忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

5部のPV

いよいよ動いてますね。
ゴールドエクスぺリなんとかも見た。ヘルメット被って、がんばるぞ!
どうして急に髪の毛が黒から金になったんだろうね。なんて今更なことを。あれ、金髪になったのってDIOが死んだ時だっけ。おいおい、どうしようもないな(笑)ごめんなさいね。
仗助が熱を出したのがDIOが死んだ時だよね。それは確か。やっぱり私は4部止まりだ。
でも、康一君が「ポルポにやられたじいさんを見て憤るハルノ君、かっこいい!」て時の、黄金の精神の面々が宙に浮かぶあのシーンは楽しみです。
承太郎さんはセリフあるけどジョセフはないよね。もうないんだよね。せめてよかったかな。他の人が声をあてるジョセフは観たくないもの。シクシク
そういえばどなたかのリツイートで見たのですが、みやけさんと、えーと、花京院の人。えー、ひら…ひら…ひらかわさん。だっけか。が、悲しみのツイートをしているのを見ました。少しだけ心が安らいでそれから別の悲しみが浮かんできました。そういえば小野なんとかさんはツイッターとかやらないんだってね。今回初めて知ったけど。でも誰かの明かした小野さんといしづかさんのエピソードなんか観ると(別の現場で会った時、「おいじじい」「おう承太郎」って言ったとかなんとか)小野さんも悲しみはひとしおであろうと思われる。まだまだ寂しい。もう心の中ではラストトレインなんとかがかかっています。私ねあのエンディング見ただけでもう寂しくて泣き出すんですよただでさえ。いつだったか地元ラジオのアニメ特集で「ジョジョ3部のエンディングかけますね」と言ってあの曲かかった時、仕事の現場に向かってる途中だというのに泣けて来てどうしよう、みたいな状態になったですよ。今あのフィルム見てジョセフがチケット持って帽子の陰に顔をかくしてるとこ見たらもう確実に泣くですよ。
もういい加減でやめますけどね…
そういえば5部のオープニングが「しじま~の~そこか~ら~」の人なんですか?楽しみだ!2部のオープニングのおシャレっぷりはすごいもんね!個人的にはやっぱ3部前半ですけどね。そして集いしスターダスト、のところで流れ星が5つと1個、駆けていくとこ見るだけでもう泣くもんね。泣いてばっかりだな。大丈夫か。
いやあ、ようやく連続勤務が終わってね、明日はゆっくり休もうと思ったんだけどね、明日から嫁ぎ先に出掛けてヨメの務めをしないといけなくなってね。ふてくされるわ
まあ、回転ずしとか行くだろうから、頭の中ででかい男がいちゃいちゃしながら食べてるところを想像してニヤニヤしてきますよ。「おい、皿ごと全部取れ!上の寿司だけ取るんじゃあない!」「かたいこと言うなよ!お前の好きなやつとってやるぜ」「う、うむ」ダメだよ、皿ごと全部とらないと(笑)
そうそう、ジョジョアプリで今、5部を読んでいて、この前アバッキオ先輩が亡くなったんですけど、今グリーンディとかいうのと戦っている。相手より?下になると?カビが生えるんだっけか?いや、画面がちっちゃくてさ…

拍手[1回]

