忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

カテゴリー「大河ドラマ」の記事一覧

なおとら

去年の大河は大当たりだったようですね。いや、私は一回も観ていません。初回を見逃して、それっきり一年間観なかった。面白かったようで、観ればよかったのは重々承知の助ですが、観なかったものはしょうがない。
清盛とか八重たんとか龍馬伝は観たんですがね。あの学芸会みたいだった江姫すら観たというのに。ひどい言いよう
で、今年は初回を観たのでずっと観ています。なんか、おとなになった途端、いきなり三人の年齢差が開いた気が。おとわ様だけまるで母親役になったくらい老けて見える(笑)わたしだけだろうか。
みうらはるまに恨みはないんですが、永遠の0の時ものすごいオーバーアクションだったのと、あと観てないけど進撃の巨人の誰をやったんだっけ。ひょっとしてエレン?仕事は選ぼうよ!
と言う訳で私個人はあの気の毒な鶴光、ではない、鶴…なんだっけ。の方を応援している。いろんなものに挟まって苦労して年より老けて見える気の毒な鶴光。違う。つるこうでおま。がんばれよ、大丈夫だ。おとわ様の方が老けて見えるから。私だけかなあ…
柴崎こう、どろろやってたっけなあ。あんなにあからさまに「続編で回収するよ!観に来てね!」な終わり方だったのに、続きは永遠に作られないのだ。それって意図してはいないにせよ、ちょっぴり詐欺では?いつだかディケイドが「続きは映画館で!」な終わり方したら責められてたけどさ。似たようなものではなかろうか。
話が逸れましたが
大河でやる有名人ももういい加減ネタが尽きたよなあと思う。秀吉なんか何人演ったよ。それでですね、提言ですが、イザナギとイザナミの国つくりそして恐怖の夫婦喧嘩とか、スサノオVSヤマタノオロチとかあのあたりをやってはどうでしょう。結構面白いと思うんだぜ。ウズメちゃんのお色気シーンもあるし。

打鍵しています。いちゃいちゃしている。いいっすねいちゃいちゃ!ウヒヒヒヒ
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

PR

実家に

避難して数日経ちました。何からの避難かというと私は夫のインフルエンザから、夫は私の風邪からです。私の母親がこうむる被害を思うと申し訳ない限りです。でもお互い伝染しあうこともなく、母親に伝染すこともなく終息を迎えそうです。良かった良かった。
帰宅して眼前に広がる我が家の惨状を想像するとグッタリですが…

で、実家で大河ドラマを観ました。
なんで隠れてこっそり見てるのに必ずと言っていいほどバキッとか音を立てるのかね!音をたてずに覗き見するのってそんなに難しいかね?腹立つわ~。
「曲がった事が大嫌い、よ~し~だ松陰です!」
イセヤなんとかさんの兄が原田たいぞうって、歳が逆転して見える。大志とか情熱とかいろいろあるんでしょうけど、この前の回を観ただけだと単なる嘘つきのワガママ男に見えた(笑)
ながつかなんとかさん、いつの間にか茶色くなったなあ、ビックリした。あんまり茶色くて。
そして私は歴史上の人物で一番か二番にカッコいいと思う名前が「くさかげんずい」なのですが、あのひとがくさかげんずいか。名前負けしてないか~
でも歴史上の人物ってカッコいい名前多いよね。口にするとイカす~って思う。杉田玄白とか、勝海舟とか、坂本龍馬なんてのもカッコいい。案外、その当時では「あやつ、キラキラネームでござるな」みたいな陰口叩かれてたりして。
関係ない私の持論なのですが、F1レーサーって結構凝った名前の人が多いじゃないですか。亜久里とか琢磨とか可夢偉とか右京とか。子供にそういう一癖ある名前をつける親は、まだ小さいうちからカートに乗せたりとか、人と違う環境を提供するって事が多いんじゃないかなと思ったのでした。
歴史に残るようなことを成し遂げる人の中にも、そういうタイプの親だった人が居るかも知れない。何百年も経ったら、歴史の教科書に「伊藤寿亭夢」とか「高杉☆歩絵夢」とか載るのかも知れない。

あー早く打鍵できるようになりますように。あとジョジョ早く観たい(涙)まだ25話すら観てないんだよ。な、なんか噂ではあの写真を撮るシーンがあったとかなんとか。ヒェー
拍手して下さった方、本当にありがとうございます!嬉しいです!

