忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

お返事

押し寄せる月末業務。
お声ありがとうございます!
以下、お返事です。

拍手[1回]

PR

・・・コメントくださった方へ

観たい映画

に、スギハラチウネさんの映画も入っている。唐沢寿明がやったやつ。
あれも是非観てみたいです。
非常に大まかなことしか知らないけれども、あの時代に、「私に頼ってくる人々を見捨てるわけにはいかない」と言い切って、政府に逆らって人として正しい行為を選び、そのために日本に引き揚げたあとも失職していろんな仕事を転々とし不遇の後半生を送ったって、本当に勇気のある人です。立派な人だ。彼が発行してくれたビザのお陰で助かった人が、ずっと経ってからスギハラさんを必死の思いで探し出して会いに来てくれたそうで、どんなに嬉しかったろうか。
あと語学が堪能で、数か国語に通暁してたんだって。ロシア語なんかはロシア人が喋ってると思われたんだって。かっこいい!ドイツの外相にドイツ語で反駁してびっくりさせたんだって。かっこいい!かっこいい!
彼について語られた言葉はどれも美しく、読んでいると心がきれいになっていくような気持ちになる。奥さんが「私にもわかりやすく話そうとしてくれた。当時は女性の話を真剣にきいて、きちんと答えてくれるような男性はほとんど居なかった」と言ってるのや、部下だった人の「すべて黙っていて、わかる人だけが分かってくれればいいという、言い訳をしない人だった」「誰にでも温かく接する人柄だし、決して上から見下ろしたり、差別したりしなかった」というのもいいです。
その、腹が据わっていて不正な圧力にたいし決然とした態度をとるんだけど、弱者を労わってくれて決して偉そうにしないって、ホントかっこいいよね。イカス。
そして私が一番好きな言葉が、ビザを出してもらった人の言葉で、「私たちが歩み続けた暗い道の中で、杉原さんの星だけが輝いていた」って言葉です。ポエジーに味わってしまいがちですが、真実、あの当時のユダヤの人たちは、全く光の閉ざされた暗闇の中を逃げまどっていたのだと思う。私なんかには想像も出来ないほどの恐怖と絶望の中にいたと思う。だって、「ナニナニ人だから」というだけで、捕まって殺されるんだよ!信じられないほど恐ろしいことだ。その中で、敢えて政府命令に背き、手を差し伸べ助けてくれた東洋の外交官は、喩えでなく、彼らにとってただひとつ輝く星であったろうなと思います。
人間はしょうもないことばかりする生き物ですが、中にはこんな魂を持った人も居て、まだまだ捨てたもんじゃないと思う。明日から私も少しはまっとうに頑張ろう。って、もう月末だし。

拍手[0回]

エシ祭り

ジョジョのおはじきゲームで、唐突にエシ祭りが始まって笑ってしまった。
まあ、せっかくのお祭りですから、なけなしのダイヤでもう一枚シチューエシをもらいました。
もう少しシチューエシが、なんだその、ほれ、難しいステージ攻略に使いでがあるとかいうのならともかくだ。決してそうではないからなあ。
これ喜んでるの日本中で私くらいじゃないか?
でも、「きゃー!エシディシー!」でメダルが来るのを喜ぶのが最もあるべき姿ではなかろうかと自負しております。
きゃー!の後ろに(笑)とかwwwとかが付いてそうな感じではありますが、とても嬉しい。そういえばなんだかの景品で、使い勝手の悪さナンバーワンのカーズ様をもらったな。これ出た当時、最悪の点数のSSRじゃなかったっけ?
なんで柱に限ってこんなのばっかりなのよ!と怒るところなんでしょうが、別にどうでもよろしい。頑張って育てて黒い柱軍団作ったりエシ軍団作ったりしてキャッキャウフフでやっていこうと思います。

