忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

5部11話観た

ホルマジオに踏まれながら「俺が命惜しさに仲間を売るようなことをするものか」発言からの、友情を裏切られて全てを失った過去にリンクですね。本当に家庭的には必ず不幸がつきまとうよね。でなきゃギャングなんかならないか。ミスタは明るくていいわね。
ナランチャの場合はお母さんを病気で失ったのは残念だったが、お父さんとの関係がしっかりしていればあんなことにはならなかったね。家庭の幸せが薄い寂しさから上っ面の友情に騙されたわけだし。お父さんがなぜあんなに冷たいのかが今一つわからないんですが。単に妻も子も愛していなかった、で終わりですか?怯えてうずくまっている姿がジョルノとかぶりますね。
「食わせてやりたいんですが構いませんねッ」の絶叫を見ると、フーゴの心の底の熱さとか、「こいつを憐れんでやってるんじゃない、自分がそうしようと決意したからだ」って胸を張ってる感じがいいなと思う。おいしそうなスパゲティでしたね。
ブチャラティといいジョルノが助けたギャングといい、素人さんを引き込むことはすまい、とする遺志はわかりますね。でもあえて足を踏み込む少年たち。ナランチャがスタンド使いのギャング見習いになってやってきた時のブチャラティの気持ちを思うと胸が痛むわ。しかし、ナランチャは、ポルポが想定していた新入りそのものの姿だな。
そういえばポルポはジョルノの入団テストの後、「地味に24時間火を守ったのか再点火してスタンド使いになったのか知らないが」みたいなこと言ってましたが、そこはちゃんと確認しないとダメではないでしょうか。スタンド使いになったのなら一体どんなスタンドなのか。それによって組織が脅かされるようなスタンドだったら大変ではないか。そうでなくても組織下にいるスタンド使いがどんな能力なのか把握しておかない筈がないと思うのですが。
ナランチャVSホルマジオ戦はなんか、途中までの、「どうやって探知しているのかを探り出す」「大勢の中に紛れちゃったのを見つけ出す」の優位に立ったり立たれたりはすごく手に汗握ってどっちも応援、な感じなんですが…
一見もう敗北確定な方が急に関係ないように聞こえる内容を静かに喋り出し、勝利してた方がぎょっとして黙って、次にハッとする、一発逆転、てパターンはよくあると思いますが(一番が吉良の入った川尻さんに向かって喋る早人少年の場面ね「僕はただ電話しただけなんだ」なに?)
今回の、「ちゃっかりガソリンタンク撃ってたんです」「もっとでっかくしてやるぜぇ~」はなんか、「あ、そう、ふーん」て感じで、意外さとか、盲点とか、忘れてた伏線を活かして、というんでないので拍子抜けなのです。あれと一緒。4部の鉄塔。「攻撃を治せば戻っていく」って、納得いかないし逆に何を今更だし、と思ったっけ。
最後のホルマジオの、死にゆく敗者から生き残った敵に対する捨て台詞はかっこよかった。仲間たちがきっとてめえらをぶっ殺すぜと思っていたんだね。脳裏にはチームメイトの顔が浮かんでいたことでしょう。
ホルマジオの腐った相手は誰なのかしら。えー、ああ、イルーゾォ?他はいないのかな?ホルマジオってチーズの意味なんだね。まるっきりドラゴンボールの敵と一緒だね。イタリア料理特戦隊か。そういや護衛チームの名前ってなにから付けたんだろう。
その後ナランチャを庇ってくれるジョルノ、小姑みたいに嫌味を言うフーゴ「あらあらおつむの良いこと、参謀にでもなったおつもり?」姑みたいにいびるアバッキオ「ボスから連絡があるなんてなぜあんたにわかるのよ」2人共和服着てそうだった。新参者の嫁は大変よね。頑張って!いずれあなたの時代が来るわよ!
でも顎をくいってやるアバッキオの仕草がみょ~だった。身長差がグーだね。アバジョルとかジョルアバってあるのかしら。今調べてみたらちょっとだけどちゃんとあったわよ、おふたりさん!「そうですか」「棒読みになってんじゃねえぞ」
ついでに探してみたらプロブチャもあった。ブチャプロも。「覚悟はいいか。俺は出来てる」なんでもあるなあ。思い立ったらカップリングだね。
次は鏡の戦いですね。フーゴがずっと残ってたらどうだったのかな。味方もやられちゃうからだめかな。でもジョルノが血清作ったから…ってでもね、でも、血清って、そう簡単に作れるものなの?写真に写ってるハエを精密に書き写すっていうのと全然違うだろう。血清って。どうやって作るの?ぴきーんてなってドバッてやって?長嶋さんか、ジョルノ
無機物から生命を生み出す、もともと生命の有る者は感覚が暴走する、頑張って部品を作るまでは100歩譲って納得しても、いや本当は部品作るのも納得いかないんですけどね。もともとの能力とかけ離れすぎだろう。その上血清って(しつこい)。出来るって言い切ればなんでも出来そうなジョルノジョバーナであった。ていうかジョルノが作れるんなら誰だって作れるんじゃないか?
あと康一君のACT3の能力が突然重力をつかさどるってのも納得いかん。なんで音、音と来て重力。だれかが理屈をこねてたけど全く納得いかん。
5部は、味方側にはひとりひとりバックグラウンドの話があって、そいつが戦う前に「ちょっとお時間いただいて、何故この子がパッショーネに入ることになったのか説明いたします」みたいなのが挟まります。もちろん、まだ子供みたいなのが何故ギャングなのかの説明は必要かなとは思いますが
私が愛する3部はそういうのほとんどない。ポルナレフはストーリー展開や敵と絡む過去なのでちょい出ししたけど、あとはほぼ無し。花京院は最後にちょっとだけだしアヴさんなんか謎のかたまりのままだ。3部の連中は寡黙で、自分の過去は明かさずただ黙々と物語を進めていくだけなのである。でもそれはそれで、変な表現ですが、男らしくていいなと思う。

