忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

STAND UP TO THE VICTORY

あなたの脳内フィルムのBGMにお使いください。
川添智久の「STAND UP TO THE VICTORY」

前にこの曲について話したことがあった気がしたのですが、まあいいや。
Vガンダムのオープニングです。
ガンダム関係は良い曲が多いですね。DREAMとか、JUST COMMUNICATIONとかBelieveとか。Resolutionが特に好きでした。でも肝心の中身は全然観ていません。曲だけ知ってる状態。すみません。
この曲はアニメ本編をふまえて作った曲らしいので本編を知っていた方が曲の味わいが増すのでしょうが、知らなくてもそれなりに良い曲だと思う。テンポがよくメロディも元気でぐいぐい行くのですがサビから最後が切なく、そして歌詞がいいです。歌詞とメロディの相乗効果グループの曲です。例の、よくある、「譲れない自分だけの夢を抱きしめて」「輝く未来へと飛び立つ」「大人たちが失った夢のかけら」ではなく。

   その向こう側に何もなくても構わないから

   その向こう側に何があるのか誰も知らない

   その向こう側にたとえ悲しみが待っていたとしても
   信じて欲しい
   君の涙を見たくないから

目指す先のかなたが、もしかしたら良い結果、良い世界ではないかも知れない。今の自分が夢見ているものなんかではなく、今の自分を否定するものかも知れない。目指さなければよかったと思うかも知れない。でも、それをすべて覚悟の上で先へ、前へ進むのだ、という意志を抱いて、激しい雨の中ひたすら突き進む。あら、ゴダイ君みたい。
君の涙を見たくない、と言っている。君と幸せになる、ではないんですね。君との幸せな未来目指して、ではない。なんとなく予兆のようなものがあり、うん、はっきりした言葉にしないが何か覚悟をしている。もしかしたらもう自分は君とは別れるかも知れない。戻ってこないかも知れない。でも、君の涙は止めてみせようという意志をもっている。勝手な想像過ぎるかも知れませんが、そんな感じを受けます。うしお君みたい。
そこら辺の、明るいだけでなく、でも決して深刻ぶって暗くなっていない、微笑んでまっすぐに視線を上げている感じが、いいなあ、と思うものです。「その向こう側になにが」のところと「信じて欲しい」のところのメロディラインがぐっと来ます。
これはまあテレビの30分番組のオープニングフィルムを作るつもりで考えていただくとよろしいかと思います。あなたのお好きな誰かも、自分の大事な相手の涙を止めるために、あえて自分を捨てて苦難に立ち向かう心を持っているでしょう。大概そうですよね。誰が泣こうがどうでもいい人はあまり、「きゃーステキ」とは思わないんではないか(笑)

↓この曲
若々しく少年ぽい感じがよろしいね。



終わりのないディフェンスでもいいよ。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

PR

お返事

昨日の歌紹介の下にくっつけていたKさんへのお返事もこちらに持ってきました。
お声ありがとうございます。
以下お返事です。

拍手[2回]

・・・コメントくださった方へ

Shattered Dreams

あなたの脳内PVにお使いください。
Johnny Hates Jazzの「Shattered Dreams」

80年代に活躍したイギリスの方々です。ジョニーはジャズが嫌いという名前のバンドですね。日本人の耳ではただかっこよく聞こえるが、日本語だとどういうことになるのだろう。
「演歌 イヤ夫」とかだろうか。イヤ夫って言われてもなあ。やる夫みたいだな。
この人たちの曲はどれもイカス。反逆のヒーローもかっこいいしTurn Back The Clockも爽やか。中でも私はこの「Shattered Dreams」が一番好きです。
リズムの取り方が心地よくメロディラインがきれいだしサビの繰り返される部分が切なくなんていってもBメロがすごく好きだ。あのちょっと転調する部分。大人でムーディ~でセクシーです。
以前に「夜の曲というカテゴリーに入る曲がある」という話をしましたが、個人的にはこの曲もそうなのです。都会。摩天楼。ビルの谷間。見下ろすガラスの街。午前0時。スカイラウンジでグラス傾ける。煙草の紫煙。そこら辺。
歌詞は残念ながら、全編「君は僕のためなら死ねると言ったのに」「君がくれたもの くれたものは 粉々に砕けた夢 砕けた夢だけ」みたいな恨み節です。なので、歌詞はとりあえず置いておいて、夜の曲のアンニュイでム~ディ~でアダルティ~な雰囲気に乗せて自由にフィルムを作ってみてください。
上級者は歌詞に合わせて、ちょっとこの2人ではどうなんだみたいな組み合わせで考えて下さっても結構です。