打鍵してる。
楽しくて楽しくて震える。
拍手して下さった方、ありがとうございます。
以下、お返事です。

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

夏至

は、いつだったのかな。えー…21日ですって。
もうあとは昼間が短くなるばかり。寂しいですね。
でも思ったの。もし8月頃に夏至だったら。
8月の暑さで、夜の7時にまだまだ日差しが残っていたら。
とんでもないよね。
だから今頃が夏至でよいのだろう。

お亡くなりになったのね、お気の毒に。まだあんなに若いのに。
数年前に亡くなった私の義理の姉を思い出します。
夫のため子供らのため日向になり日陰になって働いて働いて働いて
病気になって亡くなりました。
検診で病気が見つかった日の義姉の気持ちを想像すると、つらい
どんなにか義姉はまだ生きたかったろうと思うと、本当につらい

義姉は結構アニメの話なんかもできる人で
「チョッパーの声可愛いよね、大谷さんほかに何やってたっけ」
「ガッシュとかピカチュウとか」
なんて話をしたものでした。
ジョジョのアニメの話もできたかも知れない。
したかったなあ。
時々こうして思い出すくらいしか供養はできませんが
これからも、時々こうやって思い出しますね。
義姉さん、ジョジョご存じでしたか?
ひょっとしてだれか好きなキャラいましたか?
義姉さんなら誰が好きかなあ。
なんとなく、ポルナレフかホルホースあたりかな。

亡くなったあの方から派生して
義姉への追悼ということでした。

拍手してくださった方、ありがとうございます。

拍手[2回]

柱の話

打ってる。
サンタナがね、最初はホントいやなだけのちょい役のつもりだったんですけど、
話打ってるうちになんか勝手にだんだん、それだけでなくなってきて、ちょっと笑いました。
サンタナには特に何も思ってなかったんですけどね。
話つくって、あの人なりの考えとか、行動とか、考えて動かしているうちに、愛着がわいてきました。
ただし原作とは全然別人なので、これもまた身勝手な愛着ではありますが。

ジョジョのDSでマライアのイベント始まった。
ジョセフとアヴドゥルくっついちゃった関係の声や絵が見られて嬉し…くはないかも…

拍手[3回]

