忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

カテゴリー「ジョジョ」の記事一覧

新人の歓迎会

が、ありました
酒が入ると新人はよく喋り
「趣味でやってる○○は続けていきます!○○素晴らしいですよ」
「今は毎日楽しいです!このまま頑張って仕事と趣味両立させていきます」
赤ら顔で叫んでいました
言いたいことは、山ほどありますが
私は、とりあえず刺身と天ぷらをせっせと食べてきました。美味しかったです。おわり

ジョジョSSの、柱の男ステージ嬉しいな。一日一回しかできないが。
うちの自慢の柱とゲストの3人柱で、もう柱天国。強い強い。
この前の「スタンド使いと、何色は使えない」バトルでも、大活躍の柱連中でした。「スタンドオー?フーム少々お待ち下さい」「何を言っているのだ、エシディシ」「ちとふざけた」
難しいだろうけど、チームの顔ぶれ次第で戦闘がちょっと変わるとか、せめてカットインが入るとか、セリフが変わるとか、してくれないかな〜

拍手[0回]

PR

柱のメダル

柱の3人来ないわねえ。来るもんじゃないわ。残念。
せいぜい、リンクのエシディシ集めくらいです。あのエシディシの絵かっこいいね!あんな絵原作にあったっけ。誰か描いたのかな?←この程度
あと、カメオ戦で「一つ目の願いはなんとかだ。かなったな」の前あたりの、どっちかの手をグッてもう片方の手に火を灯してるだかのポーズのアヴさん。これまたかっこいい。小粋な微笑み(笑)
こっちも頑張って集めた。火のおにいさんばかりね。おにいさんて感じではないわね(笑)カーズより背が高い、というより一番背が高いというのがいいのよ~。ラスボスのカーズが一番低いと言うのもいい。そしてあの野蛮人ぽいエシディシが実はインテリというのもすごくいい。とにかく、そこら辺の心をくすぐられまくる要素ばかりよ。
エシディシって何センチだっけね。はっきりしてるのはワムウだけだっけ?
そういや、アヴさんの初期のやつでものすごいおっかない顔してるやつあるよね。しかくくてごっついやつ。あと、ポルナレフの初期の顔ですごいおっかない顔のやつがある。呪ってるみたいな顔。野生の王国というか、劇画ゴラクというか。あの2人並べると「この2人でやってるんだよなあ自分」としみじみする(笑)承太郎や花京院のメダルで顔見てギョッとするとかいうのはないですからね。
しかし、メダルの種類ももう限界ぽいよね。全部で何種類になったのか、調べてる人もいるだろうけど…
一番種類が多い人は誰だろう。1部と3部合わせればディオが一番多いだろうけど。後から足されてきた仗助あたりかな?

全然休めないのよ。明日も朝の7:30からよ。でも大丈夫よ!月末のごたごたは終わったし、少し打鍵できるから。いちゃいちゃしているごっつい2人を書ければ多少の大変なんてへいっちゃらよ!なんか変なテンションですが、頑張ります。

拍手[1回]