こちらの曲↓
UKバージョンとUSAバージョンのどこが違うのだろう。なんかボーカルの声が違って聞こえるがまさかそんなことはあるまい。単に映像が違うだけだろうか。わかりません。
私の耳に馴染んでいるのはこっちだ。



拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

つぼイノリオ

サイトどうしよう、と思いつつ関係のない話をします。

あなたはつぼイノリオをご存じでしょうか。
知らなくても「金太の大冒険」という歌は知っているのではないか。知らないか。
「金太、マカオに着く」
「金太、ましなビル」
「金太、マスカットナイフで切る」
などの歌詞の、太の次のところで切ると意味が変わる。きんたま、ナニナニですね。言葉の遊びです。こういうのを「ぎなた読み」っていうんだそうだ。
下品なので放送禁止になったそうで、この程度でしなくてもいいんじゃ、と思いましたが、これの後に作った数々はもろに下品である。お万という女性が奈良に行って小鹿に触ったり、小判の番をしたりする歌や、吉田松陰がシンドバットの本を見せたり、シンガポールを恋しがったりする歌などを作りました。他にもインカ帝国の初代皇帝(名前検索してみて)がいろいろ苦労している歌などもあります。
くだらないけどよく出来ていて笑ってしまう。「よく考え付いたなあ」「思い付いた時には喜んだろうな」と思う。あと、曲によってはですが、前奏やメロディそのものがきれい。お万の歌の前奏なんか本当に聞き惚れる。インカ帝国の歌もちゃんと民族音楽ふうに作ってあって、いい曲です。あと声も、好き嫌いはあると思いますが、真面目に歌えばいい声だし上手いと思う。そのいい声で歌う内容が下品。吉田松陰の歌ではなんだろうあれ、詩吟か?、っぽく歌っているのですが、素人の耳にはそれなりに上手に聞こえる。意識しないで聴いているとうっかり騙される感じ。
人には勧めませんが個人的には好きです。
動画をひとつふたつ貼りたいのですがようつべの妙なイラストのやつがあまり好きでなく…
ニヤニヤ動画のを貼るか。みなさんログインしてね。

「吉田松陰物語」

「極付け!お万の方」

おま~~~ん。

拍手してくださった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

サイト復活

さんざん考えたのですがサイトの形は残すことにしました。某所に全部入れてしまえば楽は楽だと思うのですが、やっぱりちょっと違う。それに最後がこんな形ってなんかイヤだし。
とりあえず場所を確保して、今稼働しているサーチはジョジョの3つだけですが変更してきました。これからリンク先様にお願いにあがろうかと思いますが、あ~憂鬱だ~面倒をかけるのがすごくイヤだ~猛烈にご無沙汰してるところばかりなのに。いっそのこと閉鎖して「リンク切って下さい」の方がまだいいだろうか。そんな理由で閉鎖するのもどうかと思うが。でもさっぱり更新してないからなあ。ばんばん新作書きまくってアップしまくってるのならともかく、こんなサイトのリンク先直すのに手を煩わせるのイヤなんだよ~
って、3年くらい前に同じことを言っている。もうURL直したくない…やっぱり某所に全部入れてしまおうかしら。最初に逆戻り。

拍手[4回]

サイト消失

うーむWi-Fiが来たとか喜んでいる場合ではありませんでした。
サイトが無くなってしまった(泣笑)
あれ〜変だな、その辺のことは変わらないと思っていたのだけれども。もう復活しないのかしら。ちょっと接続不良とかではないのかしら。違いますね。
サイトから来て下さっていた方とは突然のお別れになってしまった。新しい場所を知らせる手立てもないし。申し訳ありません。
多分新しい住所をもらっているはずですが、そんなの書いてあったかなあ…
今後のことはいろいろ考えてますがこれを機に、外人のいちゃいちゃを載せていた某場所に全部入れちゃおうかしら。←面倒くさくなった
まあ、全部の文から改行タグ取ったりするのも面倒ではありますが…