海のトリトン

原作漫画はテヅカオサム先生ですが、アニメとは内容が全然違う。そういうのは昔は沢山ありました。ゲッターロボも全然違う。デビルマンも全然違う。ミクロイドSも全然違う。宇宙戦艦ヤマトも全然違う。マジンガーZは大まかな流れは同じだけど細部が随分違う。まあ、原作漫画がしっかりあってそれをもとにアニメ化するのではなくて、ほぼ同時スタートのようなシステムだったせいですが。現代において『原作漫画とそのアニメ化したもの』といった時に、話の筋が全く違うといったことは多分、滅多にないと思うんですがどうでしょう。それはむしろ実写化映画の暴挙に出た時によく見られることですね。フハハハ。忍ペンまん丸なんかは相当違ってましたが、あれはそれこそ大昔の「テレビ漫画と、雑誌連載の漫画それぞれほぼ独立。人気投票やオモチャ化のことも考えてキャラクターやストーリーを作っていく」みたいな流れに近かったからかと思います。
原作漫画があって、アニメもある、となった時には大概は「原作の方がいいに決まってる」「原作を読まないと、その作品の本当の良さはわからない」という流れになります。でも、その「漫画とアニメタイアップ黎明期」みたいな時期には、このアニメ負けてないわ、このアニメこそがすごいわ、という作品も時々あります。その代表作がこの、海のトリトンだと思う。
なんたってオープニング曲の良さよ。誰もが知っている名曲と言いたいが、知らない若者もいるんだろう。もし居たらぜひ、オープニングフィルムを観て下さい。多分、「なんだかわからないけど胸が打たれる」と思うよ。歌っているヒデ夕樹という歌手はヒデとロザンナのヒデだと思いこんでいましたが別人でした。でも声似てないか?そしてネタバレしますが、冒頭部で爆発するシーン、あれは実は最終回に起こることなのである。行き当たりばったりじゃなくて、最初からすっかり考え抜いて作ってあるって、いいなあ。
出だしは時々見かけるタイプの展開で、小さな村の中で異端となっている主人公、彼はその昔海辺で拾われたみなしご。髪が緑で、とんでもなく泳ぎがうまくて、なにかどこか普通と違う。拾った時に「この子の名前はトリトン」と書置きがあったのだが、日本の田舎の漁村でその名前を付けた育ての親のじいさんは律儀だ。一平じいさんというんですけど、普通はその書置き見なかったことにして「三平」って付けると思うよ。多分釣りもうまいんだろうし。彼が村で白眼視された理由のひとつはその名前のせいだと思う。
ある日そのDQNネームの少年の前に白いイルカが現れて、「あなたはトリトン族の生き残り。世界の海を征服しようとしているポセイドン族と戦わなければなりません」と言ってくる。最初は「このイルカ喋った」と至極まっとうに驚いている少年だったが、突然海にモンスターが現れて漁場を荒らしだす。ポセイドン族が放った魔物で人間の敵う相手ではない。イルカは「あなたの親が残した服と短剣がある筈だ」と言い、探してみると行李の奥からそれが出て来て、鞘から抜くと赤く熱く輝いて少年はその剣で魔物を倒してしまう。一平じいさんは少年をひきとめるが、彼はその手を振り切って海へと出て行ってしまうのだった。
今ではよくあるパターンかも知れませんが少年少女にとっては心躍る、つかみはオッケーなスタートではないでしょうか。子供らは皆「ある日、自分のところに使者が来て、あなたは特別な存在。あなたにしか出来ない使命がある。今の生活すべてを捨てて旅立つのですと言って来たらどうなるだろう」と思うものである。そして「そうなったら、パパもママも兄弟も友達も全てと別れて、たった一人夜の海に旅立たねばならないのだ」と、寂しさと冒険心の両方で胸を震わせるものである。
