忍者ブログ

GRJ日記

やや古い漫画やや古いアニメやや(略)ゲーム特撮などの話をしています。

私は12

なんとなく数字の話続きで。

親和数。友愛数とも言うそうです。
2つの数で、それぞれ、自分自身以外の約数を全部足した数が、お互いである数同士のことだって。有名なのは、というか一番小さい組は、284と220ですって。
昔の人は、『相手といつまでも友達で居たい』と思った時におまもりを2つ作って、片方に284と書き、もう片方に220と書いて、一つずつ持ったのだそうだ。
イイ話だな、と思いましたが、自分以外の約数を全部足した数同士…ってちょっと回りくどいというか遠いというか、関係としてそんなに「親和」とか「友愛」を表すほど近しいだろうか、とも思う。「誕生日が同じ日(月は違う)の親戚」くらいの距離感な気がする
そしてっ!今のところ、偶数同士の親和数、奇数同士の親和数しか見つかってないそうです。出たよ。人間がまだ知らない奇数と偶数の親和数が、きっとあるのだ。誰にも気付かれないひっそりと深い数字の森の奥、寄り添う奇数と偶数の親和数が居るのだ。ああ、ロマンス。多分ものすごくデカい桁数の数字同士だろうけど。

完全数というのもあります。自分の約数を全部足した数が自分自身になる数のことですって。たとえば6。6の約数は1と2と3だから、全部足すと6になるという具合
でも、またもや難癖をつけますが、約数全部足したら自分になるって、「完全」とか言うほどのものであろうか。昔の人は約数になにかこう、神秘的な、運命的な、特別の意味をもって考えていたのでしょうかね。キャラ立てとしてはちょっと弱い気がするんだけど。
そして最強の約数と言えば1である。すべての数の約数になれるのだ。それってすごいよね。どんな数だって割れる。かっこいいよね。でも、ナントカ数とか、約数がどうしたとか、そういったすべての事と無関係。別格。達観。諦観。孤独。ムーミンで言うスナフキン。
とある素数に憎まれて傷ついている2の傍に黙って座っていてくれる1。そしていつしか、2は1に対し、口には出来ない気持ちを持つようになっていった。「そうか、俺、1のことが…」
擬人化もここに極まれり。ぴくしぶやコミケのジャンルに「数字」というのが出来る日も遠くない。遠いよ。
「私は21です」「私は12~」あなたは?と訊かれても迷惑でしょうが

拍手して下さった方、ありがとうございます!
次はなに打とうかな。

拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
  

カレンダー

10 2017/11 12
S M T W T F S
1 3 4
6 7 8 9 10 11
12 14 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

最新コメント

[08/08 ライカ@管理人]
[06/04 ライカ@管理人]
[06/04 たみや]
[03/02 ライカ@管理人]
[03/02 S]

プロフィール

HN:
ライカ
性別:
女性
趣味:
打鍵
自己紹介:
転職してえらい苦労しましたがなんとか打鍵できるようになって一安心です。
ちょっと前の漫画やアニメや特撮大好き。

ブログ内検索

P R

Copyright ©  -- GRJ日記 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Material by petit sozai emi / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]