきっぱりと判断をくだすシーンて、いいなあと思う。目を見つめ合ってうなづくとか「信じてくれ」「信じてる」と言い合うんでなく、自分ひとりでしっかりと揺るぎなく理解できている感じ。今まで培ってきた信頼とか繋がりの強さを感じられて、うんうんとうなずいてしまう。本人が居ないところでその人を侮辱され、怒りに燃えるっていうのも好きですけど、こっちも好きですねー
あなたもあなたの好きキャラとそのお相手を設置し、悪意の第三者を連れて来て、お相手についてあることないこと言わせてみて下さい。そしてあなたの好きキャラがフッと冷笑し、悪意の第三者がうろたえて「何がおかしい」そして好きキャラが「△△はそんなことは言わない(言わねえ、言いません)」「な、何…」笑いがさらに冷たくなって「お前は(君は、あなたは)ウソつきだ(です)」
なんかニヤニヤしてきませんか。フヒヒ。フヒヒヒ

ジョジョアプリで漫画が読めるのです。さっそく柱関係を読み返して「カーズ様、すてき。気の毒」と思いました。あの「エシディシが命を賭して送ってくれたのだ!赤石はなんとしても手に入れる!」ジョジョが「おっかねえのはこの執念だ、執念は油断の反対語だ」って思うあたり。クールで無表情だった男が死にもの狂いで赤石に執着するあたりが、「あんたの気持ちはわかってる、わかってるよ!」って言いたくなる。ああ~皆で究極化させてあげたかったなあ~
案外人間に優しいアルティメットになったかも知れないよ。フロリダあたりでバカンスしてると「ちょっといいか」「なんだジョジョか。久しいな。どうした」「実はな、海中から引き揚げた棺から100年前の吸血鬼が復活して、そのせいでわしの娘が死にそうなんじゃが」「マヌケめ。今はヒマだからつきあってやる」「すまんのう」ズギュンズギュン「このDIOが~~~!」「吸ったぞ」「助かった、感謝するぞ」第三部完! なんてさ…(涙)
あとカーズ様ってオスカルっぽいよね。「皆さまごらんになって、あの方」「ま…あ、なんてお美しい」「花のようですわ」「毒花だな」「うるさいぞ、アンドレ」「誰がアンドレだ」
アンドレはどっちかというとワムウの方がいいかな。じゃあエシは。フェルゼンか。エシゼン(笑)

お盆中の打鍵が異様なスピードでもうすぐ終わりそう。
いちゃいちゃいちゃいちゃしている。いいおとなとも思えない。
「いいだろ別に!」「いいだろう別に」いいですけどね別に

拍手[0回]

お返事

お返事

打鍵しています。
お盆なのに仕事ってーと思いながらこっそり打ったわよ。だってお盆なんですもの、打鍵のひとつしたってバチは当たらないでしょう。ねえ。
お盆に腐った話打ったらご先祖様に怒られるでしょうか。どうでしょうか。

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

お返事

毎日毎日曇天アンド雨天アンド寒さとすごい湿度であります。
一体これは何でしょう。梅雨が戻って来たのか。
このままだとお米が満足に育たないのではないだろうか。

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[0回]

・・・コメントくださった方へ

ジョジョ騒ぎ

ひどいタイトルですがそういう感じでした。
まずは夫の悲願だったイクスカ。



良かったねー。
夫はパソコンは手が震えてダメだからロッピー前に行った。そこのお姉さんが親切に素早く画面操作してくれて取れたそうです。お姉さんに感謝しまくり、お姉さんはジョジョファンでもなんでもないのですがお礼にパパブブレのキャンディを買ってきてあげようと決意したそうです。



これが袋。最初の人は違う袋だったらしいが。

それから吉良が好きだったアレ。



おいしそうだね。これから食べるよ。
でもね。



見てくれこの値段。たまげたわ。まあ、あんまりこういう事いうのも無粋ですけどね。
お店には別にジョジョファンでない人も来て普通にお昼のパンを買っていたそうです。中には吉良も居るかも。



