忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

カテゴリー「雑談」の記事一覧

ヒデキ

お客さん宅にお邪魔して、テレビをつけるとヒデキがベストテンに出てすばらしいYMCA、すばらしいYMCAと踊っている。チャンネルを変えるとヒデキが夜のヒットスタジオでギャランドゥを歌っている。チャンネルを更に変えるとヒデキが運動会で走り高跳びしている。
中学生はヒデキを知らないのかな。知ってるかな?昔、まだお茶の間というものがあり、テレビが一番の娯楽であり、万人が知っているスターや好き嫌い関係ないアイドルというものが居た頃の、最も典型であったタレントではないでしょうか。
ヒデキの歌はドラマがあった。世界があった。それこそ、歌詞の通りに脳内でフィルムが作れる。本当にMADにしやすく、劇的で、脳内映えするフィルムが出来る。そういう意味でブーツを脱いで朝食を、は大好きです。誰と誰でやるのか。そこのチョイスからセンスを問われるね。あとブルースカイブルーね。ヒデキの歌は年上の美しい人に焦がれる年下ボーイの曲が多いが、あの人を連れ去る大人を誰にさせるのか。フヒヒ
変な脳内妄想はともかく、
ヒデキは歌が上手かった。昔の歌手は皆上手かったけどね。あのウンコ声で一度STAND PROUDを歌ってみてほしかった。ぴったりよ。
ヒデキは死んじゃったけど、ヒデキの歌は永遠です。今度カラオケ行って、追悼ヒデキ祭りをやろう。多分、大部分歌えると思う。

拍手[1回]

PR

アンネさん

アンネ・フランク嬢の日記は世界的に有名ですが、このたびエッチなことを描いていたページが見つかったとかいうニュースを観ました。
あのさ。日記だよ?普通、自分以外誰にも読ませないものだよ?何を書こうと勝手だし、そしてね、たとえ「あの有名な」アンネ嬢の日記についての新発見だとしてもだ。必ず公開しなきゃならないものか?いや、そもそも。あの時代ユダヤ人だというだけで捕まえられるのを避けるため隠れ住み、迫害のさなか懸命に毎日を生きていた少女の心情が窺い知れる貴重な資料ではあろうが。
アンネさんが「もし平和な時代になって私の日記を出版したいという人がいたら喜んで提供します」って書いていたんならともかく。貴重な資料だから!って、人の日記をおいそれと皆で読むってのはどうなんだ。確か父親がオッケーを出したとか聞いたが、そりゃ勝手な判断というものだ。貴重な資料が非公開のままだろうと、一少女のプライバシーを守る方が大事だと思うわ。考えてみてよ。中学の頃好き勝手書いていた日記とか小説とかマンガとか、エッチなページとか、全世界の人間に読まれるなんて。むごすぎるよ。恥ずかしくて憤死するよ。歴史的に貴重だなんて知るかだよ。せめてエッチなページのことは発見者以外知らなくていいだろう。少しは気を使え。
アンネさんも結構オリジナルの小説とか書いていたみたいだから、今の世の中なら某所にアップしたり、つぶやいたりしたことだろうな。ハンドルネームはキティね。コメント書き込んであげるよ。でもドイツ語わからん。英語で良かったら中学英語みたいなので「I like your novel」とか書いてアンネさんが「Thanx♡」とか返事くれてその日の日記に「私の作品が好きって書いてくれたわ!嬉しくて今夜は眠れないわ。すごく嬉しい」とか書くのよ。そんな時代に生まれていればよかったな、アンネさんも。

拍手[2回]