拍手[0回]

PR

お返事

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[0回]

・・・コメントくださった方へ

お返事

寒いよう。
でも家に居る時は灯油代がもったいないので、ファンヒーターの設定温度が14℃。
我慢しすぎ?
あっでもこの頃ようやくガソリン代安くなってきましたね!助かった~
灯油はどうなんだろう。まだ去年買ったやつを使っているのですが。今年はいくらなのか。
いつだかの年に灯油18リットルで2000円ということがあった。黄金水だね。
その頃働いてた会社の個人経営者がドケチだったんだけど、誰かがストーブに灯油を入れていてうっかり溢れさせたんですよ。そうしたらまあ半狂乱になって怒って「何やってるんだよう!灯油、今、た、高いんだからな!」本当マンガみたいな怒り方で、こぼした本人も謝らないで笑っていた。

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[2回]

・・・コメントくださった方へ

暗チ

今まで、個々人による星の数ほどの想像や妄想によって暗殺チームの方々の会話とか接触とか描かれてきましたが、2018年の冬になって一応は公式と言えるものからの「暗殺チーム内での会話や接触」が提供・供給されましたね。もちろん、否定している人もいるようですが。
誰と誰がどんなふうに仲が良い・悪いとか、気が合う合わないといった事は、アラキ先生が一切描かないで終わったので、それこそ想像するほかないのですが、でも本当に、シャレにならんくらいに、遺恨を残すくらいに仲が悪い、そりが合わない同士であれば、そんなには経たないうちにどっちかが死んでいるような人たちでしょうから、多分、そんなに仲良しでないとしても、憎み合ったりはしておらず、互いを認め合ってはいるのだろう。
仲間2人を惨殺されたという共通の記憶、普段は口にしない深いところで復讐の怨念で結ばれている7人。陰惨ですが、それはきっと、曖昧な好意とか信頼より遥かに強いきずなであったろうと思います。
普段一切、おもてに出さないで、でも心の奥底でボスを憎み殺したいと思っている同志。間違ってもそれを話し合ったり、いつかきっとなんて口にもしないで、今日の夕食の話や仕事の話、女の話なんかをしているチームのメンバー、それを2年も、なんて想像すると、なかなか来るものがあります。
兄貴の髪はどうなっているんだろう。全部ひっつめて縛ってるんだろうか。あの4つくらい上から並んでるのは縛った髪?解いたらどのくらいの長さなのか。あれ毎朝自分でやっているんだろうか。
まあジョジョで平凡な髪型の人の方が珍しいですけど、兄貴も地味に気になる。
リーダーってあのお帽子脱いだことあるんだっけ。
でもリーダーのスタンドにやられてるところ想像すると、あぁ~って腰から力抜けて崩れ落ちるね。やられたら嫌なスタンド選手権で結構いい線いくと思います。ほうれん草とレバー早く!間に合わない鉄アレイ飲め!