拍手[4回]

・・・拍手コメントくださった方へ

天下を取った後

貧乏大名だった頃にはあんなに仲良く皆で心ひとつに頑張っていたのに、権力を手にするにつれ必ずといって良い程部下の言葉に耳を貸さなくなり、勝手に自分の座を狙っているのだと思い込んで処刑するようになるのね。
中には居ないのかねえ。天下を取った後でも「これはどうするのが一番良いのかのう」「殿。それは」「よし、わかった。そなたの言うようにしよう」ていう、征夷大将軍。
「朝鮮を攻めるぞ!」「殿、おやめください。諄諄」「ふーむ。よし、わかった。やめよう」ていう、ひでよし。
今回は言うこときいてくれたけど、見ていてヒヤヒヤした。怖い。いつ、笑顔がすーと消えて静かな声で「きさま、口が過ぎるな」って言い出すかわかったもんじゃない。
見ながら「やめとけ、ズンいち!」と画面に向かって叫びました。
しっばったっきょうへいもいい歳の取り方をしましたな。なかむらとおるも同じ感じでいい歳の取り方をした。あぶない刑事のオープニング曲は好きでした。かっちょいい。
シンケンレッドの、気持ちだけ空回りみたいな感じがよく出てた。
しかしドラマの老人は日なたぼっこをして満足げに空を仰ぐと必ずそのまましぬる。死亡フラグといっていいくらい。天地人もそうだった。つまぶきもその父親も満足げに空を仰いで日向ぼっこデッドマン。でも、あんなふうに死ねるならいいわねえ。本当。

すごい雨だ。明日の朝までに止んでくれないか~
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[2回]

・・・拍手コメントくださった方へ

菊人形のヤエちゃん

二本松の菊人形に行ってきました。
今年はヤエちゃん。

ちょっと、アヤセはるかを意識しているようないないような。
隣には旦那様もいたのですが…



これはおだぎりじょーというよりはどう見てもワタセツネヒコ。
どうしてこうなった。

なぜか、犬を連れているにいじまじょーであった

別のコーナーにはさいごうタノモもいて…

これは完全にニシダトシユキを意識して作ったな。と思いました
いよいよ謎だよ、ワタセツネヒコのにいじまじょーが。
おまけの馬

ブヒヒン。
これ、多分以前見たいろんな大河ドラマの菊人形で毎回使われてるんだと思う。
ご苦労様です。

ヤエたんの兄貴もいたのですが写真撮るの忘れました。
しかし兄貴、二人奥さんもらってどちらとも生き別れかい。
鉄砲構えて「一発もはずしまへん」と叫ぶ思い出のシーンが悲しく懐かしかった。あの人はあの人なりにがんばってたんだよねあの頃。
「あんつぁま、気をおとさねえで!なんだしたそんなしょぼくれた顔で!チクビもうなだれてるでねえか」
「チクビは関係ねえ」

いやあ寒くなったね!
皆さん風邪をひきませんように!
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[3回]

打つべし打つべし

ジョーが自分の手を杖が折れるほど打ってました。
あれはイイ話なのでしょうか。
キリスト教の考え方がどうとかいろいろ背景があるようですが。
私が、不服をとなえ授業をボイコットし挙句目の前で校長の一人SMを見せられた生徒だったら、悪かったと後悔するんだろうか。
ジョーさんの、痛みを堪えてホホ笑む控えめで穏やかでジットリした笑顔を前にして「イヤミなことすんなよ」と言いそうな気が(笑)
あと、やっぱり、嫁が自分の息子を呼び捨てというのは、親はムッとすると思う(笑)「ジョーさん」くらいにしておけ、ヤエちゃん。

