忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

カテゴリー「妄想曲」の記事一覧

STAND UP TO THE VICTORY

あなたの脳内フィルムのBGMにお使いください。
川添智久の「STAND UP TO THE VICTORY」

前にこの曲について話したことがあった気がしたのですが、まあいいや。
Vガンダムのオープニングです。
ガンダム関係は良い曲が多いですね。DREAMとか、JUST COMMUNICATIONとかBelieveとか。Resolutionが特に好きでした。でも肝心の中身は全然観ていません。曲だけ知ってる状態。すみません。
この曲はアニメ本編をふまえて作った曲らしいので本編を知っていた方が曲の味わいが増すのでしょうが、知らなくてもそれなりに良い曲だと思う。テンポがよくメロディも元気でぐいぐい行くのですがサビから最後が切なく、そして歌詞がいいです。歌詞とメロディの相乗効果グループの曲です。例の、よくある、「譲れない自分だけの夢を抱きしめて」「輝く未来へと飛び立つ」「大人たちが失った夢のかけら」ではなく。

   その向こう側に何もなくても構わないから

   その向こう側に何があるのか誰も知らない

   その向こう側にたとえ悲しみが待っていたとしても
   信じて欲しい
   君の涙を見たくないから

目指す先のかなたが、もしかしたら良い結果、良い世界ではないかも知れない。今の自分が夢見ているものなんかではなく、今の自分を否定するものかも知れない。目指さなければよかったと思うかも知れない。でも、それをすべて覚悟の上で先へ、前へ進むのだ、という意志を抱いて、激しい雨の中ひたすら突き進む。あら、ゴダイ君みたい。
君の涙を見たくない、と言っている。君と幸せになる、ではないんですね。君との幸せな未来目指して、ではない。なんとなく予兆のようなものがあり、うん、はっきりした言葉にしないが何か覚悟をしている。もしかしたらもう自分は君とは別れるかも知れない。戻ってこないかも知れない。でも、君の涙は止めてみせようという意志をもっている。勝手な想像過ぎるかも知れませんが、そんな感じを受けます。うしお君みたい。
そこら辺の、明るいだけでなく、でも決して深刻ぶって暗くなっていない、微笑んでまっすぐに視線を上げている感じが、いいなあ、と思うものです。「その向こう側になにが」のところと「信じて欲しい」のところのメロディラインがぐっと来ます。
これはまあテレビの30分番組のオープニングフィルムを作るつもりで考えていただくとよろしいかと思います。あなたのお好きな誰かも、自分の大事な相手の涙を止めるために、あえて自分を捨てて苦難に立ち向かう心を持っているでしょう。大概そうですよね。誰が泣こうがどうでもいい人はあまり、「きゃーステキ」とは思わないんではないか(笑)

↓この曲
若々しく少年ぽい感じがよろしいね。



終わりのないディフェンスでもいいよ。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

PR

Shattered Dreams

あなたの脳内PVにお使いください。
Johnny Hates Jazzの「Shattered Dreams」

80年代に活躍したイギリスの方々です。ジョニーはジャズが嫌いという名前のバンドですね。日本人の耳ではただかっこよく聞こえるが、日本語だとどういうことになるのだろう。
「演歌 イヤ夫」とかだろうか。イヤ夫って言われてもなあ。やる夫みたいだな。
この人たちの曲はどれもイカス。反逆のヒーローもかっこいいしTurn Back The Clockも爽やか。中でも私はこの「Shattered Dreams」が一番好きです。
リズムの取り方が心地よくメロディラインがきれいだしサビの繰り返される部分が切なくなんていってもBメロがすごく好きだ。あのちょっと転調する部分。大人でムーディ~でセクシーです。
以前に「夜の曲というカテゴリーに入る曲がある」という話をしましたが、個人的にはこの曲もそうなのです。都会。摩天楼。ビルの谷間。見下ろすガラスの街。午前0時。スカイラウンジでグラス傾ける。煙草の紫煙。そこら辺。
歌詞は残念ながら、全編「君は僕のためなら死ねると言ったのに」「君がくれたもの くれたものは 粉々に砕けた夢 砕けた夢だけ」みたいな恨み節です。なので、歌詞はとりあえず置いておいて、夜の曲のアンニュイでム~ディ~でアダルティ~な雰囲気に乗せて自由にフィルムを作ってみてください。
上級者は歌詞に合わせて、ちょっとこの2人ではどうなんだみたいな組み合わせで考えて下さっても結構です。