眠りと夢

考えてみると眠るって不思議な状態ですね。意識がなくなって呼吸や心拍はある。いかにも、「外部からの情報を受け取るスイッチを切って、内部の修復や整理や充電をする」感じがある。そうして考えるとロボットも眠るだろうなと思う。そして冷蔵庫にはひどい負担をかけている感がある。すまない、冷蔵庫。ありがとう、冷蔵庫
一切眠れなくなる遺伝性の難病があるらしい。発病すると確実に死ぬんだって。治療法のところに「ない」とあっさり書いてあるのがすごく怖かった。
命にかかわるほどでないにしても、眠れないというのはつらいね。私は神経の細さにおいては絹糸のようですから、ちょっとプレッシャーがかかったりするとたちまち眠れなくなります。いや、寝つきはいいんだよ。とんでもない時刻に目を覚ますのです。夜中の2時半とか。そしてそれ以後眠れなくなる。数えてみると3時間くらいしか寝てなかったりする。でも前にも言ったけど眠りは最初の何十分かさえしっかり取れればいいらしいと知って気が楽になりました。寝つきがよくて短期集中で寝ているので別に良いのだ。そうなのだ。絶対そうに決まってる。ふがふが
ツイッターに「休日の睡眠不足解消法は、いつもと同じ時刻に起きて昼寝すること、15:00以降は寝ないこと」というのが回ってきていて、なんとなく納得できる雰囲気がありました。でもせっかくの休日に寝てしまうのはもったいないんだよね。昼寝などしているとあっという間に一日終わってしまう。休日はシャボンの泡のよう。休日はピンクの綿菓子のよう。休日は夕立後の虹のよう。もうやめますが
ギリシャ神話では眠りの神は夜の神の子供なのですって。夜は、眠りの他に、死の神や夢の神を生んだそうだ。眠りの親が夜で兄弟が死や夢というのはわかる気がしますね。古代ギリシャ人の感覚納得。
死は恐ろしく出来れば避けたいですし、なるべく来てほしくはないですが、でも平安でもあるというのもわかる。歌の文句のようですが満足して死ねるのならそれでいい気もします。

しかし、夢というのは一体なんですかね。面白いなあと思う。そしてまた思うのですが、スイッチの切れた状態の脳が生み出す架空の映像と、それから、自分が「こうなれたらいいなあ」「これが欲しいなあ」と将来に向けて抱く願いや希望、そのどちらも同じ「夢」という言葉で表すっていうのは一体どうしてなんだろうか。事情があるんだろうか。理由があるんだろうか。「夢の中で死ねるなんてロマンチックだと思わないかい?」「このコロネには夢がある!」
外国語でもそうだろうか。英語もやっぱり、寝ていて見るアレと、将来への希望とどっちも同じようにドリームって言うんだっけ。中には、アレとコレが違う言葉の国もあるんではないか。その方が私は納得できますけど。だって全然違うものだもの。案外、『将来の希望なんて、夜に頭に浮かぶ奇妙な幻と似たようなものだ』というシニカルな考え方から付いた呼び名なのだろうか。だとしたら大きなお世話だわ。あんたがそうだからって皆そうだと思わないでちょうだい。

拍手[3回]

来訪鳥

ベランダ側はスズメの王国。チュン太、チュン吉、チュン美がやってきます。
で、玄関側の方面に現れる、先日言った謎の鳥。
廊下に面したトイレの窓を開けただけでどこからともなくやってくる。やってくるが、目の前までは来ない。ちょっと離れた電柱の上とかにいてこちらをうかがっている。完全にこちらを意識してはいるけれども、スズメどものように餌をねだったりはしない。そしてとても美しい声で鳴く。そしてまたとても美しい色をしている。
お客さんに以上の内容を言ったら、ルリビタキとか、ルリカケスか、イソヒヨドリではないかと言われました。ウィキ先生を見てみたらなるほど。そうですね。これらのどれかではなかろうか。
しかし巣を作っている部屋に人が入居してしまった。なんで今まで入ってなかったのに。鳥が来たとたんに。
なんだったら別の空き部屋に作り直してくれてもいいよ!ほんとだよ!
スタンド使いの鳥じゃないのかなあ。もしそうだったとしても私には見えないからな。でもスタンド使いのペットが家にいたら楽しいだろうな。

