忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

カテゴリー「ルパン」の記事一覧
  • « PREV
  •  | HOME | 
  • NEXT »

血煙の五エ門観てきた

ネタバレまくりです。

「まさに石川五エ門」という姿でありました。原作初期や、旧アニメ版の五エ門。抜き身のような、収まる鞘のない男。剣一筋、故にその剣で完膚なきまでに叩きのめされるともはや生き永らえることも出来ない。あの修行の数々が本当に、「修行のポーズ」でなく、死ぬ寸前まで自分を追いつめることで、鉞の一撃をかいくぐって相手を斬る道筋を探すための手段になっていました。まさかりってこう書くのね…鉞ね。
今回の敵は本当に不気味だった。もしかしたら何をしても死なないんじゃないかと思わせるようなタフさ。誰なのか巨大な権力をもった人間の手先になっていて(最後までそれが何者なのかわからない)、ターゲットを執拗に狙うその執念深さ。全く関係ない人から見ると健啖家で気のいいおじさんにしか見えない。でも、決してそうではないのがじわじわとあちこちからにじみ出てくる怖さ。相手を殺すことを「剪定」「伐採」「土に返す」のような言い方をするところ。今まで出てきた、銃や刀などを振り回す「非情な」敵とは、一線を画す怖さをもっていました。
あの、二度目に遭遇して五エ門を吹っ飛ばした姿は本当に、五エ門が、敗北のイメージを植え付けられて、それを撥ね返せないのも無理はないと思わせるものでした。もしかしたら、ルパンなら勝てるのかも知れないけど、多分騙し討ちとかね。でも、ああいう形で負けた五エ門が、自力で勝たなければもはや死んだのと同じだということを、ルパンがわかっていて、ゆえに手を貸さないというのは、大変納得がいき、またそれをわかっていて感謝する五エ門なのが、観ていて嬉しかった。木が貫通しているルパンの腕痛そうだったな…
痛そうと言えば。
あれです。「痛そうなのは苦手」という方は、この映画は観ない方が宜しい。久々に、アニメを観ていて、「ヒィー!」という思いをしました。あんな痛そうなシーン、よく考え付いたな。腕を大根みたいにぶった切るのならまだ、ありますが、あれはもうたまらない。思い出すとぞわぞわする。大昔の漫画で「狼少女ラン」というのがあって、主人公の女の子が敵に捕まって、ナタの類の刃物で切られるシーンがあり、トラウマもののコマだったのですが(確か夢だったのかな?)あれのひどい版です。何を言ってるのかわからないかも知れませんが。手当をして治るような怪我ではないよ。五エ門はもう刀を捨てる気なのかなと思ったよわたしゃ。ケガしたあと普通に刀持ってたけどさ。変だろう。一切なにも出来ないよあんなケガしたら。ひょっとしたら死んでるようなケガだよ。
最後、敵に「自分が首を斬られた」「斬られてもおかしくなかった」という十分なイメージを見せて、戦いを収めるというのは、納得がいきました。てっきり私も首を斬りおとして、ようやく相手を止めてやるのかなと思ったんですがね。でも、最後の五エ門の小理屈みたいなセリフは要らなかったんではないかなと思いました。人によって違うと思いますが。
銭形がすごくかっこよかった。今回は公安ですか。プロで職業人で男で警察官で、とても素敵だった。ルパンやホークとの関係も大変よろしかった。銭形が良ければ大体良いんですね。銭形を良く描けるということはルパンが良いということで、つまり全体が良いってことだ。
動きはとにかくよかった。出てくる人物、顔に傷のあるヤクザの幹部や手下ども全員良かった。惚れ惚れした。五エ門がヤクザの二代目以外全員斬り殺すシーンすごかった。初代、五エ門に入れ込み過ぎててなあ。五エ門五エ門うるさい。あれで皆腹立てたよね。もうちょっと古参の部下を立ててやりなさいよ。痛めつけられて弱ってる五エ門の身体つき、手首とか肘から先が華奢にすら見えるのがなんとも言えない。色白だし。パイロット版みたいに色黒でもよかったのに(笑)ラストの、銭形とやりあう姿が「吹っ切れた」感満載で清々しかった。でも、治るのかあのケガ。箸も持てないようなケガだと思うんだが。しつこいけどホントに。
コバキヨさん。警察24時のナレーションなんかは特になんとも思わないんだけど、次元の役はちょっと正直、老けたなあと思わざるを得ない。聞いててしんどかった。チンピラヤクザの方が余程はつらつと聞こえるんだもの。