以前、私は自分のサイトで、上記のようなことがあなたに起こったらあなたはどうしますか?とアンケートをとったことがありました。私は「旅立つ」という答えが多いかなと想像したのだが、予想以上に「旅立たない。今の暮らしを取る」という答えが多かった。別に、「皆、背中の翼を失くしたんだな」とか、「大人になるってことは、いろんな重石がからみついて下に引き下ろして地面に結びつけるってことなんだな」とか言いたいわけではありません。へえそうなのか、とちょっと意外だったというだけです。でも、子供であれば、たとえ、今の生活に不満や不安がなくても、見知らぬ世界へ誘われたら旅立ちたいと思うのではないだろうか。これすらも勝手な思い込みであろうか。自信がない。
トリトン族の生き残りだからトリトン。惑星ベジータの王子だからベジータですね。同システム。あとトリトンの声は塩谷翼という人で、数十年後にツェペリ男爵としてジョナサンに波紋を教えに来るのである。最初ぶったまげたけど、よーく聞いてみると確かにおもかげがある。声のおもかげ。
で、なんたって有名なのは最終回のとんでもびっくりな種明かしです。ポセイドンは何故トリトンを目の敵にし続け、執拗に殺そうとしてきたのか。その理由がわかるのですが、これも現代なら「片方の正義が、もう片方にとっては悪」「連邦軍もジオン軍も、共に地球人」のあたりはよく見かけますが、「悪い宇宙人が攻めてきた!勇気ある少年たちよ、迎え撃て!」ばかりだった時代の子供にとっては、相当ショッキングだったと思います。「さあ、いよいよ最終回。悪いポセイドン全滅だ!頑張れトリトン!」と拳を振り上げていたのに、30分後には黙ってしまっておやつも喉を通らない。皆の仲間だった、皆のヒーローだったトリトンが、最終回で罪もない人々を皆殺しにした殺戮者になるというこの無残さ。思い切ったなあ。
そしてトリトンは、ポセイドンの神殿でなにがあったのか、仲間のイルカたちや、いいなづけのピピには明かしたのであろうか。自分が何をしたのか、皆に打ち明けたのだろうか。それとも全てを自分の胸だけにたたんで、『ポセイドンの首領』と一騎打ちをして、倒した、と嘘をつくのであろうか。時々、『お前のせいだ、ただ平和に暮らしたかった我々を、お前が殺したのだトリトン』という声を夢に見て飛び起きて、あとはもう明け方までまんじりともしないのだろうか。
この感じ何かに似ているなと思ったらナウシカの原作の最後の部分ですね。大きな秘密を自分の胸にたたんで、喜んでいる人々をそっと見守っている感じ。でもアスベルはあの、なんだっけ、土着の体当たり娘に取られてしまったが、トリトンにはピピがいる。そう思えばまだ救われる。
そしてこのピピ姫。こんなに長々と我儘で自分勝手で大威張りで足ひっぱりな存在が他にいるだろうか。多分、そうはいない。て言い切れるくらい、長々とトラブルメイカーで、トリトンと仲悪い。でも、本当に紆余曲折の果て、嵐の海で二人だけになり、ようやく心が通じ合う。そのひっぱり具合がとてもリアルなのです。そして一旦強く結びついたら、もう心が離れることはない。荒れ狂う嵐の海で、強く手を握り合い、顔を見合うふたりの姿は、とても自然でした。
そしてまた、旅の途中で助けてくれるウミガメや、アザラシや、敵の女などが、トリトンたちを助けるために命を捨てるシーンがものすごいトラウマものです。なんだろうあの生々しさ。ツェペリさんの最期並みに心にくる。殊にウミガメがなあ。たまらない。ウミガメに関しては原作よりアニメの方が印象深いです。