今度2が始まるからだろう、リーガルハイの前期分の再放送をしている
私は「現実にこんな医者、弁護士、刑事、その他諸々の職業、ないし上下関係、組織、が存在するわけがない」と思ってしまうドラマはどうもダメなんですが、観た分に限ってはリーガルハイは面白かった。サカイマサトのキャラが非現実さ、突飛さを打ち消しているのか、舞台や登場人物の人間関係がとりあえずは現実的なのか、どっちなのでしょうか
サカイマサトというと、映画版のクライマーズハイの新聞記者の役で、死に物狂いで取ってきたネタを紙面に掲載してもらえなくて全身どろまみれの格好で主人公を睨み付けているすさまじい顔、を思い出します

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[4回]

・・・拍手コメントくださった方へ

ヤエちゃんとキュリー夫人

良かったですなあ。弾圧され迫害され職場から追い出される先生のため、一旦は親の言うことに従ってプイッとしていた娘が自分の意思で「ヤエ先生、ありがとう」で英語の歌を歌う。フランス、アルザス。フランス、アルザス。←違う
このクソ会津が、な罵声を浴びて「会津の者は簡単に恭順したりしねえのっす」みたいなことを誇らしげに言い返す顔が美しかったです。
そしてなにより彼女の意思と決断と行動に対し、手を伸ばし抱きしめてくれる夫よ。そうしてくれるか否かって、結構大きいよね。ん~、どんどんギュッギュしてあげて!かいぐりかいぐりしてあげて!あなたを誇りに思い、そしていとおしく思っていますってことを態度で示して!
あー、ゴダイ君の話書きたくなるね!グッ!(親指突き出す)さあ皆さんごいっしょに!「指圧の心、母心」なみこしが混ざってるぞ!

キュリー夫人がこの世を去る時には放射能物質が周囲に集まって「すごいっす」「見つけてくれてありがとう」「でも、あんまり我々を素手でいじくるのはやめといた方がよかったのに」「まあまあ。いいじゃないか」とか言っていたことと思います。
突然ですが。
何故突然キュリー夫人の名が出てきたかというと、ヤエちゃんにしてもキュリー夫人にしても圧制とか貧困の底からはるか上空を見上げて立ち上がる女性、ってことでした
子供の頃読んだキュリー夫人の伝記で、冬に研究していると寒くて寒くてかなわない、でも燃料もない。すると彼女は傍にある椅子を肩に担ぐのだった。その重みでなんとなく暖かく感じるから、というくだりがあって
子供心に、そのあまりの真摯さに打たれたのを未だに覚えています
キュリー夫人も車の両輪みたいに共に歩いてくれる夫が居てくれてよかったね。あまり長いこと一緒にいられなかったのも、ヤエちゃんと共通してるかな…

本屋に行く機会があったので探したがライダー本なかった。シクシク
もっとでかいところでないと駄目か?

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[5回]

新島ジョー

矢吹ジョー、おだぎりジョー。
じょーさんは邪険にされ突き飛ばされ地面に倒れ「やれやれ…」と悲しげに微笑みつつ起き上がる姿の似合う人だなあ。見ていてゴダイ君を思い出しました。
しかし前夫の最期のかなしさよ。詳細を聞かされたヤエが「今日は皆で嘆こう」と言う母に対し憤った顔で「まだ仕事があるから」と言って立ち去る気持ちは、なんかすごくよくわかりました。つらくて身を切られるようで、そして悔しくて腹立たしくて腹が立ってしょうがない気持ち。相手へも自分へも。
そして皆が泣いたり怒ったりしている中、彼の字の美しさとそこに篭められた決意の潔さに、ひとり会心の笑みをみせるジョーの顔が温かく、死んだ前夫になりかわってありがとうと言いたい気持ちでございました。
大地に伏して死者の声を聞こうとするのはちょっとひいたが(笑)ヤエちゃんも「この人、おもしれえ人だとは思うんだけんじょ、ちっとあぶねえぞい」と思ったであろう。
でも、ちょっと、急ぎすぎの感がある。もうちょーっと、ヤエちゃんとジョーが近づきあう時間と、出来事を丁寧に追って、作って欲しかった。
人間というもの国家というもの女性というものを柔軟で啓けた目で沢山沢山見てきたジョーが、ただ一人の妻として選んだのがヤエであった、そしてただひたすら城や会津や同胞のために戦い、寄り添いあいともに生きるはずであった夫をあんな形でなくしたヤエが、もう一度手を携えようと思ったのがジョーであったという、そのくだりは、なんなら5回分くらい使って描いても長くはないと思うのだが。
たかしま兄が「傲岸とはこういう顔」みたいなツラしてましたな。ヤエちゃんが居たら銃で撃たれてたぞ。
ヤソは駄目か。そこをひとつなんとか。皆でぱらいそさいぐだ。ふわふわ夢心地、ぜず~まかせ~
そういや先日、久々に阿部ちゃん主演の妖怪ハンター「奇談」を借りてきて観ました。ちょっといろいろ盛り込みすぎな気がする。
ジュリーが稗田礼二郎をやったヒルコも結構面白かった。あれもまた借りてこようかな。