こちらの曲↓
UKバージョンとUSAバージョンのどこが違うのだろう。なんかボーカルの声が違って聞こえるがまさかそんなことはあるまい。単に映像が違うだけだろうか。わかりません。
私の耳に馴染んでいるのはこっちだ。



拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

ステーションホテル

あなたの脳内MADにお使いください。
古井戸の「ステーションホテル」

昨日にもちらっと名前を出しましたが。
この歌のアンニュイさ、頽廃的な色気、おとなっぽさ。そう、『おとなの恋愛』の世界観が、なんとも言えず素敵な曲です。
三拍子に乗って呟かれる切なく温かいメロディラインもいいのですがなんといっても歌詞がいいのである。ちょっと、よこはま・たそがれチックなところもありますが。私の大好きな「夜汽車」も「一番列車」も両方出てくるよ。
この歌のふたりは確かに愛し合っているのがわかるのだけれども、なにか哀しい。逢いびき、むせび泣き、しのびあい、と言っているから決して万人に威張って言える間柄ではないのだろう。お互いに隠していることもあるようだし。「愛しあえたふたり」と言ってるのをみると、単に「好き」→「やろう」とはいかない関係であるようだ。
深夜とか、早朝とか、人々が自分の家でぐっすり寝ていたり、仕事に忙しく出かけていく、その隙間にこっそりとひっそりと駅のホテルで人目をしのんで抱き合っている、という印象があるし。
決して陽の当たる場所で手をつないで歩けないふたりなのだけれども、でも確かに愛し合っている。
だが、このふたりが不倫カップルだとかいってしまうのはつまらなすぎる。
やっぱり私としては、普段は仕事や戦いの場での仲間同士のふたりで、他の仲間たちの前では(略)
信頼と友情は確かにあるけれども、それだけではなく(略)
仲間たちが寝ている深夜に密かに(略)
略されっぱなしですがあなたの好きなあのひととあのひとが赦されない恋路に身を焦がして、せめて今夜だけでも、というあれやこれやを想像してみてください。
まあ、それも寂しいのでPVを撮ってるということでひとつ。

↓この曲です。

ちょっと録音レベルが低い気がしますが。
いいねえ三拍子。
歌詞はどこも全部好きですが、特に
   二人の吐息 赤いバラ
ってとこがいいね。
ベッドでふたり煙草を吸わせてやってください。アダルティ~

カラオケに行くたびにこの曲を探すのだが同名の演歌が出てくるばかりである。残念です。
あと、竹中直人も歌ったらしい。あの人声がとても良いので、多分いい歌になっていたんだろうなと思いますが聴いたことはない。聴いてみたい。

拍手[0回]