あらー随分語ってたわ。でも海のトリトンは本当に名作です。海の持つスケールの大きさそのままの作品。
そしてまた、最後のシーンで、トリトンに何て声をかけてやればいいのか今になってもわからないままです。

拍手[1回]

ジョセフ対柱

あっそうか、結局柱の男は全員ジョセフが倒したんだね。
改めて気づいた。すごいなジョセフ。ていうか、シーザーもリサリサも師範代たちもなにをやっとるのだ。波紋の連中さっぱりだな。シュトロハイムの方が役に立ってる(笑)
エシディシは無念の思いの塊で死んで、ワムウはとても満足して死んで、カーズは死ぬこともできなくてそのうち考えるのをやめて。
ワムウだけいいねえ。親代わりの2人はあんなだというのに。
ネタbotが、「カーズはいつまでも死ねないからあの世へも行けず、あの世に居るエシディシはいつまでたってもカーズが来ないから『きっとうまくやって究極生命体になって地上を支配してるんだな』と思っている」なことを言ってて、しんどかった。
再会も出来ないとは…おのれジョセフ(逆恨み)

今日はホントきつかった。
でも24時間経てばどんなことでも終わるものである。
以下お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

柱わむぅ

新しいSSRのワムウは柱を持ってるんですね。
俺は!!この「柱」を!
どうするの。
でも「柱」ってかぎかっこつけて言われる場合は、柱の男のことを指して言ってるのかな?と思うのが普通です。
なんとなく、ワムウが柱を持ち上げて、「俺は!!この「柱」を!」って言って、ふと見上げると、柱がカーズ様に変わってた、とかのオチを想像します。
しかしなんだね、柱の男たちはみんな、アビリティの効力の範囲が「何色と、柱の男の攻撃力がどのくらいアップ」とかたくなですな。スタンド使いなんかにイイ顔はしてやらん。柱の男さえアップすればそれでよかろうなのだ。使い勝手など知らぬ。そんな心の狭いところが大好き。
そしてカーズのSSRもエシディシのSSRも使いにくいことおびただしい。そのへんのクセの強さも可愛い。ワムウはどうかな?父母たちよりは使いやすいかな?
エシをひく時ですっかりダイヤなくなっちゃったから、ワムウは狙えないけど、一回くらいは回してみようかな。
考えてみるとエシもポルナレフもナメック星人顔だよね。目の上の…なんだろう…骨…がガッチリしてるというか…眉毛が薄いというか…でも眉は銀色だから薄く見えるのだろうと思う。ほれ、股間スケスケタイプの。
目の上の骨ガッチリ顔は、一見とっつきにくいですけど、実はセクシーという隠し玉を持っているのである。一目でわかる、わかりやすいハンサム顔より、何かの折に「やだ…かっこいい」的にドキンチョとなる顔の方が点数高いと思う。
そしてソウルポーカー。
さっぱりポイントが貯まらん(笑)本当に私も、指をくわえてドキドキしているアヴさんなみにギャンブルが下手くそだな。やたらと安パイなあたりで手を打って終わったり、どう見ても勝ち目ないでしょみたいなところまで突っ込んでいったり。
フレンドに『グッド!』っていう、えーと、なんですかあれは。名前の下についてる但し書き。あれを付けてる人が居ましたが、あれはソウルポーカーで手に入れた称号でしょうか。

明日は困ったちゃん四天王のお客さんのうちの、ふたりのところへ行かねばなりません。
憂鬱ですがもう何回目かですので大分慣れました。初回の時、二回目の時は本当に途方に暮れ、嫌で仕方なかったけど、あの頃からすれば心は随分平淡になったなあと思います。
世界の名言集を読んでいて、「人間は、いかなることにも慣れる動物である」という格言を知り、とても納得したことがありました。
いかなることにもかどうかは疑問が残りますが、驚くようなことにも慣れるなとは思う。その許容範囲は実際、「え、こんなことにも」って思うような広さです。
「人間とは」に対する格言の答えはそれこそ沢山ありますが、私はこの「いかなることにも慣れる動物」を推したいなと思います。
慣れることが出来るのが良いか悪いかはまた別問題で。ただ単に、「本当に、そうだなあ」と強く思ったという一点で。

あまり時間は無いけど打鍵するぞ。

拍手[2回]

ツイッター

ツイッターが生まれてから今まで、それこそ星の数ほどの呟きが、ネットの宇宙に放たれていることと思います。
こんな小さな地球から、数億人がそれぞれ数千数万の言葉を発している。そして上限がない。果てることなく今この瞬間もどんどん、総ツイート数は上がってゆく。ここにも「果てがない」ものがありますな。果ての無いものへの恐怖と憧れはスマホの片隅にもひそんでいるのだった。
その、「総ツイート数」を思うと気が遠くなりますが、これって、一体どうやって保存しているんですか?
幾らひとつあたりの文字数が少なくても、それこそ宇宙規模の数の呟きがあるのだ。全部どうやってしまってるの?だって最初の方のつぶやきだって消えてないでしょう。あれ、消えてないんだよね?(笑)消えているのならまだわかるんです、全部で何ツイートまで、もしくは何年前までは保存してるけどそれ以前は消える仕様となっています。というのなら。
それなら納得いくしどこかでホッとする。でも多分違うからホッとしない。怖い。

あともぐろふくぞうがあなたのとりつかれている欲望を暴きます。というのがあったのでやってみたら『ツイ欲』だって。つまらないことでもつぶやかずにいられない、人の耳目を集めたくて汲々としている。とのこと。
私ツイッターはほとんど使ってなくて、botのネタ観て喜んだり、たまに連絡とる人に確実に手紙が出せて便利なツールという使い方しかしていないのだが、と思いましたが、「人からお手紙もらったり感想もらったりするとすごく喜ぶ」辺りが一致しているのかなと思いました。