えっ、リューキの小説も出たの?
クーガの方悶絶ものらしいから読まなきゃいけないんだけど。本屋に行かないと。
おだぎりさんの演技を見ているとふつふつとゴダイ愛がこみあげてきます。今度おともだちの本に書かせてもらうので、あの男をなんとか、うまく再現したいと念じております。というわけで夕べは風呂場でくうがの話を考えたねー。
リューキの話も2本ばかり途中になっているんですが、一回止めて、もっと短い、秘書語りに近い話を書こうかと思います。私一人称は苦手なの

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[6回]

新たなる八重たん

以前、姑と夫と三人で会津若松に遊びに行ったことがありました。このブログでも書いたかな?
その時姑が八重たんのマスコットを買ってくれたのである。吸盤で車のフロントガラスにくっついてぶらぶらぶら下がるやつ。大と小があり小さい方を買ってもらった。
それ以後八重たんと共に走っていたのですが
夏になり猛暑になりサンシェードを使うようになり、すると八重たんのマスコットがちょっと邪魔になった。で、助手席の窓ガラスにくっつけておいたのですが…
ある日ふと見たら八重たんの姿がない。まっつぁおになって探したがどこにも居ない。
どうやら窓からポトリと落ち、そしてドアを開けた時に外に転げ出たのであろうというわけで
駐車した場所などとりあえず探しましたが見つからず。や、八重たん…すまない…すまないと思っている。
で、どうするかと思ったのですが姑がふと「あの八重たんはどうしたんだい」と訊いてきた時、やはりちょっとそのう、まずいだろうということになり、ネットで探して買い求めました。送料やらで商品の倍の値段になってしまったが、まあ仕方がない。初代八重たんを旅立たせてしまったこちらの責任
二代目八重たんはもうルームミラーに貼り付けようかしら。邪魔でしょうがないぞ
しかし今は便利ですのう。昔ならあきらめるしかないもんね。ありがとうネット。ありがとうパソコン。
先週の大河、肝心なところだったのに「彼のオートバイ、彼女の島」なんかを観てしまったせいで観ませんでした。
リキ・タケウチのデビュー作だよ。若い。ぴちぴち。でも私は今の方が好きだが(笑)←笑って失礼だろう

パソコンといえば
私のパソコンはまだXPです。いただきものの2003年もの。
来年春までには買うしかないんだよね。やれやれだ。今度はパソ三郎か。
ところで、メモリーやハードディスクの容量はノートよりデスクトップの方がやはりデカいものなんでしょうか?それとも関係ないの?
初代のパソ太郎(2000年に買った。OSはMe)はハードディスクがなくなって今はただのオブジェと化している
キーボードの打鍵練習には使えるかな。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[3回]