大変とても非常にいかすルパン作品でした。スクリーンで観られて良かった。

拍手[2回]

PR

石川五エ門楽しみだ

本日3回目の日記です。
次元に引き続き今度は五右衛門なんだ!うぉーっかっこいい!久々に血が滾った~
あ、五ェ門ね。私は「五右衛門」の表記が一番好きなのでそう書いているのですが。
やっぱこの原作旧版、初期版、完全トレースな感じの絵が好きだなあ。この絵が動くっていうの、嬉しいです。そして前回の「次元大介の墓標」で一番嬉しかったのが、五右衛門が出てないってことなんです。誤解を生む言い方になってしまいますが、話に必要でないから一切出さないっていうのは、とてもそのキャラを、その世界を大事にしているってことだと思う。
そして石川五右衛門って、あの「ルパン三世」の世界でないと存在できない人だと思うのです。これもなんか誤解を生む言い方ですが、だってね、着流しの上に袴つけてね、あの髪型で、仕込み刀持ってるんだよ。現実世界にはいないでしょう。いたら変でしょう。ルパンの実写映画の予告観たけど、あれの五右衛門とこだけやっぱりコスプレの人みたいになっていた。ああそう飛燕やった人ね(笑)60年代や70年代にはそういう人が沢山居たんで普通でした、ってことでもないと思うし。まあ、原作が生まれた時代背景と一番濃密に結びついているのは五右衛門かなと思いますが。
五右衛門ってそういう、あまりしない扮装とか、あと「またつまらぬものを斬ってしまった」とか「武士道とは死ぬことと見つけたり」とか、女アレルギーとか、記号の部分が多いので、もっと彼の信条とか、曲げられない、譲れない芯の部分とか、口にはしないけれどもヒリヒリと痛いコンプレックスとかをちゃんと書いて欲しいです。ちゃんと描けるのなら出してくれというか。ただ出て来て刀振り回して罠とかヘリとかをぶった切って「またつまらぬものを」って言って去って行ったりおんなに迫られて赤くなってるだけなら出さないで欲しいの。原作の、不治の病に罹ってる少年の復讐譚とか、斬鉄剣に勝る剣を打ちたいじいさんのためにひと肌脱ぐ女子高生とか、あとびっくり仰天な話も多いけど傑作もあるパートⅢの成龍の話、あれ切なかったなー。2人で切磋琢磨していた時代の成龍と五右衛門が見てみたかった。ああいうのとか、あるいはマモーのラスト近く斬鉄剣がボロボロになってうなだれる姿とか、旧ルパンで百地三太夫に「ルパンならわしを殺しただろうがお前には出来ない、それがお前とルパンの差だ」って嘲笑されるところとか(その後でニヤリ笑って「ちげぇねぇ、良いこと言うぜ、おまえさん」って平気で銃で撃つルパンのかっこいいことかっこいいこと。その後でプライドずだぼろの五右衛門に「お前をなんとなく気に入ってしまった」って言うあたりももう、この辺掻きむしるようです)そういう、打ちのめされて歯をくいしばる姿とかを観たい。と思ったら今回のフィルムはこっちの方らしい。期待する。
といっても私が観るのはかなり未来のことになるでしょうが、楽しみに待ちたいと思います。



今日はやっと休みだ~というわけでダダダダと打鍵しています。
くーがも外人も欝々。違う、打つ打つ。楽しいわ打鍵。そのうちあげます。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[0回]