PR

アラキ先生のインタビューといしづかさん

ヤフーに載ってたから読みました。
仗助が好きなんだよね先生。有名だよね。「承太郎はクールだけど仗助はその辺(と言って空のイスを指す)に居るような子」って言ってる。そうかなあ。平気で人の腹を貫通できたり、人を「死のうと思っても死ねない」カーズ様状態にしてしまえるような子はあまり居ないと思うぞ。「どこにでも居る子」はどちらかというと康一君だね。どこにでも居そうな、目立たなくて素直でいじめるよりはいじめられるタイプだけど、追い詰められるとびっくりするような爆発力&成長、そして決して失わない正しい心、と書くとまるでジョナサン。あれ、この話前にもしたな。
ディオという魅力ある敵役が出たからこそ主人公が映えたみたいな話も納得した。康一君が主人公にスライドしたみたいなキャラひとりではやっぱちょっと弱いもんね。でも私1部読んでてディオが魅力的だと思ったためしがないんだけどね(笑)ディオもDIOもラスボスとしての攻撃力、迫力、説得力は充分あると思うけど、魅力はさっぱりだった。ごめんねンドゥールとエンヤとヴァニラアイス。あ、ワンチェンもですか。「毒くらわしてやるね」
あと、スタンドの発明が画期的だったという話で、「お前が悪霊だと思っていたものはうんぬん、名付けて、幽波紋!」左上に魔術師の赤がドォーン、左下にまだナマ足時代のアヴさんがどーん、右下に赤い荒縄で締め上げられてぐうの音もでない不良、のコマが載ってたんですが、いやあ胸が熱くなったね。あの絵見た瞬間ぐっとくる。これは思い出補正のせいじゃない。「この頃は熱中して読んだなあ」ていうしんみりムードのためでは断じてない。絵からたたみかけ噴き出してくる、「超能力を映像化したものをスタンドと名付けたッ!これからこういった敵や味方がどんどん出て来て、様々なバトルをするのだッ!」ていう情熱。エネルギー。パワー。やる気。そういうものが、あの絵の隅々から主張してくる。いいなあ。
ところでこのコマでアヴさんの後ろ髪結構長いよね?これおさげだよね?あれ、違うのか?私はアヴさんの後ろのおさげは長い方が好き派なんです。だからOVA大好きよ!さらさらって。最後のとこがくるってしてて可愛い。あのおさげ分残して髪を編み上げてるのかなあ。編み上げて最後に残ったのをおさげにしてるのかな。謎だ。海外のコスプレイヤーさんでアヴさんやってる人いないのかな(笑)美形の白人がやってるギャングスターとかもちろんかっこいいんですけど、「アラブ人の本気」みたいな人のアヴさん、見たいわ~。アラブ人はコスプレなんかしないか。日本の漫画なんかさらに読まないだどろうしな。どこかに居るんだろうなあ。アヴさんのコスプレがドはまりする人。
話は戻りますが、アラキ先生の「急に神様が来て助けてくれたり、魔法の剣が降ってきて、拾ったら勝ってしまったということは起こらない」ていうの、とてもよくわかりますね。この考え方の延長が「一度死んだら二度と戻って来ない」なんだよね。そこが決して揺るがないところが、寂しいけれども、好きなのだ。死んだ人の意思は、意志は、生きている者たちが受け継いでいくのだ。あとは虹捜索をして勝手に生きていたことにしていちゃいちゃさせるのだ。台無し。
ところで原作者は自分の作品の虹作品についてはどう思っているのだろう。もちろん人によるんだろうけど、中には、ほもほもしくされるのがすっごく嫌な人もいるんだろうな。このキャラとこのキャラの間にあるのはあくまでも友情なんだ、それがどうしてこんな裸のつきあいに、ゲー(吐いた音)て人も。
アラキ先生がどのくらいなのか知りませんが、申し訳ありませんと謝っておく…

とか言ってたら!!!!!
ジョセフジョースターが!いしづかさんが!
そんな!ついこの間ドクターヘルの熱演を聴いたばかりなのに!
ひどい…
私にとってジョセフジョースターは、おおつかちかおさんと同じくらいにいしづかさんがはまっていたのに。ひどいよ。
いしづかさん、ジョセフジョースターのことどう思ってたかな。3部の仕事は楽しかったかな。イベントのDVDの時にはあんなに元気そうだったのに。
あの世に言ったらアニメ画のアヴドゥルや花京院やイギーが迎えてくれるでしょうか。なんだかよくわからないあの世ですが。
なんかもうジョセフが死んだみたいな気持ちだよ。承太郎も泣いて怒ってるよ。「くそじじい、勝手なことしてんじゃねー!」
ご冥福を心よりお祈り申し上げます。ウワーン

拍手[4回]

かぼちゃの叫び

あなたは鍋を焦がしたことがあるか。きっとあるだろう。あるに決まってる。私はあります。
やらかしてしまってから、「あっちゃー」とうめき、もうすっかり底で焦げ付いた根菜などを無力に見つめるわけだ。
あれかな、かぼちゃが一番わかるかな。
で、煮えている間に、「今が一番美味しく煮えてる時」の時間帯があった筈だ。
かぼちゃに口があったら「今ですよ!奥さん!お嬢さん!今火を止めて!おおーい!誰か!誰かいないのか!」と叫んだことだろう。それが今ではこんな姿に。と思うと、かぼちゃにすまない、許してくれ、と言わないではいられません。
なんかその勝手な想像をしてから、鍋は焦がさないようになった気がしないでもない

さっさと赤羽の方を終わらせたいのだが
今週はね!休みがないんですよ奥さん!