デンスケ八重ちゃん

かわいいね。
鉄砲仲間との間に芽生える同志愛。観ているこっちは心中複雑だがおだぎりじょうへ近づく一歩だと思えばな。と思ったら来たぞ、姉さんかぶりのヤサ男。しかし何言ってるんだか聞き取れないぞヤサ男(笑)発音をしっかりしてくれ。
池田屋からひきあげてくる新撰組のドヤ顔がすごく嫌だ。今は、言いたいことを言ってもとりあえずは抹殺されなくて済む時代であることをありがたいと思わなければいかんな。
いやーん、城戸真司だよねあれ。きりっとした顔で打倒カタモリを宣言しないでちょうだい。シクシク。「打倒、神崎!」「真司くん…」「あ、いやその、別にそういうあれじゃなくてね」「腰が引けてるぞ」
そういやウルトラゾーンを観ていたら、ラゴンちゃんにラブラブアタックされるチャラ男の役でスガさんが出てたっけ。観ながら、ミラーモンスターに惚れられる真司くんの話などをチラと考えた(笑)「なんか、ずっと見てると可愛いかなって思えてきてさ」「シャーシャー」

で、イチジョーさんの話をずーっと考えています。
なんかだんだん現実現実ゥーな、せちがらい話になってきました。それもちょっとなあ。
「まずいな」「どうしました」「今月まだあと20日もあるぞ」せちがらいぞイチジョーさん!ズボンの尻にツギがあたってそうだぞ!

って大河ドラマのカテゴリで特撮の話ばっかしてすみません。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[2回]

ブライダル八重ちゃん

ああいう社会であれば、婚期が来たら周囲がいっせいに立ち上がって、家のつりあいとか、昔からのつきあいとか、バランスを案配した結婚話をがーってして、どんどんばんばん結婚していくんだろうな。
女は結婚するのに必要なスキル、裁縫とか料理とかを娘時代までにたたき込まれてあって、よし、あの家に嫁げ!はっはい、てな感じで嫁にいくんであろう。現代のように、「個人の趣味や仕事に没頭しちゃって」「全く出会いが無い」「つきあった&同棲したけど別れた」って形がない。それに個人で没頭するものがない。せいぜい八重ちゃんの鉄砲マニアくらい。
どちらがいいとか悪いではないんですがね。

カンヂヤが好きな相手が八重ちゃんを好きで、八重ちゃんは今のところ好きな相手はいないと。
でも来週その男が結婚してたな。誰と?
ああ~いいから早く八重ちゃん結婚してよ~でないとおだぎりさんがいつまで経っても出られないじゃないの。
なんか変なんですけど、今回の大河でおだぎりさんが初めて出る(第一回の冒頭は例外として)回を観るのがこれまでになく楽しみでワクワクする。正直わたくしおだぎりさんの出演作品をワクワクして待ちのぞみ、ワクワク最高潮で観るという経験は今までなかった気がする。「へえ、これに出てるんだ」程度とか、観ていたら出てきたとか、そしてガックリくることが多かった(笑)ガックリ大賞はムシシな(笑)
でも今回の大河はねえ、なんかやたら期待してきた。八重ちゃんのチクビ兄と絡みはないのかなあ。メゾンドオカマでも競演してたじゃないか。ひとつ頼むよ。西田としゆきと絡みはないのかなあ。西田としゆき、クウガに出て欲しかったな。突然すっとんきょうなこと言ってますけど
あと柄本明もクウガに出て欲しかった。

どうも私はいちかわそめごろうの顔を見るとつい笑ってしまう。はなはだ失礼だとは思うのですが
蝉しぐれという映画があって、若い頃を別の青年がやり、成人したところからそめごろうになるんですが、彼に変わったアップの瞬間に映画館で「ぶっ」と吹き出してしまいました。今回も御簾がするすると上がってそめごろうの真正面向きの顔のどアップで、わっはっはと笑ってしまった
歌舞伎役者としての技量はまったく知らないんですけれども、あの親子の現代劇や時代劇を見ると「面白味がないなあ」と思う。ああでも親父さんの方は「十三人の刺客」でちょっと見直した。仇を討つ代償に自分の命を捨てる覚悟を決めた人間てこういう顔なんだなと思った。
息子の方はまだ、アップの顔を見て笑ってしまうままだなあ。勝手なこと言ってますのでファンの方お許し下さい。

あと、次はゲッターを書こうと思います。ようし書くぞ!私もゲッター線出してうずまきの目になってドシドシ書くぞ!

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[2回]

  

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1
3 5
12 13 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]