友人の2人

仗助と億泰。これも定期的に「いいよなあ~」てなる2人です。
6部以降は身を入れて読んでないので間違ってるとは思いますが、日常生活の中に潜む敵…!なのが4部だけなためもあり、日々の中での悪友、親友、みたいなのはここら辺だけですね。あとは戦友とか、同じ団体に所属する仲間とか、共通の目的のために行動を共にする同志とか。ああそうね、4部関係以外は、皆最初から「ある一定の時間が経ち問題が解決したら、別れる(可能性が大である)」間柄なんだよね。ギャングたちは生きていればずっと一緒にいるかも知れないけど、日々降りかかってくる命の危険の頻度や大きさが全然違うもんな。殺人鬼が潜む街とは言えあっちは普通の高校生で、こっちはマフィアですから。そう、殺し合いが「仕事の一部」の人たちですからね。やっぱ隣に居る相手をつかまえて「こいつはよー、俺のマブダチなんだぜー」ていうのとは全然違う。
クルセイダースたちはお互いを「友人」とは思っていまい。結果として友情の感情を抱き合うことはあるだろうけど。まああの、ポルナレフが「友人のアヴドゥルを」ってカメオに言ってましたけど、あれは読んだ瞬間に違うと思った。他に言葉がなくてそうなったんでしょうが。「仲間」で良かったんじゃないかな…
ジョセフとシーザーはもちろん戦いのために知り合って共に訓練をして命を預け合う間柄で、あれは友人と呼ぶにはもっともっと近くて熱い。恋愛感情のあるなしは置いておいて全ペアの中で一番距離が近い2人だと思う。「だってよぉ~ン、シーザーちゃ~ん」「うるさいッ!離れろ!」「とか言いながらいっつも俺のこと見てんじゃね~の?」「お前が危なっかしいからだ」
1部はなあ、ツェペリさんはあくまでも師匠だし、スピードワゴンは…ちょっと違う。むしろジョナサンのそういう相手はディオですが、「日常の中の親友」とはあまりにかけ離れている。そういえば、ディオにあんな野望がなかったら、ジョナサンは多分平凡な男で終わったんだろうなと思った。ガタイがよく正直で真っ当で単純でね。エリナさんと結婚して、ジョージが生まれてね。その方がよかったね。あんな悲痛なヒーローにならなくても良かった。ジョナサンは本当にそう思う。
というわけで、朝起きて顔洗って一日いろいろやって帰宅して風呂入って寝る、の繰り返しの中で、「必要だからではなく」「ただ気が合って一緒に遊びたいから」一緒に居る間柄である仗助と億泰は貴重だし、平和の象徴です。恋愛感情があってもなくても良い。あの接触の多さ、周囲をはばからないベタベタぶりを見ていると別になくてもあるようなものだって気がするし。
ヤフーのニュースで、昔のヤンキーはファンシーなものと結びついていた、な記事があって、仗助と億泰が2等身で、背景は旭日旗で、鉢巻きして『DORARARA』『GAON!』とか周囲にローマ字が書いてあって、みたいなのがまるで見たことがあるかのように目に浮かびました。

あと定期的にガーッてくるダービー兄弟は血が繋がってるというのに不穏のかたまりですし、いや、血縁関係なのが余計に不穏さを助長しているし、柱の皆さんはもう己の一部みたいに理解しあい繋がり合って支え合い助け合いなにしろ共に子育てをし育てられた関係ですので。どちらも友人ではない。
サンタナがなあ。あれがちょっとな。事情があり置いてきたが愛しい我が同胞、貴様ら下賤な生き物にいじりまわされるなど絶対に許さぬ!みたいに言ってくれたら完全理解だったんですけどね。やっぱカーズ様のシリでも触ったのかな(笑)
スチールボールランは99%読んでませんが日常の話ではないことだけは知っている。ジョジョリオンは日常と言えば日常なんでしょうか?でも、結構な巻数になったのに全然進展してないとかラスボスさえ出てきてないとかいう噂を聞いた。それは別にいいのですが
アラキ先生は果たして、その部の何パーセントくらいを考えてからスタートするのだろう。こいつにはこういう能力、それが後でこういう活き方をしてきて、なども全部考えているとはあまり思えない。億泰にガオンの能力を与えたのは何故なのだろうか。ひょっとして「立禁止」の看板の不気味さが全てだろうか(笑)まさか最後に猫草を吉良から奪い取る、そのくだりまで考えて始めたとはあまり思え…いや全く…

我が家のベランダにチュンたちが来ている来ている。嬉しい。米に引き寄せられてでもなんでも嬉しい。ツバメは来ないなあ~。まあ、近くのツルハに巣を作ってるから、そっちでいいや。

拍手[2回]