次元の頭

いや、ヘアスタイルのことです。
御承知の通り次元大介は帽子を目深にかぶっています。それを取るとどんな髪型なのか。
旧ルパン(一番最初にアニメになった版でルパンが緑のジャケットを着ていて大塚なんとかさんとかパヤオとかの昭和46、7年のアニメ)の次元は前髪がモッサリとある。ありすぎるだろってくらいある。ドングリのヘタ部分みたいである。最終回の、ライフル磨いて笑ってる頭なんて、よく帽子かぶれるなと思うくらいある。帽子とっても前髪のせいで目が見えないだろうと思うくらいある。鼻もかわいらしい。鼻だけ見るとクラリスとそう変わらない(言い過ぎ)
新ルパン(一番有名なテーマ曲で長期(3年だか)にわたって放映されてルパンが赤いジャケットを着ているアニメ)の次元はオールバック。鼻が尖っていて目がするどくて、考えてみるとあれは原作に忠実なんですね。
子供の頃は新の次元の顔になじめなくて、あとオールバックそのものになじめなくて、旧の次元の方がいい、と思っていました。鼻が尖ってると当然のことながら鼻の下が長くなる。子供にとってかっこいい顔は鼻の下は長くないものである。
いつの頃からか、オールバックいいじゃん、鼻尖ってる次元かっこいいじゃん、セクシーじゃん、と思うようになり、新とか原作顔の次元がむしろ好きになりました。旧の次元は勿論イカスけどあれは顔の造作がかっこいいからではなく、言動とかポリシーとか立ち位置とか立ち居振る舞いとかルパンへの目線によるものである。偉そうに断言する。『脱獄のチャンスは一度』の次元は、あの回の誇り高いルパンと同じくらいかっこよかったですね。
最近の「峰不二子という女」とか「次元大介の墓標」とかは原作顔のままですごくかっこよかった。そう、アニメ製作者の腕が上がって、原作顔の次元をアニメでかっこよく動かすことが出来るようになってきたんだとも思う。新ルパンの次元は時々作画がアレになって、顔がコンバットマグナムな時もありましたので。ルパンとか五右衛門とかの色男顔、主人公顔は、作画が乱れてもそんなに痛手ではないけど、特徴的な顔だともろに脱線転覆するからな。
今度新しいルパンが始まるんですね。楽しみだなあ。北斗の拳イチゴ味と同じくらい楽しみだ(笑)
って、今!イチゴ味の声誰やるんだろと思ったら!サウザーを本家本元の銀河万丈さんがやるのもビックリだけど、ラオウの声!杉田さんがやるんだ!あ、杉田さんというのはくーがの杉田さん。松山タカシさん。うわあー楽しみさが更に増した。ラオウが杉田さんだって。ラオウが(笑)
話がイチゴ味に脱線しました。
次元大介という男は、実は結構作る人によって違う人物になっている気がします。俗っぽかったりセコかったり逆にやたらとニヒルだったり、非情だったり甘かったり。どちらかというと次元にどんな役割をさせたいかで次元の像が決まってくるような気がする
話によってはルパンにもちかけられた話を「ごめんだね」と蹴ったりもしますが、私個人は基本、次元は、儲けの額と無関係にルパンの斜め後ろに常に居て、彼のサポートをしてくれる男だと思う。それを嬉々としてやるのか、面倒だけどもう習い性になってしまった感じでやるのか、こいつの手助けをしている間は退屈しねえで済むくらいに思っているのか。それも、作る人によって変わりますね。
あとマモーの映画で、ルパンの頭の中を映像化した時に、不二子と銭形は出て来るのに次元が出て来ないのが、観た当時やけに寂しかった覚えがありますが、今考えるとルパンにとって次元は願望とか欲望とか脅迫観念とかいったものとは関係ないところに居るものなんでしょうね。居て当然、ともちょっと違うけど…
コバキヨさん大丈夫なのかなあ。アヴドゥルさんの頃に既に大丈夫かと思う感じだったもんなあ。大丈夫ですか?心配です。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[2回]