凝ってるねえ。




杜王の水。ちゃんと裏にアンジェロ岩があるのが面白い。
凝ってるねえ。

それとトニオさんのエプロンを買ってきてくれました。なかなかかっこいいよ。
あとオーソンでからあげクン買ってステッカーとかレジ袋とかもらってきたそうだ。
ずいぶん頑張ったなと思ったらやっぱり夫は今日で燃え尽きたと言っています。あとはもう少しして人がはけたらゆっくりとトニオさんの料理とか、由花子弁当とか楽しんで、ジョジョ展を観に行こう。
しかしすごいなジョジョ。街をあげて、街総出でやってるんですもんね。
アラキ先生、出世したなあ(笑)

拍手[2回]

広告とか森とか

ナニナニをやっているとしょっちゅう目にする広告がありますね。
「アタールでは人前でキスをする習慣がない」と言って女の指を口にくわえるアラブの色男とか。
「おしりでなきゃイケなくしてあげるよ」と言うAV男優とか。
中性脂肪値が高いのに無視し続けた結果とか。
スマホやっていると時々見かけるのですが、ゲーム内で稼いだゴールドをリアル世界に換金!というRPG。
あれは一体なんだろう。
ゲーム世界で稼いだゴールドをリアル世界で使えるように。
それは全てのゲーマーが一度は考えることです。「この中でなら私大金持ちなんだが」
しかし、それがそのまま通用するわけがないことは誰もが皆知っている。
一体どういう仕組みなんだろう。
ゲーム内での10000ゴールドがリアル世界で1円だろうか。
換金するのはそのゲーム会社の発行している金券と交換ということだろうか。そのゲーム会社内での買い物にしか使えない。
換金する度に何か買わされるのだろうか。
わからない。でも、まともな神経を持っている人は、決して手を出すべきでないと判断するであろう。危険な匂いがプンプンするぜぇッ。

高いマンションに用があり出かけ、帰りに外廊下を歩いていると、マンションの裏はものすごくでっかい森なのであります。こんもり。
山と言ってもよさそうなくらいの大きい森。トトロくらいいそうです。
そしてその森を見て思った。
一体この森の中に、いくつの生命が存在しているのだろうか。
ちょっと想像しただけでくらくらする。とても数える気にはなりませんし実際不可能ですし。
だって正確に数えるためには、一度数えた個体を別の場所に除けないといかんでしょう。
はっ。この前も思ったことですが
ものすごい大金を持っていて、道楽で「この森ひとつにいくつの生命があるか数えてみよう」と思い立ったら、それは果たして出来るだろうか。
別の場所を用意して、かぞえた個体を除けていくのである。
いつしかハゲた土の山がひとつ出来て、全ての木が一列に並び生き物と虫たちがわらわらうろうろしている空間が出来るわけだ。
いくら持っていたら出来ることだろうか。
数え終わったら元に戻せるだろうか。それにはいくら掛かるだろうか。分けた時より更に掛かるだろうな。

打鍵しています。あー、楽しい
なんかもういちゃいちゃいちゃいちゃいちゃいちゃしている。打ってて笑う。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[3回]

寒い

我が町では今日は寒いくらいです。
暑くてうだっている皆さんすみません。いや、真面目に窓開けていると半袖で寒いんだよ

ちょっとだけ行ってきたのでお目にかけよう。



私は現在のジョジョにはあまり…正直全く興味がないので、写真もあまり撮らなかったのですが。
一番端はジョジョリオンのオールキャストらしいが、すみません。わからない。主人公がじょうすけ君て名前だってことしか知らない。ごめんよ。
2部と3部の吹き流しがあったらもう大騒ぎだったろうが。4部の時も結構熱心に撮ったんですけどね。4部までかなあ。すまんな。

打鍵はしています。楽しいな嬉しいな。
先日とあるお客さんに
「家族も死んだり出て行ったりで誰もいない。寂しい。お金を払って誰かに24時間そばにいてもらおうかしら」
と言われました。
お金を払う代償でもって傍に居る人の存在で、寂しさは紛れるのであろうか。
理屈じゃなしに、とにかく誰かが居てさえくれればそれだけで寂しさは和らぐのだろうか。
人によるのでしょうけれども。
私は24時間誰かと一緒に居ることはできない。必ず自分ひとりの時間が欲しいと思う。
それはそのお客さんからしたら贅沢ということになるんでしょうね。

拍手[1回]

  

カレンダー

07 2017/08 09
S M T W T F S
1
9
13 17
21 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]