ブ男

言わずと知れた呼称でございます。ちょっと顔がいいだけの不良少年が、駄々をこねて檻の中にこもってたら見知らぬ外人がおじいちゃんに連れられてやってきて、この俺様を檻から追い出す気で居るらしい。絶対僕チンはお前らの言う通りになんかならないからな!てなもんで…
でも、3部の最初と最後の承太郎を見ると、こいつも成長したなあとしみじみ思うね。ホントに、最初は何も知らない、それこそ力が強くて背が高くて皆に一目置かれているだけの不良だったのが、旅の中で力をつけ技を磨き仲間との絆を深め、ついには最強の敵を倒すまでになった。その最初と最後を見比べると感慨深いです。
初対面の人に対して(そりゃあ自分がこもってようとしてるのを無理に引きずりだそうとしている、という事情はあれど)ブ男と言うのが、いかにも青くさい若造って感じがするよね。最後の頃の承太郎が同じような状況になっても、多分そういう事は言わないだろうなと思う。
そう言われたアヴドゥルさんがキレるとか根に持って怒るとかいうネタマンガを時々読みますけど、実際はあの人は、自分の顔の造作の美醜等に関しては全くの無頓着だろうなと思う。いかにもハンサムな男にけなされても、ムッとすらしないだろう。甘やかされた苦労知らずの若造に何言われたってこたえないわよね。そこら辺が、承太郎より遥かに年上な感覚がある。はっきり大人。日本人が精神的に幼くて外人が大人という点を差し引いても。
やっぱりアヴドゥルさんは三十過ぎよ。その方が自然だわ。無理して若作りしなくてもいいのよ。ね。
勝手に宥めております。「わたしは別に」←当惑
アヴドゥルと承太郎の会話シーンももっともっと見たかったなあ。出会いの時の話もしたんだろうな。なんか涙がにじんでくる。

拍手[2回]

映画ジョジョ観せられた

観たいなんて一言も言ってないのに。
以下ネタバレしますのでご注意ください。

バッド・カンパニーの描き方が良かった。ちっちゃい兵士が、日常的に見ている家具や文具の中をぬってこちらへ向かってくるという不思議な感じが、マンガのコマを見ている時よりもリアルに伝わって来た。そりゃそうか。
東方良平氏が良かった。当然ですが。くにむらジュンさん、ハガレンだの進撃の巨人だのにも出ている。借金でもあったんだろうか。ジョセフみたいにマンガ好きなんだろうか。頼まれると嫌とは言えない人なんだろうか。いいんだよ無理しなくても
東方良平氏が死ぬところ、原作読んでいてもアニメ観ていても「ビン持ったまま移動するだろう仗助!そんな危険なものどうして放置できるんだ」と思ったものです。ハッキリ、その部分はストーリー上の弱点だとさえ思う。もう少しなんか腑に落ちる展開にしてくれよと毎回思う。映画ではその点になんらかのうまい回答を思いついたかと思ったが、さらにひどい。ゲームに夢中で気付かないって。アホか。浮かばれないよ~~~例の、「治ったぜ。…おいじいちゃん、どうした、疲れて寝ちまったのか。怒るよ(略)子供の頃からしょっちゅう(略)傷は完璧に」のシーン、やっぱり声と動きがつくと胸にぐっと来ますが、あんまりな死なせ方をするもんだから同情する気持ちが半減した。
この映画は変質者や殺人鬼の性癖だとか性(さが)よりも、「家族のつながり」をメインに据えて描いているんだね。アンジェロの殺人も自分の親になってたし。それはまあ、形兆の死を最大の盛り上がりに持ってくる以上、そうだろうな。DIOの存在がないため虹村父がどうしてあんな姿になったのか説明がない。そのことは、虹村父がDIOという男の手下に成り下がって大金を手に入れ、DIOの死と共に自分も崩壊する報いを受けた、かつて兄弟を虐待しそして今なお虹村兄弟にとって捨てることの出来ない重い思い重石となっている、のあたりが一切ないわけです。写真が治って泣いている姿を見て「可哀想に」一辺倒になってしまったら、ちょっとそれは違うと思いました。非難されるだけのゲス野郎の心の奥底にたった一つ残っていた良心、のあたりがイイのであって。「殺すスタンドじゃなく、治すスタンドなら、一緒に探してやってもいいぜ」という仗助の言葉の重さとか。形兆の涙の重さとか。
シアーハートアタック出てたねえ。音石「えっ」一体何部作にする気でいたんだろう。次で吉良出そうとは思ってたんだろうな。いいよ、作らなくて
由花子さんはただの怖い彼女になっていた。目が怖い。黒目が小さいのかな。次あったらもしかしたら戦ってたかもね。
康一くんはたたずまい合ってた。でも、どうしても、年取り過ぎだな。無理だよ高校生の役はいくらなんでも。もうちょっと若かったらぴったりだったね。この康一が吉良にいたぶられて最後に「お前はバカ丸出しだッ!」てキレるとこは観てみたい。
億泰はなんか目がキラキラしてて笑った。よく、ベルばらチックとかガラスの仮面風に描いたおふざけの絵があるけど、ああいう感じ。「億泰…恐ろしい子!」
仗助は、演技力うんぬん以前に主役の迫力というか画面にバーンて出る感じが無くてなあ。あと、あの頭のふんわり部分。ポンパドゥールていうのね。リーゼントは後頭部の、左右からぴっちり合わせたところを指すんだって。ポルナレフもリーゼントってことになるのかな?それはいいんだけど、あのふんわり部分と、顔のバランスがなんか原作と違ってて、顔と分離してるっていうか…顔との大きさのバランスが変ていうか。要するにあの髪型の再現は難しいんだなって話でした。
そして。
じょうたろうおじいさんがもうなんていうか、おじいさんそんな歳なのにどうしてそんなかっこうしてるんですか?おじいさんなんだからもっと落ち着いた服着ていいんですよ。おじいさん歳いくつなんですか?間違っても二十代ではないですね。三十代でもなさそう。ジョセフと英語で喋ってましたね。ココ塾で英語力を磨いたのかな。
外人の不倫で出来た子供だとか、年上の甥とか、原作知らない人は「なんでそんな無理のある設定にしたんだろう。あとあと起こる事件と関連があるんだろうな」と思うだろう。ないんだよ。
スペインの街並みは杜王町と合ってたよ。「ああなるほどね」と思いました。こういう感じを求めて海外にまで行ったんだね。最初に海外ロケって聞いた時はなんで日本の中小都市の話をスペインで撮るんだよと思ったけど、確かに原作のあの街を日本のどこかで撮影するのは難しいかもね。虹村宅とか高校とかイカシてた。
スタンドの描き方は確かに「進歩したんだなあCG」と思った。