遠くで汽笛を聞きながら

あなたの脳内PVにお使いください。
アリスの「遠くで汽笛を聞きながら」

70年代フォークの名曲です。
とにかくあの辺りの、「始発電車」「夜汽車」「汽笛」「別れ」の雰囲気が大好きです。よしだたくろうの「いつか街で会ったなら」「あゝ青春」古井戸の「ステーションホテル」なども名曲です。駅から汽車に乗ったら、もう二度と帰らない、それまで住んでいたところを捨て去るのと同じ意味である。夢に破れ、愛に棄てられ、ひとりこの街から去ってゆくか、あるいはこの街の底で疲れ切って夢も見ずに眠るか。そういう世界ですね。
あの頃はそうそう車なんか使わない。金持ちのお坊ちゃんがパパに買ってもらったランチア・ストラトスを乗り回して時速150キロでぶっ飛ばしてる時に浮浪者を撥ねちゃって、それをヒッピーに目撃されてしまって強請られて、海辺の別荘をアジトに使われる羽目になって、連中はフーテン仲間を呼んでヒロポンパーティなんかやるわけだ。謎の呪文連発。
私はアリスの面々に思い入れは全くありませんが、この曲に関しては、作詞と作曲が別の人というのが信じられない。ふたりの人間が、とある高さのレベルで、感性とかセンスとか(同じか?)が全く一致していたんだと思う。すごいことです。そんな相手と共に音楽活動が出来たっていうのは人生の財産であろう。
誰か若い人がこの曲をカバーしていたのを聞きました。気持ちはよくわかる、歌い上げたくなる曲です。でも、オリジナルにはかなわない。それはやはり、この曲の場合は特になんですが、作った人間も作られた時代もとにかくまだ成長期で、なにも手に持っていない、その手を握りしめて歯を食いしばって、四畳半の部屋の小さな窓から見える空をただひとり見つめている、そういう背景込みでの曲であるからだと思います。生まれた時からスマホやネットがある環境では、この歌を真に理解し表現するのは難しいんではないか。
勿論、なんでもかんでも「ゆとりにはわかるまい」「苦労もしてないやつにわかるわけがない」とか老人が決めつけるのは間違っている。『生まれた時から現在に至るまで就職難』『たったひとつの椅子取りゲームの椅子を取り合う大変さ』はむしろ若い人の方が上ですし。ただ、この歌のテイストといいますか、泣きのエレキがもたらすノスタルジックさは、じじばばの方がしわしわの胸に沁み込むといいますか。何言ってるんでしょうか。
この曲は完全にPVを撮る体で想像して下さい。あなたの好きキャラは貧乏や孤独や青春が似合いますか。似合わなかったら他の人でやって下さい。
動画をはろうと思ったのですが最近歌ってるバージョンばかりで。あとは歌ってみたとか。
どうやらこれが昔のっぽいので、背景が廃線になった鉄道ですが、まあ聴いてみて。

沁みるネェ~~~

拍手[1回]

Ballade pour toi

本日2回目の日記です。
脳内PVにお使いください。
ミッシェル・ポルナレフの「Ballade pour toi」

初期の歌です。一番最初のアルバムに入ってるのかな。「恋人に捧ぐバラッド」という邦題がついています。
メロディーラインの美しさにやられて、一回聴いた瞬間「この曲ブクマ」と思いました。
AパートもBパートも切なくものがなしく大変きれい。
ものがなしいのは理由があって
歌詞の内容がハッピーエンドではなく、やっと巡り会えた恋人よ、わたしのところで休んで、と言っていたら「やって来て、また去っていく、それが人生」とか言い出して、最後には「もう行ってしまうのだね」とかなって別れてしまうのであった。
まあ日本人にはフランス語わかりませんので(勝手な決めつけ)もの悲しいメロディーにフランス語のおしゃれな発音でもう充分なのですが
この貧弱な耳でも、「モナミ」と歌っているのがわかる。
モナミは男性に対する呼びかけである。
ということは。
普通は、「歌っているのが女なんだな」と思うものでしょうが、わたしゃ「そうか。なるほどな。両者とも男なんだ」と納得するわけだ。勝手すぎますか。すみません。
あなたの好きキャラにギターを持たせて歌わせて下さい。脳裏には愛しい相手、でももう相手は旅立って行ってしまう。それを見送りながらバラッドを歌うあなたの好きキャラ。セラヴィーララエッソッパ~

まだデカい眼鏡時代の前なので素朴でフォークな感じですが十二分にいい曲です。

聴いたって。

拍手[0回]