昨日は本当によく働いて、たまっていた業務を一気に片付けました。
終わった時は腰も肩も痛いし頭ボォエーとしましたが、ああすっきりした…
これで、えー、月末へ向けての業務はありますが、すっきり気分で打鍵も出来ようというものです。
打つぞう。ウフフウフフ

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

恋人がいそうな

ジョジョ速を見ていたら、「言及されてないけど、実は恋人がいそうなキャラは誰か」というのがあった。
それで、花京院は既にどうていじゃない感じがすると言ってる人が居て、人ってそれぞれだなあと思いました。私は花京院は男も女も何も知らないと思っていた。あそこまで「僕は孤独だ」って思ってる人が、身体の快楽だけのために他人とそういった接点を持つとは思えない。孤独だからこそ、一時的に身体で繋がったら余計に孤独が深まるだろうと、花京院は思っているんじゃないでしょうか。
あとポルナレフにセフレくらいならいそうと言ってる人がいて、これにはハッキリと「こいつの目は節穴だ」とおもいました。ポルナレフとセフレなんて、この世で端と端にあるような単語だわ。まあ、プロのお姉さんとのあれこれはあったかも知れない。
ホルホースは各街に一人ずつコレ(小指を立てて)が居るだろうけど、相手に自分を惚れさせてるだけで、あまりガッツリ食っちまってはいないんじゃないかと思う。なんだかんだ言って、ホルホースが結婚する気のない女たちが、いつか誰かの妻になれて幸せになるようにと、ぼんやりとした配慮をしてあげてそうな気がします。なんとなくね。心の恋人というか。
アヴドゥルには妻と子が居て、巻き込まないように別れたけど、子供らはパパをまだ慕っているとかいうネタもあって、あやうく納得しそうになって止めました。…なくはない、と思うようなキャラと顔してるからなあ。それこそ美しいエジプト女性と砂漠の夕陽を見ながら佇むとか、似合いますからね。「やめろォーッ」←声裏返ってる
うん、うん、無し。無しだ。「本当だな!」←泣いてる
アヴさん、あっちで「ない」って言ってあげて。慰めてやって。「うむ」
ジョセフは本当はなんだかんだいってスージーQ一筋の人だと思うんですけどねえ。『浮気して子供つくった』って、アラキ先生は軽ぅーく考えて設定したんだろうな。
承太郎さんは3部の時点では恋人も居ないし経験もなかったと思うけど、とにかくあの「妻」が謎すぎて、勝手にあれこれ想像しても仕方ない感じがする。
イギーはいたんじゃない?(笑)自分より柄の大きな犬ね。
あと、エシディシは恋人なり連れ合いが居ただろうけど、カーズと共に一族を裏切る時に、苦しまないように一瞬で殺したんじゃないかと言ってる人も居た。
エシディシは沢山経験はあったろうけど、これといった特定の相手は居なかったんじゃないかと思う。なんとなく。心ここにあらずというか、「俺の居る場所はここではない」みたいな落ち着かなさがあって、自分をこの地に結び付ける「妻」「恋人」などの契約的な関係を結ぶ相手は作らなかったんではないかと思う。あの人は他の連中とそれなりにうまくやっていんただろうけど、どこかなにか違和感を持っていたんではなかろうか。その点は確かだと思う。
あと、ポルポと言ってる人が居て笑った。
あと、シュトロハイムと言ってる人がいて笑った。
でもなんとなく、ジョジョって、皆それぞれが「今まで、たった一人で生きてきた」みたいな影を背負っている感じがする。皆それぞれがバオーのような(笑)
その人たちがこの物語で出会って、初めて心の通い合う仲間が出来た、あるいは初めておのれを捧げて悔やまない支配者と出会えた、のような気がします。

拍手[3回]

  

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
9
17
24
28 29 30

最新コメント

[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]
[01/23 ライカ@管理人]

最新記事

(06/27)
(06/26)
(06/25)
(06/23)
(06/22)
(06/21)
(06/20)

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]