えー…観終わって思うことはお願いだから3部の実写なんかに手を出さないでということでした。はい

拍手[2回]

今日のいて座

我が家の朝はめざましテレビを視聴しています。理由はありません。前から観ているから、というだけです。アナウンサーがバカみたいに仲間うちできゃっきゃはしゃいで変顔したりキャラ作ったりしてて「いいからただニュース読め」と思いながら観ています。まあどこの局でもそう違うまい。
この頃なんだか画面に出てるテロップが結構な頻度で間違ってるんですよ。ヤフーニュースで、めざましテレビででずにーのキャラの名前を3つも間違っててファンが激怒とかいうのを見かけましたが、まあそういう間違いも多いですが(観ていると『さきほどのナニナニが間違っていました』とアナウンサーが言うことがしょっちゅうある)単純に、誤字が頻繁にある。てにをはが変だったこともあった。本当だよ。これ、一応は公共の番組であろうに。新聞やテレビではそういったことは絶対にないとされていた時代もあった気がするのですがね。もはや朝のニュースショーなんて、チェック機能に関しては個人のブログや動画とそれほど違わないものになっているのか。
で、言いたいのはそういうことではなくて
めざましテレビでは星座占いをやっています。他の局でも似たようなのをやってるのかな?
今朝のワースト12位がいて座だったのです。観た瞬間「ええ~~~」って言ってるポルナレフが目に浮かびました。
『うまい話に騙されるかも。うかつに話にのらないで』ぴったりだぁ~。ポルは美人が寄ってきて「あなたってステキ」とか言ったらすぐアレですからね。今までも騙されてお金取られたりしてきたんだろうなあ。全くもう。
今日のラッキーパーソンが『変な寝癖の人』「これ完全に花京院のことだよなあ」「何を言ってるんだ。これは寝癖じゃないっ」「寝癖じゃな」「寝癖だぜ」「寝癖だな」「アギ」「あなたたちまで!」花京院にラッキーにしてもらってちょうだい。
今日の運気回復メニューが『かっぱ巻き』あらやだ!もう完全にアヴさんと2人向かい合って座ってかっぱ巻き食べてるとこ想像しましたよ。「へえ~これがなあ。これのどの辺がカッパなんだ?」「カッパはきゅうりが好きだという言い伝えがあるのだ」「ところでカッパって何だ?」「日本の妖怪だ」延々と話しながらむぐむぐ巻き寿司を食べ続ける。フフフ。
そしてっ!今日の回運のおまじないが!『鏡の中に映っている自分に向かってウィンクする』
あ~っすごくポルっぽい!もう聞いた瞬間、顔を洗って顔を上げ、タオルで顔を拭いながら洗面台の鏡を覗き込み、「ん~今日もイイ男だぜ!」なんつってからウィンクして笑う一連が見えまくりました。イイ、イイ!
鏡の中っていうとJガイルを思い出しもしますが、この際あの野郎関連は終わった後ってことで。何なら、鏡の中を覗くと後ろからやってきてこっちを見ているアヴさんが映りこんでいて、それに気づいて「お」なんて言ってバチーンてウィンク飛ばして笑う。その顔がすっごい男前でセクシーでおっとな~で、アヴさん正直ドキリとするんだけど、「わたしにウィンクしてはまじないの効力がないぞ」「あっそうか」なんてやりとりしてごまかす。自室に引き上げてからまた思い出してちょっとモヤモヤしてドキドキするアヴさんであった。でへへ。
星占いはいつも、自分より彼や彼らの今日の運勢は…と思って見ているのですが、今日はホントどんぴしゃりでしたという話でした。