拍手[2回]

ポポロクロイスのアプリ

わあポポロクロイスだ!懐かしい!
プレステで1と2をやりました。ポポローグとかいうのはやってない。
なんと言っても音楽が良く、そして戦闘が案外難しい。
あとキャラが立ってた。わたしゃ白騎士が好きだったね!2の声が江原さん。呉先生。ゲームのアヴさん。今回も白騎士の声は江原さんらしい!これで私のやる気がぐんと出ました。
ということでダウンロードしてみましたが容量デカイデカイ。そして落ちる落ちる。せっかく戦闘のチュートリアルまでやったのに落ちて、最初からやり直しになった。最初のほのぼの会話はスキップできなくて、ほのぼのを何度も読まされるこっちはあまりほのぼのしていない。
まあでも、白騎士が出るまでがんばってみます。
でもいかにも空想の世界、空想の冒険の雰囲気いいよね。あの人やあの人が迷い込んで、あなたは一体?て、ピエトロたちに手を貸す、なんて話を考えちゃうね。
「よし、協力してやつを倒すぞ、ピエトロ王子!」「わかりました!」駆けつけるナルシアちゃん「これはこれは美しい魔法使いだ、手を貸していただけるか?」「はい、あの、…ピエトロ王子、この方々は?」「安心してナルシア。僕らの味方だ」みたいな〜みたいな〜

拍手[0回]

フラグとかスイッチとか

大昔、プログラムを組む仕事をしていたことがありました
入力された値をエラーではじいたり
①の設問で4番を選んだら②の設問は飛ばして③に行かせたり
入れられたデータを格納して後で取り出したり
今のコンピュータや端末から見たら、ブレステ4とファミコンほどの違いがあるでしょうが
楽しかった。
よく、「フラグ立ってる」とかの表現がありますが
私も映画やアニメを観ていて、誰かが「この戦いが終わったらプロポーズするんだ」的な事を言うと、頭の中でそのキャラの名前のついたフラグに1を代入しています
敵の不意打ちだ!逃げる途中転んだ!フラグは1ですか0ですか?1です。分岐。バッドエンド。のような流れ。
「生きて出てこれたら豪勢な食事…」「今おごってやる!食え!」「モガモガ」「よし、0のままだ」

ゴールデンウィーク終わったけとあっしにはかかわりのないことでござんす

拍手[1回]

傘がない

いのうえようすいの歌ではありません。
本日、朝は雨が降っており、会社の駐車場から会社まで結構あるので、私は車に積んである傘を出して、さしました。
会社に着いて、会社の車に乗り換えました。その時は傘を持って乗った。それははっきりしている。
何件ものお客さんのところをまわり、会社に戻って遅い昼飯を食べ、夕方になりさあラストだと思って立ち上がり、ふと気づいた。
傘がない。
会社の車にない。会社の傘立てにもない。
するとお客さんのどこか?
しかし途中から晴れて、傘の出番をいくら思い出そうとしても思い出せない。
どこからなくなったのか。思い出せない。
こういう時、自分の老化を嘆く…のではなく、もの探しのスタンドが欲しいと切に願う。
どこで置いてきたんだろう〜☂
今頃あの子泣いてるわ!どこに行ったかわからないの!探してくれ、トトロ。あるいはボノロンでもいい。
ヒントでいいからちょうだい。

拍手[0回]