一番はやっぱりジョルノのレクイエムだね…あんな目には絶対遭いたくない。さっぱり理解はできませんが、ボスの姿だけで充分だ。
あれかな、相手にとって一番味わいたくない経験を永遠に繰り返すということも出来るのかな。真実に到達しないという意味がわからないんで何とも言えませんが。
ジョルノとリーダーで「やられたら嫌なスタンド」1位と2位だね。やっぱり5部はちょっと生理的にアレな感じが強い。
3位は誰だろうな…でも私ジョリーン以降よく知らないんで。

次どんな話にしようかなーでなんとなくぼんやりと浮かんでいるのですがまだ弱くて、「あっそうか!」の波が来るまでもう少し考えマース。

拍手[1回]

でみめんリリース

スマホのアプリのでみめん話の続きです。
いろんなタイプの異星人が山ほどいて結構喋るらしい。CⅤ:誰それ、というのがいっぱい並んでいます。
私はジョジョ関係の声優さんしか知らんからのう、誰かおらんかのう。と思いながら見て行ったら…
伊丸岡さん。シュトロハイムでしょ?わぁぁぁがドイツのぉぉ。
これは是非シュトロハイムとラブラブになりた…いものである。でもシュトロハイムって初登場のあたり、女の人にカミソリあてさせてたあたり。あの頃は結構お耽美なというか、軍服のエロスを目指しましたみたいなキャラだったと思います。途中からおもしろメカドックになっちゃったけれども。
このゲームではえーと…トラですな!もろにトラ。ぴったり。
こういった恋愛シミュレーションゲームでは大概、杉田なんとかさん。えー、若いジョセフ。あの方が声をやっているんだが。あと花京院の人とか。見かけない…
密かにみやけさん居ないかなあ、ごつくて黒くて、の人がいたらきっとみやけさんだわ。と思っていたのだが居ない。くそう。
しょうがないシュトロハイム狙いだ。しょうがないって言い方はどうか。自分の名前はポルナレフにしました。あだ名はポルポル(笑)でも喋り口調が全然合わないから改名しようかなと思ってます。ポルナレフとシュトロハイムのラブラブってのもちょっと…まあ頭の形は似てるけど…なんかあんまり…見たくないし
いや真面目に、ジョジョキャラ総出演の恋愛シミュレーションつくってよ。頼むよ。井上カーズ彦さんが声当ててるカーズに突撃アタックで撃沈とかやってみたいわ。

拍手[2回]

で…みめ…ん?

ついったでしきりと見かける、人外さんとの恋愛シミュレーション、なのだろうか。敵とのバトルはなんか矢印キーでポコポコと攻撃してましたが。あとコンビを組んだ相手の名前を呼ぶけど、特定キャラは別の呼び方をするとか。
黒豹とか狼とかトラとか、なかなかグッとくる絵で、やってみようかなと思いました。…バトルが難しくなければ…
これはなんだろう、自分は自分としてのキャラが居て、それで誰かと恋愛するんだろうか。それともキャラ同士をくっつけるんだろうか。そんなゲームはないんだろうか?私はよくわかりませんが、別に自分と恋愛しなくてもいいんだよ。
今のところはやっぱり一番人気の狼さんかしらねー。可愛くてカッコいい。

拍手[0回]