拍手[0回]

こんな死に方はイヤだ

なんかホントにいやなタイトルですが
時々考えるね。あなたも考えるでしょう。誰だって考える。俺だってそーする。
私の考えるイヤなポイント上位なのは「完全に死ぬまでに時間がかかる」だと思う。真っ二つやぺっちゃんこもいやだが一瞬で終わるのなら、イヤ度はそれよりは低め。
そのポイント上位バリバリな死に方が、刑事コロンボの中にあったのですよ。犯人は年取った老婦人。被害者は若い男。巨大金庫の中に騙して閉じ込めて鍵をかけてしまう。次に開けた時には中で窒息死している。
閉じ込められた当初は痛くもかゆくもないのに、これから自分は死ぬとはっきりしているのよ。こんな絶望があるだろうか。なんとか助かる方法はないかと手を尽くしてみても何ともならない。次第次第に息が苦しくなっていく。怖い。怖いー
確か、閉じ込められた男は、ダイイングメッセージを残すんですよ。ただ残しただけでは自分を殺した老婦人がもみ消してしまうから、ちょっと見ただけではわからない方法で残すのだ。照明の電球か何かじゃなかったか。忘れた。彼が願った通り、ちゃんとコロンボが見つけてくれるのよ。
でも、その「あの老婦人じゃなくて、他の誰かがこれを見つけてくれ」とメッセージを残している間の、彼の心中を思うと恐ろしくて痛ましくてなんともいえない。もちろん、殺される事情のある悪いやつではあったんですが、それにしたってこんな殺され方しなくてもいいじゃないかと思った。
私は閉所恐怖症ではないし、狭い所に入るとむしろ落ち着く感じがしますが、そういう「閉じ込められて窒息」の恐怖を思うと、目を覚ましたら棺桶の中だった、上のふたを押してみるがびくともしない、とか、狭い通路を必死で這っているのだがだんだん更に狭くなってきた上に後ろを塞がれた、とかを想像すると、狭いとこはちょっと嫌かもと思うようになってきました。
いろいろ考えて、有名な処刑道具に牛の鋳造物の中に入れられて炙り殺されるのがありますが、あれが一番かな…

そういう話とは別に
人間だれしも必ず死ぬものですが、死ぬのはそれこそ死ぬほどのことである。どうせなら楽に、眠ってる間に、ぽっくりと死にたい。そのためには若い頃から体を鍛え心を鍛え、大自然のふところに抱かれる釣りキチ三平のような生活をしていなければならない。スマホやパソコンに囲まれ電波を浴びまくり、目や神経を酷使しながらさっぱり運動しないで偏った食生活を送ったら、まあ、その反対であろう。
今からでもスマホやパソコンと離れるべきだろうか。そんなのいやよ。男の友情をはみだした話をまだまだ書きたいもの。根っから腐ってやがる。

拍手[0回]

お返事

世の中はお盆だがそんなの関係ねえ。そんなの関係ねえ。
でも道が空いてて有難いや。

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

かゆい

かゆみを感じる神経というものは無くて、痛みを感じているのだ、ということらしいですが
本当にそうなんだろうか。って、本当にそうなんでしょうが
かゆい、という感覚は、ものすごく独特で、痛みのようなわかりやすい苦痛一本槍とは違う。かゆみを耐える苦しみは、痛みを耐えるのとは全然違う。ずっと内側に快感を伴った苦痛というんでしょうか。でもそれは「いずれ、かゆいところを思い切りかきむしる」予想こみでの快感で。もし、絶対に掻けないとわかったら、苦しみは痛みに耐えるより上かも知れない。痛みは、もちろん大変な苦痛ですが、なんというか、耐えるやり方が一つしかないというか、耐え方を皆知っている。かゆみって、簡単に耐えさせてもらえない。正面から耐えさせてもらえない。と思いませんか。
かゆいところを血が出るまで掻きむしって痛くなると、耐えやすくなるよね。やはり、痛みとかゆみは別の神経で感じているとしか思えませんが、まあ、同じ神経なんでしょうね。
でも、かゆいのを掻かせない拷問には結構、痛みには耐えられるつわものどもも耐えられないんじゃないかと思う。た、頼む、掻かせてくれえ〜!だめだ…掻きたかったら…わかってるな?ち、ちくしょう!

