忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

ハーレムとかサバイバルとか

神のみぞ知るセカイ。表記はこれで合っているのかな?
大分前にアニメになっていたような気がしますが内容は全く知らない。どこぞの「数巻、ただで読ませてあげる」の一覧に入っていたので読んでみました。
よくある、ある日突然人外のカワイコちゃんが押しかけてきて何かを成し遂げるまでは一緒に居るしかない!っていうタイプの話なのですが、思いのほか面白かった。
主人公がそのカワイコちゃんに惚れていない点。惚れてはいないが彼女の良いところをちゃんと見ている点。
主人公が全く女好きでない点。最終目的が女の子と恋をしてキスをすることなのに、どうやったらそこまで到達できるかの攻略法ばかり考えていて、その目標自体に全くもえていない点。
主人公がハンサムでかっこいいのにもかかわらず周囲からキモオタのレッテルを貼られてる点。
読んだ巻までですが、このようなあたりが、今までのこの手の作品とは違うのではないでしょうか。いちいちはさまるギャルゲーあるあるが可笑しくて笑ったし、喩えやその絵がネウロみたいなとっぱずれ方で面白かった。
主人公が自分に対して、現実での恋愛沙汰には全くのゼロ経験だが、自分のギャルゲー攻略の腕に絶対の自信を持っているあたりがいいなと思った。主人公が「どうして自分ってこんなにダメなんだろう、なにをやってもうまくいかない。どうせ自分なんか」なことを言い出すと、マンガを閉じたくなったり画面を消したくなるのです。たとえそれが「ギャルゲーでターゲットの女の子をおとす」という、取り柄に数えていいのか?なことであろうと、自分はその点に関しては誰にも負けないと思っているし、実際そうであるあたり。いいですね。
よく、主人公がある日突然わけもわからずサバイバルの中に投げ込まれるマンガあるじゃないですか。巨大な何かに追い回されて食われるとか、気味の悪いキャラに強制されてゲームやらされて負けるとそこで終わりとか、どこなのかわからない場所に知らない男女と共に押し込められて謎を解けないと殺されるとか、クラス全員のスマホになんか指令が来て逆らうと云々とか、卒業して何年も経った同級会が惨劇の舞台にとか。
この手の話の主人公はたいてい平凡でなんのとりえもないどこにでもいる学生です。それは読者が主人公に自己を投影しやすいからなんでしょうか。そんなのいいからたまには何かにものすごく秀でたやつを主人公にすればいいのに。その、「自分には何のとりえもない」「こんな自分が嫌い」なヤツがいろいろあって、だんだん強くなっていって、自分が好きになる流れがイヤなのです(笑)最初から「これに関しては自分誰にも負けない」やつ、その自信でもって道を切り拓いていくキャラであってくれ。それこそギャルゲー攻略の腕でもいいから。まあ、巨大な何かに襲われて食われてる時にギャルゲー攻略の腕をどうやって活かすのかはちょっとわかりませんが。
そしてメンバーは必ず、不良っぽくて言動が荒っぽいけど行動力のあるガタイのいい男、良い奴の場合と酷い奴の場合がある。他には助平なオタクのデブ、気が弱い頭でっかちのメガネ、色気むんむんで体で生き残りをかける女、ガタイやデブに狙われる清楚な美人。この辺は結構、昔から現在に至るまであまり変わらないんですね。役割分担やストーリーの展開上なんでしょうが、そんなに平凡がいいなら全員平凡で十人並みばかり7人とかにしてみたらいいのではないか。区別つかないし解決策も見つからないぞ。話がすぐ終わりそうだな。
この手の漫画はやはり、わけもわからず必死で生き残ろうとしている間はそれなりに手に汗握って追いかけるんですが、このむちゃくちゃな設定の背景や原因を説明し、謎が解けると、急に萎えるということがあります。正直、大概萎える気がする。マッドな大金持ちの壮大な実験。秘密裏に運営されていた実験棟から逃げ出した暴走種。宇宙や異次元からやってきた迷惑な人達の計画。いじめで死んじゃったクラスメイトの呪い。その恨みを引き継いだ誰か。他にあるでしょうか。
萎えないで最後まで読める!というものがあったら読んでみたい。

でもでも好きなカップルが謎の部屋に閉じ込められてふたりで協力してそこから脱出する状況は大好物です。別にあれですよ、「セッ〇〇しないと出られない部屋」でなくていいんですよ。単に出口のない部屋でよろしい。簡単な家具やベッドくらい置いてあって。「おい、これを見ろ、引き出しにメモが」「何かの数字が書いてあるな」「なんだろうな」とか、「か、壁が迫ってくる!」ゴゴゴゴ「まて…わかった、これは年号の覚え方だ、ナクヨウグイス」「平安京!」ゴゴ…「壁が止まった」「こっちに通路が出来たぞ」とかいうやつでいいです。この例はあまりにもトホホですが、こういうやつね。
前に「TORE」とか「DERO」とかの密室脱出番組がありましたけど、あれ好きだった。毎回、自分の好きキャラがぶちこまれた設定で想像して観ていました。別々の通路で気持ちをひとつにして答えを導くとかさ、胸アツじゃん(笑)
今知ったんですが、DEROのリニューアル版をエジプトでも作ったそうだ。ぜひともDIOの館を改造してこういう対決にして欲しいね。「なんだこの部屋は」足を踏み込むと包帯が巻き付いて来てDIOの声が「ふはははようこそミイラの間へ。答えられないとミイラになって棺行きだ。第一問、ヤマノテセンの駅名を全部言え」「ジョースターさん!」「教えたら失格だぞ」

拍手[2回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

09 2018/10 11
S M T W T F S
2 6
16 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

[08/25 ライカ@管理人]
[07/05 ライカ@管理人]
[06/22 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[03/30 ライカ@管理人]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]