Jesus For Tonight

あなたの脳内MADの曲に使っていただきたい。
ミッシェル・ポルナレフの「Jesus For Tonight」

この前からさんざんプッシュしまくりのミッシェルであります。
デビューしたばかりの、デカい眼鏡をかけていない頃の、ピース又吉に似ている面差しの彼が作るアコースティックで素朴な中にドキリとする要素がある曲も好きですが、デカい眼鏡にボンデージだか女装だかグラムロックだかなんだか私にはよくわからないのですがとにかくすっかり出来上がってしまった後で作るハデハデしくエレキな中にやたらとクラシックなメロディラインな曲も大変好きです。日本語がめちゃくちゃですみません。
一番好きな曲は「愛の願い」なんですが、今回はこの曲で妄想していただきたく。
歌詞は
「今夜、ぼくを君の救世主にしておくれ
僕を信じてほしい
僕は君の涙を微笑みにかえてあげる
水をワインに変えるように
君が僕を信じてくれるなら
君が僕を信じてくれるなら」
みたいな感じです。
ジーザスという言葉を使ったせいなのか、神に対し不敬だと怒った団体だかおじさんだかが居たらしいですが、日本の人間にはそこら辺はピンと来ませんな。あとミッシェルは他の曲でも、その頃「淫らな禁句」とされていた言葉をわざわざ使って、怒られたらしい。日本人にはどこらへんが禁句なのか淫らなのかさっぱりわからんので「フランス語かっこいい」で終わりですが。
脱線しましたが
前奏のギター(だろうか。とにかく弦楽器)がイカス。そしてサビで繰り返され、最後にゆっくり丁寧にささやかれる「君が僕を信じてくれるなら」の部分が、なんというかこう…相手の目を間近からじっと覗き込みながら魔法をかけている感じで、ロマンチックでとても素敵でございます。
片方が傷ついてへたってるところにもう片方がやってきて、こうミュージカルっぽく歌ってくれて、徐々にその歌と相手に魅了されて最後の部分で目を閉じてキス、みたいな感じでさ~。ひとつ想像してみてください。

そして今日気が付いたことです。
これはブログなんだから動画が貼れるのね。
はははは。
はってみた。

どんなもんでしょう。

拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[2回]

Praise You

もういっちょ、あなたの脳内MADにお使いください。な曲。
FATBOY SLIMの「Praise You」

昨日のラブリーデイと共通するところがあって、ずーっと同じ音を伸ばしている曲です。そういう曲が好きなのかも知れない。他にはあるかな。
原曲は誰か他の人で、ファットボーイスリムのもカバーらしいですが私はこのバージョンしか知りません。
これまた初っ端からリズムとメロディーにぐっと掴まれる歌です。
歌詞は短くてシンプルです。

   我々は、苦しい時も乗り越えて
   ながいながい道程を共に歩んできた。
   わたしはあなたに称賛を送りたい、
   わたしがそうすべきであるように
   わたしはあなたを褒め称えたい

シンプルな分意味を深く解釈しようとするといろんな場面が当てはまる歌詞ですね。共に長い間苦労した同士であればオッケーなのですからまあ大概のペアが当てはまるんではないでしょうか。長いこと苦労したとか言ってるのに、ほぼずっと繰り返されている一つだけのメロディーがクールで飄々として颯爽としていて、咥え煙草やコーヒーのカップや酒の入ったグラスを思い浮かべるような雰囲気があって、いいなあ、と思います。是非あなたの推しペアのバックに流してみてください。そうね、ふたりとも煤けてぼろっちい恰好になってて、顔は薄黒くなって髪からは煙くらい上がってて、片方が煙草を咥えている。ふともう一人が「くれ」みたいな仕草をしてくる。で吸ってる方がふところの煙草を一本やって、火を点けてやる。ふーと煙はいて、目を見合わせてニッと笑う。そんな感じでひとつ想像して下さい。かっこいい!かっこいい!

