忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

好きな一枚画

漠然とした言い方ですが、そしてこれも前の日記だかここでだか言ったことがあるのですが、
すごく好きな場面があります。
雪が降っている夜、街灯の灯りに雪が輝いているのを下から見上げている感じの風景。
わかりますか。思い描いてもらえてますか。
以前、文章をアップするとしたら自サイトだけだった頃には、背景の画像探しをしょっちゅうしていました。あれもまた楽しくてねえ。探していたのとイメージぴったりな写真やイラストがあると嬉しくて、「早くこの画像使いたい!」と思ったものでした。
で、今言った写真を、どこかのサイトさんで見て、「うわあーこれいい、これを使うような話を書きたい!」と思ったものです。いつもとは逆方向ね。話を書く→それに合う画像を探す、ではなくて、この画像良い!→この絵に合う話を書こう!という流れ。
ウキウキとダウンロードしたのですが、ある日突然、私のパソ次郎がクラッシュいたしまして、あの写真はネットの大宇宙にのみこまれて消えてしまいました。
パソ次郎クラッシュで、一番か二番に悲しい出来事だったなあ。あの「街灯の下で輝く降雪の写真」が消えちまったという事が。
多分、根気よく探せばあちこちの画像サイトで見かけるんじゃないかと思うんですけどね。探しに行ってみようかな。
あなたの「この風景が大好きなのよ」という一枚画はどんなものですか。

うーむ忙しい。
仕事もあるし打鍵もしたいが年賀状もやらないといけないし飯炊きや洗濯もしないといけない。どれもやらないといけないのが社会人のつらいところです。覚悟はあまり出来ていません。この際だから掃除はパスだ。汚くても死にゃあしない。
今夜は冷凍食品で風呂は残り湯追い炊きだ。ぶひー

拍手[1回]

PR

弱点とかロボットとか

前に、「何故変身ヒーローには弱点があるのか(3分しか戦えない、笛を吹かれると悪の手先になってしまう、太陽が陰ると力が弱くなる等)それは、弱点があってそれに縛られる方がドキドキするし色っぽいからである」という話をしたのですが
その自論は変わりません。
それはいいのですが、
よく、火の属性の魔物には氷がよく効く。その逆も。
聖の属性には魔とか闇の呪文がよく効く。その逆も。
という皆が知っている属性の常識がありますが、あれは逆じゃないのか?
火の属性の魔物はほっといても熱いのだから、吹雪とか氷とか見舞われても、自分の熱で防御できると思うのです。だからむしろ、他の属性の魔物より強いんではないのか。
聖なるパワーの強い魔物は、闇の力に対する抵抗力が強くて以下同文。
水の魔物に雷系の呪文がよく効くというのはわかるんですよ。水は電気をよく通すという理に適ってますので。それとは違うじゃないですか。
と、長年思い続けているのですが、それはそれとして、火の魔物が来たらマヒャド、氷の魔物が来たらメラミです。
あなたの弱点は何ですか。
私は…睡眠時間が足りないと何もかも停止してしまうところですかね。

私が気に入っているモンスターはメタルハンターという機械系、ロボット、のモンスターです。
可愛いよね機械系。けなげで。呪文は何も覚えてませんが、遠距離攻撃もするし近距離攻撃もする。飛んでいる的にも対応OK。そこそこ素早くて、後方からクロスボウで攻撃してくる。顔のところに赤いランプがついていて、点滅しているのが表情のよう。クロノトリガーのロボでしたっけ。既成の名前忘れちゃったけど。あれにもやられた。
可愛くて大事に育てているのですが、周囲はランクSだのSSだのばかりになってきました。メタルハンターはBです。
魔法も使えないし特にこれと言って特長もないので、普通なら外しちゃって、他のランクAのモンスターをつれてくるのが常套なのでしょうが、私はあえてメタルハンターを外さないのである。だって可愛いんですもの。
科学が進んで、家庭に1台ロボットの時代が来たら、すごい可愛がるよ!大事にするよ。
燃料は何なのかなあ。ガソリンではあるまいな。電気でいいのだと助かるが、使うエネルギー量を思うと電気ではすぐ切れてしまいそうだ。やはりここはシズマドライブのような新しいエネルギーシステムを開発しないとダメかな。
あっでもその頃のロボットはいろんなことを知っていて、もえ語りの相手くらいしてくれるんだよ。
「エッシーが死んだ後のカーズの目つきがいいんだよね!」「あえて いかりくるう たいどでは なくて めつき だけで こころを あらわす めいしーん ですね」「わかってるじゃないのあんた~。あとDIOの館突入のとこが泣けるよね」「あえて たすけないと いっておいて じぶんが たすけて しまうのが あぶどぅる ならでは ですね」「わかってるじゃないのあんた~ところで、ぶじゃなくてヴね」「その ちがいは おおきかった ですね しつれい しました」
ご主人が入れ込んでるものについての情報を頑張って自分のメモリーに入れているロボットなんて可愛いな。でもご主人が飽きっぽい人だと、せっかく仕入れた知識もすぐ無駄に。私は大丈夫だよ!数十年同じジャンルで盛り上がれるよ!安心してうちに来てね。