次元大介の墓標

観ました。
この、原作の旧シリーズチックな絵は私大好物です。はい。
2時間スペシャルのとある回とか、こなん少年とのコラボシリーズの絵柄は正直に言ってルパンとしての魅力は感じませんが、これとか『峰不二子という女』などの絵は好きだ。この絵柄でこそルパンを作るんだ!という譲れないものを感じる。
『峰不二子という女』も、絵はとても好きだったんだけど、不二子自体がなんかちょっと私にとっての不二子と違いすぎるのでパスでした
でもこの話はそういう面でのキャラずれみたいなのはなかったので嬉しかったです。次元が「世界一の早打ちは一人だけだ」だか「二人も要らない」だか言うんですが、次元はあまりそういうことにこだわってないんじゃないかな、と思ったくらい。
初期の2人なのか、ルパンに冷たい次元がとても宜しい。「お前とは仕事上のパートナーで、仲間なんかじゃない」というセリフにもえた。そう言われて「そんなこと言うなよ~仲間だろ~」なんては言えず、口を尖らしてあーそうかよ、勝手にしろ、と言うルパンも宜しい。青い感じで。そうそう、次元が時々「ルパン三世」って呼びかけるのが良かった。ちょっと他人行儀な感じが。
次元の墓の前で、「チャンスは一度きりだ。あいつと勝負する」と言い放つルパンの目つきがギラギラしていてとても男らしく、またプライドがあって、旧シリーズの初期の「脱獄のチャンスは一度」のあたりを彷彿とさせる感じで良かったです。次元のノーネクタイ姿の色っぽいことよ。そう、次元が死んだシーン見せられて、きっと何か裏があって実は死んでないのだろうと思いつつもびっくりして、動揺するルパンと一緒になって動揺しましたが、ルパンを狙撃しようとする男を逆狙撃する謎の銃弾!それを放ったのはなんと死んだはずの次元大介!という見せ場の次元がホントーに素敵でした。狙撃ポーズのかっこいいことかっこいいこと。観ていて声上げた。
次元が、あの女歌手の心意気に感じ入っていて、でも彼女を守れなかったことを心底悔やんでいて、彼女への悼みが彼を突き動かしている感じが、次元らしいなと思ったし、ルパンはそんな次元の気持ちがわかっているけれども、自分自身としては「まだ引き摺ってんのか?」という感じな距離感が、これまたルパンらしいなと思いました。マモー映画での「実際クラシックだよ、お前ってやつぁ」に通じると申しましょうか
そうそう!マモーが出ててわたしゃ本当に「うわー!」と声を上げてしまいました。嬉しい嬉しい。私マモーの映画本当に好きでさ。ルパンの映画の中では一番好きなんです。もう一度観たいな。
そして今回石川五右衛門が、無駄な出演をしていなかったのが大変うれしい。ルパンといったら5人出さなくちゃみたいな縛りに囚われていないのがありがたい。今回の話に五右衛門は不必要なんだから、出さなくていいのです。
ラスト、序盤で「お前の手は借りない、お前は単なる仕事上のつきあいだ」と言っていた次元と、ルパンの関係がすこーし変わった感じが良かった。最高機密のファイルを燃やしちゃって、それでお互いの煙草に火を点けて「うまいな」「ああ」と言い合う感じ、いいねえ。不二子もまあ大体通常営業の不二子だったけれども、ルパンが不二子のためなら何でもありになってないところや、ルパンの気概みたいなものを不二子が理解しているあたりがちゃんと出ていて、嬉しかった。
いやー、いいよね、ルパンと次元。相棒、相方、と言ったらやっぱりこの2人です。

打鍵しています。ぼちぼちと。
死神13が、花京院について「赤ん坊だと思って手加減している甘さが命取り」みたいなことを言ってましたが
花京院て、あまり、相手が子供だとか女だからとかで手加減する人ではない気がします。そういう手加減をするのは承太郎ではないでしょうか。
「僕はどうせ卑怯なメロンです」「おい落ち着け」

拍手[4回]