あっ、特撮サイトの方は大丈夫です。

拍手[2回]

海難1890

数年前の映画です。日本とトルコの合作映画。
明治の頃、トルコの親善使節団が日本にやってきて、帰り道に台風とぶつかり、和歌山の沖で座礁し大破する。海岸の小さな村の人々が大急ぎで駆けつけて、嵐の中怪我人を必死で救助する。600数名中助かったのはわずか70人弱という大参事で、でも助かった人たちは心から感謝して帰っていく。それから100年近く経ってイランイラク戦争の真っただ中のテヘランで、もうすぐ無差別攻撃が始まるという時、孤立してしまった日本人がなんとか飛行機を飛ばせてくれと日本政府やJALに掛け合うが「危ないから」「なかなか認可が下りないから」飛行機が飛ばない。他の国の飛行機も自国民で手一杯で日本人の面倒までみてくれない。そんな中、トルコの飛行機が…という話。
出てくる人誰もが自分の持ち場を懸命に努め、務めるタイプの人たちで、見ていて気持ちが良かったです。こまごまとした設定があって、まあ正直見たことのあるアレ(故郷で子供が生まれた、と喜ぶ→死亡フラグとか)なのですが、ちゃんと活きていました。忽那ちゃんの事情とかも。内野せいようもさりげなくて『良い人振り』を押し付けてこなくて良かった。あと「貧しくても正直でまっとうで、目の前で苦しんでる人がいたら全力を挙げて助ける、なにもしなかったらご先祖様に申し訳がない」という庶民の姿は、見ていて背筋が伸びるし、こういう「優しい常識が生きていた頃っていいものだな」と思います。あとこれも時々見かけるけど、身体が冷え切っている人たちを、芸者さんが自分らの仕事だと言って体で温めるやつ。かっこいいですね。身体を張った心意気ですね。イカス。ちらっとだけ出ていた竹中直人も良かった。一見イヤなやつ、やっぱりイヤなやつ、ホントイヤなやつだ。でも…!という辺りのさじ加減がニクイ。
そして、機関室で働く男と、主人公の士官とのレスリング戦、そして夜の甲板で話をして友情が芽生える。大混乱の船の中で「おれになにかあったら、これを故郷の子供に」ドカーン「お前は行け!ここは俺の持ち場だ」の辺り泣けたね。ふたりともハンサムで、腕つかみ合って戦ってるシーンはまあもえました。その後整列してる時にお互い目を見かわし合っちゃって、まったくもう。そうなのか。そうなんだな。何が。
しかしタイタニックの時も二次大戦の海軍の時もそうだけど、機関室勤務というだけで「あかん」と思ってしまう。ボイラーは必ず爆発するものなんでしょうかね。台風が来てるなら港でおとなしくしててよ…
ここまででわかるでしょうが、あらすじを聴いてあなたが想像したのと大差ない映像だと思います。意外性とか、どんでん返しとかは全くありません。でも、よくある場面であっても細部まで丁寧にきちんと作っているので、不満はなく、「うん、うん」とうなずいて観られる映画でした。時間があったら観てみて。
面白いことがひとつあって、後半の現代パートで、テヘランで孤立した日本人グループの中に永島敏行が居るんですが、「JALは安全が確保できない限り飛行機を飛ばさないそうだ」とか苦々しく話している。沈まぬ太陽で永島敏行は国民航空(JALのこと)に勤務していて、上に盾突いたせいでテヘラン支店に飛ばされている支店長なのである。あの人だな、とひとりで納得しておりました。良かったなシマヅ。トルコ人の温かい心のお陰で日本に帰れるぞ。ついでにオンチも連れて帰ってやれ。

拍手[0回]