拍手[1回]

イルミネーションとか肥満とか

この頃はよく見かけますね。
我が町でもやっております。



ブレブレになってしまいましたが。
きれいでした。



腹に巻き付けてぶるぶる震える器具がありますね。
あれって効くんでしょうか。
パソコンやりながらぶるぶる震えて痩せられるものなら巻き付けたいところです。
この一年ではっきりと肥えてしまいました。
原因はわかっていて、仕事が終わるのが遅くなりそれに伴って夕飯の時刻も遅くなったからです。
なら食わなければよいのだが腹は減る。
困ったね。
ぶるぶる震える器具に縋っても根本的解決にはならないのはわかっている、わかっているのだが



ところで、
あなたの好きな動物はなんですか。
私は長年「柴犬がナンバーワン」だったのですが、
ここにきてブタが急上昇です。
このCMがまさに私のズキュウウウンで。



最初の登場の、キリッとした目つきがなんとも言えない。
そうそう、ブタは、「鏡に映った自分を、自分だと認識できる」のだそうです。
それが出来るのは人間とサルとなんだかとかんだか。結構限られるらしい。
三歳児より賢いブタ。
可愛くて賢くてきれい好きなんて最強じゃないか。
いいなあ、ブタ。
「助っ人を連れて来てくれたんじゃ」「助っ人?」「これが助っ人のスタンド使いブタ、ピギーじゃ!」「ぶひー」「か、可愛い」「うひゃあーこいつは」「癒されるぜ」「ふふふ、おいでおいでピギー」「ぶひー」「うふふ」「うふふふふ」
うふふふふ。

拍手[1回]

お返事

氷点下の朝。涙も凍る。
ヒートテックとそれに類するインナーさんたち、出番だ!「おう!」「おう!」

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

ジョジョDRの特別ステージ

だかなんだか。
ボスがマライヤなんですけど、その後ろに何故かアヴさんとポルナレフと誰だかがこっちに背を向けて立っていて
こっちが走っていくと突然一斉に「かわせるかーっ」だのなんだのと叫びながら総攻撃してくる。笑った~。何かあったんだろうか。
多分、事情があって、マライヤに弱味かなんか握られて、仕方なく手先として働いているんだよ。
どんな弱味を握られたんでしょうか。「あんたたち、ばらされたくなかったら…わかってるわね」「畜生、どうにかならねえのか」「ううむ、仕方あるまい」「ホホホホ」
やっぱりデキてることを知られたのか。こっそりチューしてるところでも見られたのか。違うか。
それにもうひとり居たような気がするんだよね。居なかったっけ。居たとしたら誰だったのか。
アヴとポルがいるんだからクルセイダースの誰かだと思うんですがねえ。花京院?
わたしゃ老ジョセフで行ったからホント面白い絵ヅラでした。帽子おさえて走っていったら突然「ジョースターさん、申し訳ありません!クロスファイヤー!」「こうなりゃヤケクソだ」「何なんじゃーおまえたち!オーバードライブ!」
もはやドリフの撤収曲が聴こえてきそうです。
そして私の場合マライヤ一人だけ先に倒してしまったのでその場で終了。マライヤがぶっ倒れている向こうに突っ立っているアヴさんの足が見えていてまた笑った。「お、終わった」
いろいろバックグラウンドの想像しがいのあるステージでした。こういうのもっとやって欲しい。

打鍵しましたぞ。
クリスマスまでには間に合わんか。だめか。

拍手[3回]