拍手[3回]

生まれ星座

あなたの好きなキャラは生まれ星座や誕生日などの設定があるでしょうか。
結構ある気がするな。私の好きなキャラは大体が設定されてる気がする。なんとなく漠然と言われている「ナニ座は、こういう性格」などを当てはめて決めてるのかな。だよね。全く関係なく、「ただ、なんとなく」では決めないよね。…どうなんだろう。
おうし座は必ずガッハッハって笑う猪突猛進で田所迅みたいな人という設定ですが、雄牛だからなの?随分短絡な気がするが
私はそのキャラの生まれ星座や誕生日設定を聞くとやっぱり、そのキャラが生まれた日や、ものごころついたころの誕生日の風景を思い浮かべる。大概そうか。冬生まれだと特に、雪が降っている日にプレゼントをもらって嬉しそうなあの人の子供時代、なんてのを想像してにっこりします。
というわけでポルが初雪の降った日に生まれた、なんてロマンチックはどうですか。旅が終わって一緒に暮らすようになってから、そのことをポルの口から教えて欲しいな。
ポルも仗助くんみたいに派手なセーター似合うと思うな。マフラーも可愛いと思う。ミトンも可愛いと思う。ぜひ冬のフル装備で鼻赤くしてはしゃいでくれたまへ。あーーー可愛い。

拍手[1回]

アヴポルイベント

やったーカメオの島ステージだ!偉いぞ、DR!
ガシャのシブさは渋柿以上だが、でもこの妙なアヴ贔屓っぷりが嬉しい!
星6なんて出るはずもなく、来たのはサンタナだけど構わん。
関係ないんですけど、「アヴさん欲しい!ポル欲しい!カーズ様欲しい!エッシー欲しい!」等々言いながら回すと、必ずと言っていいほどサンタナかシュトロハイムが来るのである。来るったって星4ですけどね。メキシコのいやがらせコンビ。
もうね、いいんです。狙って出るもんじゃないことは人生訓のごとく身に沁みましたので。そんなことよりイベントだ!ステージだ!
あのトラック野郎みたいな頭のカクカクポルナレフと、止まってるアニメ画と、中途半端なセリフを堪能しました。誉めてるように聞こえませんか。誉めてるんです。この季節外れにアヴポルイベントやってくれただけでもう充分。嬉しい。
敵のボスがアヴドゥルのステージではわざわざお友達の中からポルナレフの人を探して、私の持ちキャラは康一くんなんですけど、ついうっかりアヴドゥルさんを倒してしまわないように気をつけて「くらわせろACT3!」ボスはまだだよね…「すごいぞぼくのACT3!」うんうんそうだね、そろそろ3ステージ目だから気を付けてね。一人一人ゆっくり倒すよ康一くん。「すごいぞぼくの」あっボスだ!康一くんひっこめ。お友達レッツゴー!「この俺が貴様を絶望の淵へブチ込んでやる」あっでもアヴさんのこと倒せなかった。ああ~んそうよねえ~、アヴドゥルに致命傷を負わせるなんてこと出来ないのよねポルナレフ!あぁ~もう、くのくのくのくの!仕方ないから康一くんにとどめを刺してもらって、リタイヤ!「すごいぞぼくのACT3!」はい、はい
でも、トラック野郎の角刈りカクカクポルナレフがちゃんと涙を流して、「3つめの…第3の願いだけは本物だ…かなった…」を言ってくれたのでとても嬉しかったです。うふふ。
いやしかし、なんでこの時期にアヴポルイベントやってくれたんだろ?私の願いをカメオがきいてくれたんだろうか?だったら私のとこにアヴポルメダルじゃんじゃんよこしてよ!「いやーだよぉーーーん」
まあそれはいいけどさ。もう期間終了まで周回するぞ!あっそうだこの前もらった白ドゥルさんとか、まだあんまり育ってない星4のアヴさんとポルでも行ってみよう。いたるところにアヴとポルが。祭りだ祭りだ。踊れ踊れ。画面のすみっこでいちゃいちゃしてるのが何組かいるんじゃないのか。多分居ます。
「あっちで戦ってるぞ。いいのか」「いいから気にすんなよ!岩陰行こうぜ」「死体が舌を伸ばして攻撃してきているし」「気にすんなって!お前らうるせーぞ」がんばれポルナレフ。
時々こういうのやってね!よろしくねばんだいなむこ!応援してるよ!