5部10話観た

自動ドアって一回開いてからあんなにさっさと閉じないと思います。危ないじゃないの。現に挟まってるし。それに現代の自動ドアなんだからセンサー式じゃないのか?
二酸化炭素を感知して狙うというのはそもそも、生物を狙撃するためについている機能なんだなと思うとなんかちょっと怖いね。隠れていても見つけ出して狙撃。でも、あの飛行音はスタンド使いには聴こえるんだろうから、スタンド使い相手にこっそり迫って撃つてのは無理だな。今までナランチャは、ただの人間相手にエアロスミスを使って狙撃したことはあるんだろうか。暗くなってきたわ。
エアロスミスって爆弾も持ってたんだね。忘れてた。
イタリアの下水がどんなものか知りませんが、多分すごく汚いし臭いよね。ネズミちゃんがあんなにいるんだし。ひどい目に遭ったわねホルマジオ。その点は同情する。傷に汚水が入って化膿だ。ひぃー
身体が巨大化する(もとの大きさに戻る)と傷も大きくなる、ていうのは、デビルマンのテレビ版の時に言ってましたが、実際そうでしょうからね。縮まると傷も小さくなって消えると。でも変じゃないか?全部等倍で小さくなってるんだろう?心臓も血管も全部。だったら傷から出る出血や負傷の度合いも、本体のナランチャに対しては等倍ではないのか。まあいいか。
そして。
思い切ったなスタッフ!
2年前何があったかプラスその前のオリジナル暗殺シーンまで怒涛のアニオリ。
賛否いろいろらしいですが、とにかく思ったのは、よくもまあ「やろう」と思って「やった」もんだなということでした。「やる」と心の中で思ったならその時スデに行動は終わっていてアニメが放映されていた。
でもペッシって2年前からああなの?マンモーニのまま2年を過ごしたのか。どれだけ甘やかしたんだ兄貴。あのままで居て欲しかったのか兄貴。でもペッシなら「ミルクなんて頼んだら兄貴に怒られる」って思って頼まないんじゃないですかね。
兄貴の声、一瞬承太郎さんかと思った。そんなわけないんですが。
変態が舌なめずりしてるのにドン引きの他メンバーが面白かった。でもこれもペッシ以外は表情を変えないんじゃないかと思うけど。
ちっちゃくなった車を飲ませてでっかくして殺す、という殺し方については、考えてみると足が付かなくていいのかな…普通の人間は「内部から破壊されている」→「まさか、飲み込んだ車が巨大化したのでは」なんては考えませんからね。爆薬でも飲まされた、くらいだろうか。エシディシなら車飲まされて巨大化されても平気かしら。どうだろう。車の形に引き伸ばされているエシディシを想像する。
時々リーダーみたいな目の描き方をされるキャラがいますね。白目のところが真っ黒で、黒目のところが赤。これはどういうことだろう、とふと思う。単なるそういうイメージのキャラなんだろうけど。現実に白目が黒いとか、ものすごく黒目がちということではないだろう。てんどうよしみとか、ぎゃるそねって、目がちっちゃいせいで目が全部黒目に見えますが、リーダーもああいうことなんだろうか。てんどうよしみとぎゃるそねとリーダーが並んでこっち見てるところを想像すると案外そうかも知れない。違いますね。
暗殺チームが全員スタンド使いなのは矢でなったんだっけ?その辺言及してるところ原作にあったっけ?ソルベとジェラートもスタンド使いだったんだっけ。
でも輪切りのソルベをアニメでやったんだねえ。画面真っ黒でもなかったし。昔、「人体の不思議展」てのがあって、実際の死体に加工したものを見せてましたがああいう感じですかね。でも、未成年が煙草吸ってるのは真っ黒ヒゲもじゃで、死体が輪切りになってるのはオッケーてのはなんですかね。ポルナレフに土ドゥルが噛みついてるシーンも真っ黒になっててエロかったけど。規制をかけるセンスがわからない。
今回はっきり暗殺チーム全員の姿と、チーム間で交流している様子を見せたのは、これからはチーム戦で、相手にも相手なりの覚悟と事情があるのだという意味でしょうか。ふらっと襲ってくる変な髪型と服装の敵、あと何人いるの?というのでなく、全員決死で必死で、金のためとかでなく、仲間の復讐とチームメンバーとしての矜持でもって襲ってくるのだ!てことで。
ただもう、列車に乗った時の、コナンの犯人みたいな兄貴の姿は見られないってことですね。まあでもあれも変といえば変だからいいけどね。
チームメンバーたちにとってもあのチームは、たったひとつの自分のよりどころだったんだろうな。全員ひとりずつ居なくなって最後に残るリーダーの気持ちを思うと切ない。「ぼくらの」の眼鏡君みたいだ。
あー兄貴かっこいいな!しかしペッシはどうしてあのチームに入ったんだろうな。謎だな。でもペッシが本気出すと強い、というのは誰もが知っていることで、その上で叱ったり小ばかにしたりしているというのは、なかなか良い。