本気かナミ

何の話かというとワンピースの話ですが
先日、アニメのワンピースをちょっとだけ観ました。
サンジを迎えにきたルフィとナミ、だがサンジは事情が出来て、彼らを追い返さないといけない。
俺は実はなんだっけ王子様だっけ?てめえらみたいな貧乏人とは住む世界が違うんだよとか言って、もうお前らとの旅も終わりだと言う。でルフィをボコボコに蹴ったぐってあばよと言う。
そんなサンジに腹を立てたナミはサンジをひっぱたいて罵ってさよならと言う。
それでなにを言いたいかというと
ルフィの一味は今までさんざんいろいろあって、共に死線をくぐり、一度は離ればなれになって、お互いがどんな気持ちでルフィのもとにいるかは、もう充分わかりあっているわけである。
サンジという男が、「俺は王族の人間で、お前らみたいな貧乏人と苦労するより、王宮で優雅な暮らしをする方がずっといい」みたいなことを、本気で言うのか、本気でそう思う人間なのかは、お互いもうよくよく以下同文。
そういうことを言い出した時点で、「ああ何か事情があって今一緒に行かれないわけね」と、もうこれは即座に思ってもいいレベルでわかっている筈なのである。
「てめえらみたいな貧乏人」言ってる顔を見て、「はい、はい、皆まで言うな」と言いながらうなずいてもいいくらい。
「それで、我々はここで待ってる?あんたが事情を解決して合流する?どっちにする?」と訊いてもいいくらい。
「そういうのは、皆が散り散りになる前のエピソードとして入れてちょうだいよ」とメタ発言をしそうなくらい。
あそこでナミさんは本気で、サンジがその内容を真面目に言ってると思って怒ったのだろうか?
もしそうならナミさんはものすごい健忘症だ。あるいは目が節穴だ。今までの冒険中何を見てたんだろうか。
もしあの後に私の誤解を解くシーン(「わかってたわよ、サンジ君があんなこと本気で言うわけがないじゃない」的な)があったらごめんね。むしろあって欲しい。
でないとナミさん、あのチームのメンバーとしてどうなのと思うよ。

ああっ年賀状のことを全………く忘れていたぞ。困ったな。
月末は年末でもあり地獄を見そうである。なに地獄だろう。業務地獄。内側に鏡を貼った球体の中に入るのもイヤだがやってもやっても仕事が終わらないのもイヤです。
でも、隙をみて打鍵して幸せになりま~す。クリスマスだな。間に合わないか。ダメか。
なんか、クリスマスというといちゃついて欲しいなと思うのです。何故かしら。

拍手[1回]

言葉の響きと意味

なんか偉そうなタイトルになりましたがそんなアレではありません。なんとなく、単語の響きと、意味は通じていることがあるなあと思った話です。
「かたい」って言うと本当に、硬そうじゃないですか。
「やわらかい」は本当に柔らかそうだし。
「まろやか」はまろやかそうだし。
そして私が一番気に入っているのが「たっぷり」という言葉です。
液状で、でも完全に水ではなく、粘度がある、クリーム状のものがみっちりある状態。
生クリームとカスタードクリームがたっぷり入っているシュークリーム。と言うその響きの幸福感よ。「たっぷり」からバニラの匂いすらたちのぼってくる。
そこまで言うと限定されすぎですが、ただこれは言える気がするのは、「たっぷり」には既に肯定的な響きがあるということです。
たっぷり、と言う時にはもう笑顔になっている。イヤなものがたくさんあっても「たっぷり」は使わない気がする。「今日はたっぷり残業した」「サラダに大嫌いなトマトがたっぷり入っていた」「流しに汚れた皿がたっぷりある」
使うかな?いや、イヤなものが沢山ある時は「山ほど」とか「ものすごく」とかズバリ否定的に「うんざりするほど」とか言うと思うんだ。
「たっぷり」がどういう誕生の仕方をした言葉か知りませんが、美味しいもの、好きなもの、すてきなものが「たっぷんたっぷん」いいながら満ち溢れているのをニコニコしながら言い表す言葉として生まれたのではなかろうか。
あるいは生クリームやカスタードクリームが日本に伝来した時に、この美味しくて幸せな食べ物がいっぱいある状態を言い表すために作った言葉ではなかろうか。
「たっぷり」好きとしてはそう思うわけです。
「たっぷり」のように、口にする人が皆笑顔で幸せな気持ちで発する言葉はいいですが、逆の言葉もあるわけだ。そういう言葉は気の毒です。
たまにはニコニコして優しい気持ちで明るい口調で「憂鬱だ」「絶望的」など言ってあげるとよいかも知れません。本当に憂鬱で泣きそうな時に恩返しに来て、元気にしてくれるかも知れない。

拍手[2回]

お返事

お返事です。
お声ありがとうございます!

拍手[1回]