拍手[0回]

ボムドゥルさんとかシーザーとか

そういえば先日のプラチナリングプレゼントで、アニメのエンディングに出ていた左手が右手のアヴドゥルさん。全くもう。Jガイルかと誤解されちゃうでしょっ。しっかり描いてよ!でも決めポーズのポルナレフも左手が右手なんだっけか。自分がJガイル化してどうするんだ。しっかり描いてよアラキ先生。
とにかくそのアヴドゥルさんを配布していたのでいそいそともらってきました。わーい念願だったんだ~。嬉しいな。憧れのファイヤーボム~。
でも、ファイヤーボムって、アヴポルメダルやエシディシが持っている「こっちがアイテムにぶち当たると敵へのダメージになる」アビリティとは相反するというか、効果がカチあうよね。むむ。
あと、今配ってる老ジョセフとシーザーのコンビしぶいねえ。私はあまり、部を超えた組み合わせでの話には燃えない方なんですが、この組み合わせにはグッと来たのでした。シーザーってジョセフよりちょっと年上なのがいいんだよね。それがいつしかこんなにジョセフが年上になっていて、でもやっぱりシーザーが年下のおとうと弟子扱いするようなシーンがあったら泣いちゃうよ。あっそうそう、ツェペリ男爵とシーザーのコンビメダルも嬉しかった。同じ帽子かぶってるの~なんならスピードワゴンとトリプルでどうだ。
ダービー兄弟メダル欲しかったけどもう手に入らないだろうしな。ディオとジョナサンのコンビメダルってないんだっけ?あった気もするな。ふたりが共闘するところ見たかったな。物語の展開上あり得ないんですけどね。共闘できるくらいならジョナサンはあんな思いしなくて済んだんですから。
個人的にはカーズとエシディシのコンビメダル出してちょうだいと願う。なんでないのか逆に不思議。あとサンタナって誰ともコンビになってないのが不憫です。そのくせDRではやたらと最初っから出してもらってて、それも不思議だった。

打鍵進んだ。あー楽しい。そのうちアップします。

拍手[1回]

色塗りアプリで

作った絵です。
出力できた。見てやって。



ガギガギですけど、なんとなくわかりますね。
顔のとこアップにすると怖いけどね。
今は張り切ってアヴさんの色塗りをしています。楽しいな。キャッキャッ

ジョジョSSで、ストーリーモードの第1部がなんか知らんがそっくり同じ内容を3回見せられた。こっちはプラチナリング欲しさに頑張ってやりましたけど、飽きたなあ。
でも3部だったらそうでもないかも知れない。何度も観られて嬉しいかも。前に、アニメと同時進行のストーリークエストがあった時、カメオの島辺り嬉しかったもんねえ。
しかしなんでアヴさんとポルのメダルは喋らないのかね。喋ってよせっかくのコンビメダルなのに。
これはぜひとも連れションメダルを作って、「笑え笑えポルナレフ」「こんな下品なこと思いつく奴じゃなかったのに」「わはははは」のセリフと共に敵を撃破していただきたい。

拍手[1回]

  

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2
6 9 11 12
16
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[03/30 ライカ@管理人]
[03/30 たみや]
[01/06 ライカ@管理人]
[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]

最新記事

(05/20)
(05/19)
(05/18)
(05/17)
(05/15)
(05/14)
(05/13)

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]