ここら辺とうとう雪が積もりました。氷点下だし。ううう~(涙)
暖冬頼む!暖冬カモン!

拍手[1回]

お返事

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

終わった〜

クリスマスにむけての話〜
アヴポルはひたすらアヴさんが一人で七転八倒している。我ながら良いもがきっぷり。
エシカーはなんだろう、えー、原作を目指したが目指しきれてなくて、カーズはこんなおセンチなことはしないとわかっとるんですが、すまん
とにかく
もう少し手直ししたら載せマース。ミキタカ。
良かったら読みに来てね!ヨロシク!

月末はみーんな休みだ!私は出だ。今から憂鬱ですけど、毎年の恒例行事ですねもはやね…
頑張りマース。

拍手[2回]

サラリーマンや不景気や

昔のドラマとか歌で、女の子がコピーにお茶くみばかりやらされて、私も意味のある仕事がしたい、みたいなのがありました。
逆に、仕事なんて結婚までの腰かけにしか思ってないとか。
昔は随分余裕があるね。今どきコピーにお茶くみだけしてて給料もらえるなんて人居ないだろう。…居るんだろうか。私が知らないだけで余裕のある会社には未だにそういう人が。
現代はパソコン能力が日進月歩ですし、女の子でエクセルやらパワポやらホームページ作成のプロ、社内LANなんて眠ってても繋げる、なんて人がいくらもいる世の中になりましたので、かえって中年のおじさんより若い女の子の方がパソコン得意かも知れない。そういった辺りの変化もあって、一行目のような女の子はあまり居ないような気がしますね。
まあ、昔、そういうドラマや歌を観たり聴いたりすると、「これ作ってる人実際に会社に入って仕事したことないんじゃないの?」と思ったものです。
あと、「こんな世の中」「こんな時代」「生まれた時代が悪かった」みたいなのも、「これ作ってる人今どんな時代なのか把握してるんだろうか」と思った。
そして一番がウタダさんのトラベリングです。「不景気で困ります」というやつ。
おまえさんには不景気なんて何の関係もないだろう。おまえさん不景気のせいで困ったこと何かあるのか。
ひがみが大部分ですが、一般人の感覚と乖離したことをしたり顔で歌われると腹が立つという話でした。
あと昔の漫画やドラマは結構、実際その仕事をしている人間から見ると「そんなことあり得ない」「恥ずかしくて見てられない」みたいなのもゴリ押ししてましたが、今はリアリティ第一で、そういうのはなくなりましたね。
医療漫画でいきなり自室のベッドで開頭手術してたよ。ぬいぐるみじゃないんだから。

今日のイチジョーさん
セクハラした相手が上司に相談したのでコトが発覚し、それを逆恨みして「なんで喋った」と詰っていました。ああもうサイテー。しょうもないクソ野郎だ。

拍手[2回]

  

カレンダー

11 2018/12 01
S M T W T F S
3 7
16 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新コメント

[11/22 HeroZwarenstein]
[11/14 ライカ@管理人]
[11/13 アバラ]
[08/25 ライカ@管理人]
[07/05 ライカ@管理人]

最新記事

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]