・・・コメントくださった方へ

塔にのぼる魅力

目下、スマホのアプリの「勇者の塔」というやつをやっています。
最初は1階、途中で敵が立ちはだかっているが、こっちのメンバーを少しずつ強くしていって倒せるようになり、そしてひたすら上へ上っていく。
この前までやっていた「君の目的はボクを殺すこと」というゲームも、その前にやっていた「ホウセキの樹」も、考えてみると全部同じです。「少しずつ自分の力を上げていって、より上の目標に到達してゆく」
そりゃ、どんなゲームも言ってしまえばそういうことなんですが。でも、今やっている勇者の塔は、塔をのぼってゆくのだ。塔をのぼるのって独特の魅力があると思いませんか。
大昔、ネットで「塔をつくる」だか「塔をたてる」だかいう、誰か一般の人が作ったゲームのサイトがありました。確か、ソースだかプログラムを無償で提供していた。どうぞいじって公開して下さいと。
あなたは魔王だかなんだかになって、執事の魔物の助言を得ながら、あなたの塔をどんどん大きくしていくのである。塔がうまく育つといろんな魔物や人間がやってきて塔に住み着いて、塔の中にいろんな施設をつくったり、物を売ったりして、どんどん発展してゆく。
燃えたなあ。私の塔を一生懸命高く丈夫にそしてかっこよくメイキングしようと夢中になりました。
一番気に入っていたのが、「何階に港が出来ました」ってやつです。塔ですから、宙にそびえる建物の80階あたりに港が出来るのである。かっこいい!どんな船がくるのだろう?翼のある船だろうか、飛空艇ということか?夕焼け空の向こうから、あるいは大宇宙のかなたから、私の塔に向かって空飛ぶ船や銀河鉄道がやってくるのである。憧れたねえ。
そのサイトはたしか閉鎖になり、私の塔も消えてしまいましたが、記憶の中だけに残っている。それ以来、塔をつくるとか塔にのぼるとかいうゲームがあると、ついつい寄っていくのである。そこに、かつて私の建てた塔があるかも知れない。

ところで
ジョジョのおはじきゲームの、Now Loadingがカーズ様で、なんだこれ?と思ってタップしたらびっくり仰天。笑ってしまった。
いいセレクトですね…エシでもやってほしいな。

拍手[1回]

色の話

ずっと前、このブログになるより前の日記で、
白と黒と赤と青だけが、後ろに「い」を付けて表現するのだなあという話をしたことがありました。
白い雪、黒い闇、赤い炎、青い空。
他の色はそういう表現は出来ない。
それはなにか古語的な文法的なナントカ的なちゃんとした理由があるのか、それとも単に過去において使われてこなかっただけで、トルコ風呂をソープランドと言い換えようと決めた時のように皆で心を一つにして一斉に「黄い服」とか「紫い花」と使い続ければ定着するものなのか。
わかりません。
その後、どなたかがメールで、その4つだけが…
なんだっけな。
すみません忘れました。その4つだけが歴史的に、何だかに入っている色なのだ、というような説を紹介して下さいました。
4大元素の風と火と水と土だけは、他のものとちょっと一線を画すっていう例もあることだし、その4つの色だけは何か特別なのかも知れません。他のものってなんだ。雷とか風か。あれ、風って入ってないっけか。ワムウ入ってないの?「入っておらぬ」光もですか。「ふん」
ああ、国とか歴史によって4大元素も多少違うんだわね…(ウィキ先生を見ている)
ちなみに私が一番好きな属性は火です。なんたって火だね。キャラクターメイクの時はもう断トツ炎使いよ。ステ振りは攻撃力ね。すっぱだかでグレードの高い剣を下げている変態剣士。
脱線しました。
それでだ。
黄は、黄い服、とは使えないけど、「黄色い服」はオッケーなんですね。
同じ様に「茶色い瞳」もオッケーである。
だが、「紫色い花」はダメである。「灰色い顔色」も駄目。
「ナニ色い」が許されるのは黄色と茶色だけだろうか?
なぜその2色だけが?
袖の下でも渡したのか。誰に。
まあ、4大「い、のみで表せる色」のすぐ下に、黄色と茶色が「我らがそのすぐ下」て感じで控えているのであろう。紫とか灰とかは心中穏やかでないだろう。
でも、考えてみると茶色って、「茶」という物質の色なのである。ずいぶん乱暴な話である。我々は「茶色」って言ったらあの土みたいな色を想像しますが、緑茶の色だって茶の色だし、紅茶の色だって茶の色だ。それを当然のごとくあの色を指して「茶色といったら、この色」にしたのは誰の陰謀だろうか。何か政治的な力が働いていたのだろうか。
茶色はそのことを気にしているのだろうか。誰かに責められたりしたのだろうか。水色や灰色が庇ってくれるかも知れない。
「気にしないで下さい」「あなたは、我々の代表です!頑張ってください!」「ありがとう」
黄色との関係はどうなんだろう。仲はよいのか。悪いのか。
茶色はなんとなくトキ様みたいな感じを想像する。黄色は才気走っていて明快で気が強い。単に色の印象か。
黄色と茶色の薄い本なんか出るんだろうか。
王道は白と黒なんだろうか。その逆だろうか。
あえて白と青とかに行って「イバラの道」「少数派」とかになるんだろうか。
そんなことを言ったら「鉛色」と「えんじ色」でやってる人の立場は。

アホらしいのでそろそろやめますが
もうすぐクリスマスですね!
個人的にはクリスマスもくっそ忙しいし、せいぜいコンビニのケーキ楽しみだな!くらいですが、クリスマスが楽しみなのは自分のことではなく、脳内のカップルをいちゃつかせられるからなのであった。
いちゃいちゃだ!いちゃいちゃしろ!

拍手[2回]

  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5
12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]