仕事の隙間を縫って打鍵打鍵だ。電気の通った無人島に行きたいなあ。気絶するまで打鍵して気絶して起きてなんか食べてまた打鍵するのだが。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[0回]

Lovely Day

あなたの脳内MADにお使いください。
Bill Withersの「Lovely Day」

沢山の人がカバーしたらしいですが私はこの人のしか知らない。とにかくこの前奏のリズムを刻むところで「ううむ、いい」と思う。毎回思う。
メロディと歌詞が完全一致な感じの歌です。朝起きて気が重い、朝日が目に痛い。あー一日の始まりだ、でもそんな時君を見ればもうばっちり最高なんだ、なんて良い日だ、良い日だ、良い日だ、良い日だ!て歌です。
前奏のリズム取りもですがサビの部分の「ラブリーディーーーーーーー」て伸ばしてるバックでずーっと「ラブリーデイ、ラブリーデイ、」と言い続けるのも特徴的な歌です。とても妄想MAD向きの曲だと思います。きれいで明るい旋律、一度聴いたら忘れないリズムとサビ。単純で素直で想像の余地がいっぱいある歌詞。いろんなPVが出来ると思う。歌詞そのまんまで、片方がベッドで目を覚ましてぼぇーっとして起き上がって、「あー起きたくない」と思っている。そこにもう片方が、まあ朝食を持って入ってきたり、部屋のカーテンを開けたりして、「今日もいい天気だ」とか言いながら目が合ってニッコリかニヤリかフフンかフッか知りませんが笑ってみせる。その顔に、ぼぇーっとしてた方が「ああもう全く」て感じで笑い出して、まあチューのひとつもして起きて一緒に外へ出て行くと。至極単純にそのような映像でもいいと思いますがどうでしょう。いいですね幸せそうで。

打鍵しています。アップには至りませんがいずれそのうち。
拍手して下さった方、ありがとうございます。

拍手[1回]

Love Changes (Everything)

あなたの脳内MAD製作のお供にお使いください。
Climie Fisherの「Love Changes (Everything)」

クライミー・フィッシャーは80年代にちょこっとだけ活躍した2人組です。正直、知っている曲はこのラヴ・チェンジズ一曲しかない。ですがこの曲はなぜか大変気に入っていました。
曲調が明るくてポップで、サビもすごくいいんですが、あとBメロというやつでしょうか、あの辺が個人的に好きです。だんだん盛り上がってゆく感じがそそられる。歌詞は「昔まだ17歳の頃に恋を教えてくれた年上のあのひと」みたいな感じで始まって、恋は全てを変える、あなたを羽ばたかせ、また翼を折る、恋は全てを変えてしまう、王様を道化にしてしまう、のような内容です。そんなにふかーい内容というわけではない。でもなんかどことなく寂しさがあって、爽やか。そう、寂しさを内に湛えたゆえの爽やかさがある。それはメロディラインの力でもあるのでしょうが、やがて自分は成長してその町を離れ彼女とは別れて二度と会わないけど、でも自分は彼女を忘れないみたいな部分があったのでそのためかも知れない。
まあそんなに歌詞に忠実なフィルムではなく、あくまでメロディーにのって恋の翼を背に生やし一心に飛ぶふたりとか、手に手を取って疾走する感じとか、30分番組のオープニングを作る感じで想像してみてください。助言。そうだな、それこそa-haのテイクオンミーみたいに、片方が繋がれてるところにもう片方が通りかかって目が合って恋に墜ちて、夢中で鎖を外して二人で逃げるとか、ストーリーをつくって想像すると良いと思います。助言助言。今これ言いながら想像してすごいひとりで盛り上がった。最後二人であれだよ、鉄道の線路の上を一心に走って逃げながら嬉しくて笑ってしまっていて、「Love changes, changes everything」のとこが流れるわけよ。夜明け前でさ。行く手遥かから朝日が射してきたとこでエンド。うおー盛り上がる~