いつぞや言った食べ物の絵本

というのは
お客さんの家で子供に見せられた絵本が、妙に昭和チックな古くさいイラストと、何故かバッチリ会社名が乗っかっている写真(牛乳パックに雪印と書いてある。でも、若い人は雪印って知らないかもね)と、「えくれあ」とか「はっぽうさい」とかの食べ物と並んで突然「まぐろ」がどーんと載ってるような、そりゃ食べ物と言えば食べ物だろうけど、と言いたくなるような、そんな奇妙な世界でした。という話を少し前にここでしたのです。
その絵本をまた今日も読んでいたら
る、で始まる食べ物の欄が「ろーるぱん」で、るの字が赤くなっている。
を、で始まるところに「ごはんを たべる げんきなこ」でごまかしとるのですがあれと同じですね。そうか、るで始まる食べ物ってないか…
しばらく考えたけど思いつかないね。ルパン三世。ルビー。ルーマニア。ルンバ。ルーズソックス。食べられないものばかりね。何かあるかね、るで始まって無理のない食べ物。
る。る…る…るいぼすてぃー
ちなみに、りの欄は「りんご」「りんごじゃむ」「りんごあめ」りんごに頼り過ぎだろ。
あと、やの欄が「やきにく」「やきそば」「やきいも」「やきめし」焼いてるものばかり。
一番載っている食べ物の数が多いのがひでした。ひややっこ。ぴーまん。ぴざとーすと。ひじき。ぴーなっつ。びわ。ひしもち。びーふしちゅー。びすけっと。

あっというまに4月が終わる。
がんばれ!ぼくらの!月末業務!

拍手[2回]

目の中の宇宙

子供の頃、まぶたの上からぐっと眼球を押していると徐々にさまざまなものが見えてくるのを楽しんだ覚えがございます。
結構この、世界最小のプラネタリウムを楽しんだ私ですが、特に視力が落ちたりどうのといったことはありませんでした。でもこれは結構いけない遊びのようだからやめた方がいいよ。何もなくて運が良かったのでしょうから。むしろ今現在スマホになったらてきめん視力が落ちました。目にすまないと謝りたい気持ちです。ごめんね。
でも、目は閉じているのに『見える』ということは、まぶたの裏側を見ているのだろうか。それとも、眼球を押されることで電気信号が眼球から視神経を通って脳に到達し、そこでいろいろな影像を『見えている』ものとして捉えたということだろうか。どちらだろう。あるいはそのどちらでもないのか。
でも、『見える』というのは、そういう画像や映像を脳が『在る』と判断すればそう見えるってことですから、現実にあるかないかはあまり関係ないのである。よく「部屋の隅に誰か立ってる」と本気で言っている人がいて、居ませんよといくら言ってもその人には見えている。脳が「誰か立ってるのが見える」と判断しているのである。その人にとっては現実に居るのと同じことなんですよね。
目の見えない人は訓練で「赤」や「青」や「緑」がどんな色かわかるようになっています、というのも聞いたけど、果たしてそれは可能なのだろうか。夕焼けのような、海のような、森のような。それら全てが見えないのに、その「色」を思い描くことが出来るのだろうか。わかりません。そして、目が見えない人の、どういう事情で見えないかにもよるでしょうが、もう少し科学が進んだら現実に広がっている映像を、その人の脳にダイレクトに投影してやって、おお見える見える、ということも出来るようになるのではないか。がんばれ科学。

拍手[1回]

隣の空室に

なんと、鳥が巣を作っている!
台所の排気口の中に、枝や葉っぱを持ち込んで巣を作っていりゅ〜!
時々きれいな鳴き声がするなあ、すずめじゃないね、なんて言ってたら。なんて鳥かしら。人間の生活圏内で子育てすると安全だと思ってくれてるんだね。安心、安全だよ!カラスや鳶から守ってあげるよ!任せなさい。
そのまま作るといいな、巣。そこでしてくれるといいな、子育て。
隣の排気口からヒナの鳴き声なんて聞こえてきたら喜んじゃうよ。どうかそうなりますように。なむなむ。

拍手[1回]

  

カレンダー

04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2
6 9 11 12
16
21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新コメント

[03/30 ライカ@管理人]
[03/30 たみや]
[01/06 ライカ@管理人]
[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]

最新記事

(05/20)
(05/19)
(05/18)
(05/17)
(05/15)
(05/14)
(05/13)

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]