AIとかモンパレとか

ドラゴンクエストモンスターパレードをやっているわけです。長い名前だな。
これは、仲間になったモンスターを育てるのは自分ですが、戦い自体はモンスターが自分で判断して戦う。指示できるのは大まかな作戦だけ。『ガンガンいこうぜ』で攻撃魔法をバンバン使わせるとか、『いのちをだいじに』でとにかく回復しようとするとか。
戦っているのを私は画面のこちら側から黙って眺めていて、あまりに急激に体力を減らされて仲間のベホマラーが間に合わない時などに薬草を投げてやったり、毒にやられたメンバー目掛けて毒消し草を投げてやったり。投げてばっかり。
で、思うのは、AIの進化と限界についてです。
とか言うと偉そうですがただ「だからね、さっきイオラを唱えて、この敵はイオラの効果を半減させていたでしょ、効きが悪かったでしょ、そうしたら次からはイオラ唱えないで他の呪文唱えるとか、素手で殴りに行くとか、ちょっと考えようよ」ということです。
でも、賢くもなったと思うところもある。呪文合戦の最初にかしこさを上げる呪文を唱えたり。ドラクエ4で初お目見えだったAIですが「戦うほどにどんどん賢くなっていくぞ」というふれこみであったが、ボス相手に「ザキ」「ザキ」言ってるクリフトには本当に腹が立ちました。なに無駄にMP減らしてんだ。即死魔法が効くわけないだろう。3回唱えて効かなかったらもう唱えるのやめろ。どうも、クリフトのせいでAIを信用しなくなった気がします。
今回、敵のモンスターたちが「べギラマ」「ヒャダルコ」「バギマ」等となえてくると、懐かしくて嬉しくてわーい!と声が出ます。続いてえらいダメージ食いますけど。ドラクエは私の青春でしたよ。でも、心から楽しんでやったのは4までだな。
5もやったんですけどね。私個人はフローラの方を選びたかったんですが、ストーリー的にはビアンカなんだろうなと思ってそっちを選んだ。空気を読まずにフローラにすればよかったな。
とにかく一番好きだったのは3です。あの幕切れの感動は未だに覚えている。あんな気持ちになることは、この先もないだろうと思う。
えーそれでドラクエモンパレですが(縮めた)極めて地道にやっているのでメンバーは弱いままです。が、ちょっとずつちょっとずつ強くなってきて嬉しい。この先もちまちまコツコツとやっていこうと思います。金を積めば強いモンスターは手に入るけど、それら集めて練り歩いたって面白くもなんともないよね。

ああ、ジョジョ3部のRPG出ないかしら。フィールドはドット絵。ちまちまちまちま歩いてエジプトを目指すんだ。そう、北斗の拳3みたいな感じで。ぞろぞろ5人と1匹でフィールド歩いて。敵と遭遇して。画面クルクルして戦闘。
そういうやつがやりたい。ついでに腐った要素盛り込んでくれたら言うことない(笑)ドット絵で腐ってるRPGか。どこの世界に行けばあるのか。
じょうたろう「おまえ すもうは すきか ?」
かきょういん「ええ すもう だいすき ですよ」
ふたりの ゆうじょうどが あがった!
ぽるなれふ「ここからは たんどく こうどうを とらせて もらうぜ」
あぶどぅる「ぽるなれふ かってな まねは ゆるさんぞ !」
戦って勝つと行くのを止められるんだよ!

はくしゅ して くださった かた ありがとう ございます !

拍手[0回]

Wi-Fiとかスラプリとか

我が家もやっとWi-Fi環境が整いました。遅すぎる…
これでデータ量を気にしないでゲームが出来るな!ダウンロードもし放題だ。というわけでウキウキとジョジョのゲームをし、パンダポップを落としました。また一からやり直しです。忍耐力要請ゲーム。
今回グーグルプレイを眺めまわして、スライドプリンセスというのをやりました。おすすめだかに入っていた。非常に面白かった。そしてゲームの背景の世界観がすごくて、それをじわじわと見せてゆく方法がとても凝っていて、先が見たくて必死でゲームをやった。久々のワクワク感でした。スイッチ入れて罠を動かしてものを拾って組み合わせてというやつがお好きな人は是非やってみて下さい。同じようなゲームないかな。
あなたのお勧めゲームがあったら教えて下さい。