今日は打鍵しました。満足です。
そのうちあっちやこっちにアップします。

拍手[0回]

葡萄樹の娘

あなたの脳内MADのお供にお使いください。
久保田早紀の「葡萄樹の娘」

洋楽からいきなり日本へ戻ってまいりました。
久保田早紀と聞けばあの、砂漠でエキゾチックでバザールでござーるな雰囲気を誰もが思い浮かべると思います。この曲は…多分南欧あたりではないでしょうか。「ブロンドの髪」という表現があるし、葡萄の名産地みたいですし。友達が出来た、それ葡萄の名産地。仲良しこよし、それ葡萄の名産地
とりあえず歌の場所はどこでもよいのですが、歌自体が、ミュージカルというか、宝塚というかなんというか
この歌には2人の女が出てきて、ひとりは歌い手。この女の一人称で歌われる歌です。そしてもう一人がタイトルの「葡萄樹の娘」です。こいつが曲者で、あどけない眼差し、恋など知らぬそぶりで、近づいていく若者をぱっくり食ってしまうカマトト妖怪なのである。百発百中。歌い手の女の婚約者も、この娘にもてあそばれて、恋人も故郷も捨てて出て行ってしまった。本当なら、葡萄の実る秋頃には歌い手と結婚する筈だったのに。
今もあの娘は笑い声を上げながら次の獲物を待ってる、という歌です。
まあその、世界のどこにでもこういうもののけは居るよな。あなたも知ってるでしょう。ここまでいっちゃってなくても、男と女で声のトーンや顔つきが変わる人。ほら居るでしょう(笑)
しかし。
この歌の舞台は葡萄の収穫くらいしか目玉のない小さな村みたいです。なぜ、この妖怪はこの小さな村に居続けるのであろうか。お前なら大金持ちをたらしこむことも、ひょっとしたら石油王の妻になることも可能かも知れない。なぜもっと大きな獲物を狙って外の世界へ出ていかないのだろうか。それが不思議です。何か理由があるのだと思いますが。そこら辺がカギだな。何の。
そして主人公は自分の婚約者をこの妖怪に奪われ、揚句ポイされ、はた目にも気の毒な状態でこの村に居続けているわけだ。それもすごい。主人公は多分、「絶対に私からは立ち去らない。下りない。あの女の挙動をこの先もずっと見届けてやる」という決意でこの村に居るのであろう。そう思いますね。そんな彼女を妖女は「はん。負け犬が」と鼻で笑って今日も葡萄樹の木陰でドンジャラホイとやらかしているのであろう。いつか墓穴を掘るといいのだが。妖怪女のその、この村に居続ける理由であるカギを、主人公が握るような事態になればいいのだが。頑張れ主人公。負けるな主人公。
それはともかく
この曲を使って脳内MADを作る場合は完全に色物映像を作るつもりでお願いします。主人公がエリナで葡萄樹の娘がディオ、いてこまされた婚約者がジョナサン。ディオのどや顔が見どころですがこの辺はむしろスタンダードですね。どの3人をどう当てはめるかでかなり面白いことになると思います。
久保田早紀の曲で私が一番好きなのは「25時」という曲です。歌の世界の広大さ、深遠さも好きですし、最後の部分の「いつの日か、またあなたが通り過ぎるかしら」の伴奏のコード進行が大好き。この曲は失った恋人を追い求め流離う歌なので、PVとしてなら妄想に使えるかも知れません。助言?

あ~打鍵したい~篤い友情とか曲がった友情とかはみ出した友情とかにまみれた話が打ちたい~ッ
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

  

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]
[01/23 ライカ@管理人]
[01/21 ライカ@管理人]
[01/21 星夜]

最新記事

(04/29)
(04/28)
(04/27)
(04/25)
(04/24)
(04/23)
(04/22)

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]