一日終わったぞ。明日もがんばるよ。

拍手[1回]

お返事

沖縄からやってきたステーキ屋さんが三日間だけ500円!なそうなので仕事の合間に行って食べてきました。
美味しかったです。ごちそうさまでした~
今週は一日も休めなくて肉体的にというよりは精神的にグッタリですが、一日ずつ淡々とこなしていこうと思います。がんばります。
そうそう、某所でカイロの2人の話は上げてもうちょっとで赤羽の2人も終わるのであげる。

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[0回]

・・・コメントくださった方へ

おつきさま

お客さんの家で、「おつきさま こんばんは」という絵本を見ました。
とてもすてきな本だった。定点カメラで、時間の経過によって変わっていく風景を描いていて
話の筋は、夜になって、月がのぼっていく。時には雲で隠れてしまって、その後雲が過ぎてまた月が出るのを、猫が見ている。最後に人間の親子も出てきて、皆で月を見る。
という極めてシンプルなものです。
この絵本の一番すぐれている点はやはり色だと思う。夜の闇は黒ですが、月の光が強い夜には藍色みたいに感じますよね。あの色と、それから黄色い月の光。大まかにいうとその2色しか使っていないのですがとても鮮やかな色合い、色味を感じる。
そして言葉の並びが良い。単に優し気な言葉を並べたというんでなく、こう…センスがよくて、リズムがよくて、読むと口どけが良い感じ。
また、表情があるのが月だけで、猫や親子はみな背中しか見せていない。こちらを向いているのは月だけ。その月の顔が、とてもぐっとくるのです。マンガチックではなくて、やや写実的な感じなんだけれども、可愛らしくて、また生真面目で、月の性格が伝わってくるようです。
もし実際の月がこんなだったら、わたしゃいつまでも月を見ていることだろう。いや誰もがそうだろう。月に悲しい顔をさせたくないので、月の出ている夜は犯罪率が減ると思う。
初版は1986年だそうで、すぐれた絵本は驚くほど昔から版を重ねているものですが、この本もそうだと思う。ぐりぐらやモモちゃんとプーみたいに有名ではないのかも知れないがいい本だと思う。私が知らないだけでもしかしたら絵本界では有名作品かも知れない。そうならいいな。と思って今調べたらこの作者さんの代表作に入るくらいの本であったらしい。うむ、納得
自分が欲しくなりましたが、800円かー。「絵本って高ぇな…」「何故なのだろうな」

このお話の月も大好きですがわたしゃホント月が好き。科学がドカーンと進んだら月くらいまでなら行けるようになるんでは。月行きたい。

拍手[2回]

台風とかデビルマンとかアバッキオとか

環境依存と書いてある台風の絵文字。これ。
果たしてブログ上に乗っかるであろうか。
それとも□□みたいな絵になるであろうか。
(結果:なにも乗っかりませんでした)
でもこの絵台風の絵に見えないんですけど。
あなたの街では台風はどうですか。もう行ってしまった。やれやれ大変だった。あるいは、これから来るのよ。明朝の通勤のことを考えると憂鬱だわ。
我が町にはいつ来るんだ…明日か明後日か。もう台風という呼び名ではなくなっているかも知れません。パスカルくん。
私はやっぱりミリバールという単位になじみがある。などと書いてから今調べたら、ヘクトパスカルに変わったのが1992年だそうだ。まずい。そのころ生まれてなかった人もいるんじゃないのか。忘れてください。
しかし何故台風って日本列島に沿って移動するのかね。観光で来てるのかね。
台風がでずにーの帽子とか生八つ橋とか携えて去っていくのだろうか。
お客さんの奥さんに、やたらとテレビにつっこみを入れる人が居て、台風からボクシング協会の例の人から半分青いの主人公から、総つっこみ。思わず笑ってしまった。