宝塚…

宝塚でルパンをやるんだって。
実写映画化の次はヅカ化だって。
一体なにがどうしたっていうの。
やふーでは「ルパンファンにはたまらない日々が続きそうだ」って書いてあったけど
真面目にたまらない気分だよ
いっそのこと歌舞伎でもなんでもやってちょうだい。好きにすればいいさ。ああ全く

それはそうと、次元大介の墓標は観たいです。
東京でしかやらないのね。それもほんのちょっとの間。
DVDになったら借りられるかしら。
峰不二子という女、は大体観たけど
不二子が奇妙に囚われ過ぎで重たくて、もっと颯爽として強くてしたたかでそれでいて優しいとこもある、という不二子であって欲しかった。
あと、正直、こばやしきよしさん老けたな…
今も変わらず好きだけどね。
次元はこばやしきよしさんしか居ないと思うけどね。
でも、老けたなあーとしみじみ思うの
こばやしきよしさんのアヴドゥル好きだったなぁ、頼もしくてセクシーで。
セクシーといえば
なやごろうさんのユパさま
家弓家正さんのクロトワ
大塚ちかおさんのノロイ
みんなセクシーですね!大塚さんはジョセフジョースターとどっちにするか迷ったけどね!
あとうしおととらのとらも!言い出したらきりがないけどね!

なあみんな、ルパンはアニメでいいじゃない…
どうしてそんな無茶をするんだよ~という話でした。フッ

拍手してくださった方、ありがとうございます!

拍手[3回]

ルパンの実写化

誰が許した!あ、原作者か
許さないでよ、モンキーさん…
もう全てのマンガやアニメの原作者は許すなぁ!自分らの大事なものだろうに

もうね、どこの誰を連れてきて作ったとしても、新春かくし芸大会の「マチャアキのルパン」あるいは念力珍作戦と大差ないものにしかならないって、決まってるだろうに
なぜわからないのだ。なぜ作る?
別にルパンでなくてもいいだろう。飄々としたスパイとか泥棒とか秘密諜報員を演じる誰か、その相方を演じる誰か、敵か味方か不明の美女を演じる誰か、その宿敵の体制側を演じる誰か、サムライかぶれの誰か(笑)
とかそのあたりでアクションものを一本撮ればいいじゃないか。だったら「ルパンテイストですね」って言われてそれでいいだろう。
なんで、「ルパン三世を実写化」するんだよ。しようと思いついて、そのまましちゃうんだよ。制作してる側は楽しいだろうよ、「だんだんルパンの顔になってきましたね」「あのシーンで何か掴んだ気がしました」なんて誉めあったりロケにいって「つらいけど楽しい」なんて大学の映画研究会みたいにキャッキャ喜ぶんだろうさ。大満足して撮り終えるんだろうさ。
でもそれをまがりなりにもルパンの作品のひとつに加えなければならないこちらの身にもなってくれ
泣けてくる

泣けてくるといえば
ジョーの
「死が私に追いついてしまう」
てセリフが印象的でした。必死で前へ進もうとしているのに、後ろから静かにしのびやかに決して急いだふうでもない、しかし確実に距離をつめてくるものがあって
顔の見えないそれがジョーの肩に手を伸ばしている、そんな映像を思いました
予告のヤエちゃんとジョーの別れもつろうございましたな。
よく、「誰それが号泣」て言葉を見かけるけど、号泣ってそんなもんじゃないだろうといつも思うのですが、予告のヤエちゃんの涙がもうばたばたと落ちて、
号泣はああいうものだよね

ゲッター打ってます。
もう今のままいくことにしました。ええ。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[3回]

ルパン三世について

今日はルパン。

私が最も初期に、好きで好きで気になってたまらない!状態になった対象です。つまり、かなり子供の時からはまったもの。
最初に虹創作をしたのもルパンだった。TVサイズ30分ものみたいな話だった。ああ恥ずかし
そして未だに好きです。見果てぬ夢のごとく。

