忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

うしとらとか木場さんとか

うしおととらも観たら毎回感想を書いていくかと思ったのですが、ちょっと、わかりません。なんだか、毎回、「とてもよく動いてくれて嬉しいのだが、あのシーンをなぜあんなふうにしたのだろう&カットしちゃったのだろう」を繰り返す気がするんですね。
今回もまさしくそれで、ヒョウさんの動きや目の表情、とらとの戦い、次第に弱っていくとらがセクシー、等々思いつつ、「とらの居場所を知るために槍を使ったが、相手は人間だから戦うのには使えないと言って投げ捨てる」という一連を、どうして削っちゃったのかしらと思わざるを得ない。別にさ、「槍を使って、とらの妖気を感知してやってきた」という辺りの槍の説明と、それから「うしおは、絶大な力を秘めている槍の威力に任せて我を通そうとする男ではない、懸命に相手を説得しようという時には命を懸けて素手で挑むやつだ」の説明があったっていいじゃないか?
うしとらのアニメ十分に面白いしわくわくもするんですが、なんか毎回小さなつまづきがあって、駆け出そうとすると足をとられて小さくイラッとする。小さいんですよ。小さいんですけど、いや、ぶつくさ言うまい。十分に面白いしわくわくもするんだから。

そして、おめんらいだー555で木場さんを演じておられた方が亡くなってしまわれたそうです。なんてことだ。まだ35才だって。どれほど無念だったろうか。気の毒で仕方がない。なにもかもがまだこれからだったろうに。
第一話から最終話まで出演して、主人公と戦い、また心を通わせる中、木場さんは巧くんの孤独やつらさを理解してくれる、ある意味たった一人の存在であったと思う。木場さんがああいう形で先に逝っているということが、巧くんにとって悲しみでありまた力づけられることでもあったろう。
555の思い出話と共に、心よりご冥福をお祈り申し上げます。

打鍵しています。しかし暑い。
パソコンにつけたミニ扇風機は2台ともパソコンのために回っております。ご機嫌うるわしゅう。
花京院て「ハンサムでイケメソで美貌で華麗で」的なキャラになっていますが、
でも、なのか、だからこそ、なのか、必死で肉体酷使してむちゃくちゃ頑張る!みたいな目に遭わされる彼が観たいと思うのです。思いませんか。
拍手して下さった方、ありがとうございます!

拍手[1回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 8 9 10 11
12 14 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]