そしてこれからはユーチューブも見放題だ、というわけでジョジョのオープニングをリレーで観て、3部の前半オープニングまで来まして「そして集いし スターダスト」のところで星が5つプラス1つ、天を流れていくところで涙が出ました。皆で朝日を見るところも並んで歩いて行く背中もですが、とにかくあの5つプラス1つの星はなんともぐっと来る。来まくる。
4部も重ちーとか形兆とか、グッとくる、切ない、という要素はありますが、やっぱり、「DIOを倒すという この旅!」に出た仲間たちと、自分の命を懸けて海を渡り砂漠を渡るあの感じが好きなんだわたしゃ
「別れの時さえ 砕けぬ意志で」って歌詞いいね。とにかくジョジョは大昔のアニメのように、オープニングも作品の一部を担っているのがとても嬉しかった。
どうでもいいですがアラキ先生は「プッツン」が好きですが、私はあまり好きではなく、承太郎が「プッツンするだろうというだけだぜ」とか言った時やめてよ承太郎さん、と思いました
でもだからといって、何かの時のように、頭のねじだかなんだかが切れちまうだろうというだけだ、と翻訳されるのもちょっとなあと思う。なんだっけ?OVAか?CDドラマかな?

今日仕事中ラジオを聴いていたら、「わたしはじゅんれつというグループが好きなのです。背が高くてカッコよくてムード歌謡を歌っているグループで」とか言ってて、思わす車内で飛び上がりそうになりました。
愛で縛りたいとかいう曲がかかっていました。あれだっけか、カブトライジャ―しか歌ってないんだっけ?先生は録音の日には呼ばれない人員か?(笑)ああコーラスくらいあるのか…
先生お元気ですか。吾郎さんは結婚してそれなりに幸せそうだからいいんだけどさ。先生は不安ばかりがつのる

うーん。
やっぱり、1部はあの、ディオの頭をかかえてジョナサンが死んで、それで終わりの方が良かった気がする。アラキ先生だってそのつもりだったんだろうし(笑)絶対に、3部でああいう復活の仕方をするとは考えてなかったと思う
私は6部までしか読んでいません。6部もなぜだか最後の方は全然覚えていない。多分精神的ショックのせいだと思うが。
全くゲスでないラスボスというのは居たのでしょうか。ひとりくらい、正々堂々とした敵はいたのでしょうか。

ただ雑談をして帰ります。寝る前にゲームでもするかな!Wi-Fiだからな!
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

身長について

実写映画の人々が小さい、という話をしていて、夫が「承太郎は何センチなんだ」と訊くので答えたら「なんでそんなにでかいんだ」と驚いていました。そうですねなんでですかね。外人の血を引いているから、というだけでは答えになるまい。じいさんまでは両親とも外人だけど、承太郎さんはハーフですし。それとも貞夫も巨人なのか。演奏の巨人。吹奏の巨人。パパパパッパーパパパパッパー(オープニング曲)
次に映画がらみで仗助の身長を訊くのかなと思ったら「じゃあじいさんは」「花京院は」「アヴドゥルは」「ポルナレフは」とクルセイダースのメンバーの身長を訊いてきたので嬉しくなって教えてやったら「次々と答えるものだ」と気味悪がっていました。悪いけど次々と答えられるのは3部だけよ。億泰って花京院と一緒なんだっけ?違ったっけ
次に「わたしの職業は占い師…きみの運勢を教えてしんぜよう」とかインチキ占い師の真似をしていました。真似っていうかなんていうか

新しいスマホは電池持ちが悪い(笑)ちょこっとジョジョのゲームに熱中するとすぐにこんなに減る。熱いし。でもまあいいや、気に入ってますので。
仕事はクソがつくほど忙しく、一週間に一回休めればいいのだが、な感じで推移していますが、隙間をぬって打鍵しております。打鍵できると体内に変なエネルギーが流れて力が湧き出てきます。「デービーーーール」的に。打鍵妖怪。それじゃえん魔くんか。
でも本当に、脳内やエディター画面内でいちゃいちゃしているのをニヤニヤ笑って見ているのはなによりの補給になります。エネルギーパック装填完了。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

  

カレンダー

02 2017/03 04
S M T W T F S
6 8
12 15
24 25
27 28 29 30 31

最新コメント

[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]
[01/23 ライカ@管理人]
[01/21 ライカ@管理人]
[01/21 星夜]

最新記事

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]