自由で本能や欲望に忠実で、誇り高くておしゃれで助平で身勝手で、そして女に甘い。
本当は女の嘘なんて見破れるし裏切られる前に殺してしまえるのであろうと思う。でも、そんなのは粋じゃねえよな、で女に騙されひどい目に何度遭っても、結局許してやる。
そこらへんの度量の大きさが子供の時にはよく理解が出来ず、子供心にイライラしたものでした。「観ているこっちが、こいつ裏切るってはっきりわかるのに、どうしてルパンはうかうかと罠に落ちるのだろう?」
『いつもひどい目に遭うが、憎めないんだな。俺はカワイコちゃんに弱くてね』というフレーズを軽々と口に出来る強靱さを理解するのは大人になって、生きていくつらさや楽しさを知ってからなのだね。
そしてまたルパンはおそらく絶体絶命の状況に陥りたい願望もあるのだと思う。深い谷に張られた火のついた綱を渡るようにして生き延びたり、一発逆転する快感の中毒なのだろう。スリルのために全てを俺は賭けてもいい、という歌詞がありましたがそういうことなんでしょう。全ての義務から解放され、全ての命綱から手を放した男は、何も起こらない一日なんて耐えられないのでしょう。
何事もなく平和に一日が終わることを願って生きてゆく、いくつも保険のかけすぎて生活費が圧迫されて苦しんでるような毎日を送っている一般市民には、彼は羨望でありながら、決してなりたくはない存在なのだ。
でも前に私は自分がルパンが子供の頃(ジャリルという呼び名のようですが)になって、敵に追われつつ二階の窓から夜の街に飛び出してゆく夢をみました。あの解放感は今も覚えている。決して忘れないだろう、保険料を毎月払いながら生きていく中で。

ちょっと思い出
私が子供の頃は結構親の検閲が厳しく、キスシーンがあるというだけで没収され「もっと大人になってから読みなさい」と言われたものでした。
だがルパンの原作本はどういうわけか親の目を逃れたな。キスシーンなんて可愛らしいものではないのに。
どれかの話で、敵の女たちがルパンに迫ってきてナニしてる最中のルパンのセリフ
「まずいぜ…この女ども、俺の性感帯を知り尽くしている」
その当時意味がわかりませんでしたな。はっはっは。ルパンのせいかんたいはどこですかね。すごい性教育だな。
関係ないですが子供の頃「火の鳥」を読んでいて、「私、牧村さんとは肉体関係はなかったわ」というセリフがあって(宇宙編ですね)どういう意味かわからず首をひねったのを覚えている。
その後何度も読んで、いつの間にか意味を知っていたのも覚えている。いつ知ったのやら。

脱線しましたが
私マモーとの戦いの映画が好きでねえ。ルパンでどれかひとつ、と言われたらあれを選ぶかも知れない。
次元がいいし五右衛門がいい。銭形もいい。文句ない。銭形がいいだけでオッケーサインを出すよ
「実際クラシックだよ、お前ってやつぁ」て次元に言う時のルパンの顔がすごい好きだ。
あとルパン三世のテーマっていろんなバージョンがありますが、あの映画に使われたやつ、テレビだとルパンがビリヤードしてるところから始まるやつ。あのバージョンが私一番好きなんですよ。あれ聴くだけでなんかこう、黙って泣きそうになるくらいで(笑)

次元は帽子がないと銃が撃てないとか、斬鉄剣ではこんにゃくが切れないとかの話が新ルパンにあって、それを信じ込む人もいるんだからそういう勝手な設定を製作側は付加させるな、と怒っている文章を読んだことがある
気持ちはわかるんですが、私はその回を観ていて、「そういう設定での回なんだな」とスッキリ納得して観ていた。「そうか、次元は帽子のつばで弾道を見切っていたのか!」なんて思い込んで「次元は帽子がないと撃てないんですよ」と得意げに語る、なんて人が居るんだろうか?と思ったものでしたが…居るのかな。

山田康雄さんのこととか、まだ話したいことがありますがまた今度。
ワルサーとマグナムのプラモデル作ったよ~作りまくったよ!あーまた作りたくなったな。買ってこよう。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[5回]

  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5
12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]