ナウいデビルマン、ネットフレックスの。ずーっと観て来て今シレーヌを倒したところ。
カイムとシレーヌのくだりだけは、どうにもならず原作の通りにやってましたけど、だったら全部原作の通りにやれと言うのに。あんなクソビッチみたいなシレーヌが突然カイムの真心に撃たれてみせてもなにを今更。死に顔は原作チックで良かったけど。
あとジンメン。お父さんがジンメンと合体したのすか。そして背中の甲羅に顔が浮き上がるのが、お母さん、というのは、昔出たOVAでもありました。そのせいもあって今回あまり衝撃を受けませんでしたが、確かに、悪魔の身体と人間の心を持つ明が、犠牲者の顔を自らの腕で潰して、敵を倒す、の辺りは、犠牲者が昔馴染みの幼女でなくお母さんである方が、いろいろ表せるものがあるんでしょうが。
OVAの明はTV版ジョジョのヴァニラアイスが声をやっていたんだよ。あ、OVAのジンメンの声は、ジョジョのOVAのヴァニラアイスだ。なんか頭がおかしくなってきた。
ヴァニラアイスも悪魔みたいだしな。彼もデーモン一族なのかな。
しかし本当に原作を思い出すと、あの頃のながいゴー先生は何かにとりつかれていたんだなと思います。誉めているんですよ。

ジョジョアプリで読んでいる5部、この前アバッキオが逝ってしまわれた。アバッキオってこんなさっさと退場するんだっけ。アバッキオってポルナレフさんと会ってないんだっけ?あれ?そうだっけ?ホントに?
ナランチャが泣いてたけど、アバッキオとナランチャの日常の会話もなんか想像できますね。不憫な。しかしアバッキオのスタンド能力って、トニオさんとそう変わらないですからなあ。戦闘になったら皆の陰にかくれてるしかないよね…
あーもうすぐポルナレフさんが出てくると思うと気が重い。お願い、最初から、頭の上にわっかを乗せたエジプト人が傍にいるってことで登場してくれんか。
「あなたは誰です。それから、隣の人も」
「イエス!アイアム!」
「いや、その…」
だったらあんまり寂しくないな。自分でむりやり隣に立たせてアニメ観ようかな。

拍手[0回]

性のめざめ

と書くとなにやらすごいですが
性のことはもっと小さい頃からオープンに教育すべきだ!という考えがあります。
日本の性教育はおかしい。
もっともっと小さいうちから、実践に即した内容を教えるべきだ。
高校生にはコンドームを配布すべきだ。
女性に自分の身体の守り方を教えるべきだ。妊娠して困るのは女の方ばかりなのだから。
最後のは確かにそうだなと思いますが。
そしてもっとオープンに性のことを教えるべきだというのもわかるのですが
ただ、
年頃になって、その子その子が、誰に教わるでもないのに
自分なりの秘密のルートを得て、薄暗く魅力的なその何かによって、性的なものについて会得していくもんだ。親なんぞに聞くのは終わっとる。
という、考え方も、私はわかる気がします。
先生だの教育機関だのに全員集められて教えられる性の話なんて魅力のかけらもない。
うん、確かに。
ただ、学校やその辺で、「体と心の性が違ってしまっている人もいる」の辺りなど、子供の頃から聞いておくと、そこら辺の人たちに対して、すんなりと受け入れてあげられる土壌はできやすいかなとも思う。
万人が生き易い社会というのは良い社会だと思うし。

今日は忙しくて全然打てませんでした。
お盆の週は皆さんが休んでしまわれるので私は地獄を見るのであった。
ゴールデンウィークとか盆暮れ正月や祝日は廃止して欲しい。ぐおおお
まあそれはそれとして打鍵するぞ。もうすぐ終わるし。
私が不幸でも、打ってる話でのあのひとやあのひとが幸せならそれで私も幸せになれるというものである。真面目に。

拍手[1回]

  

カレンダー

07 2018/08 09
S M T W T F S
4
10 11
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

最新コメント

[07/05 ライカ@管理人]
[06/22 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[03/30 ライカ@管理人]
[03/30 たみや]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]